ワサビの花が咲く頃、水の中にメダカはいるのだろうか?

メダカ大好き里山です。

先日、職場の方からワサビを頂きました。私が「湿地に生える植物が欲しい。」と言っていたのを覚えていて、用事のついでに取って来てくれたそうです。有り難や~。

で、何で湿地に生える植物が欲しかったかと言えば、おわかりですよね?

メダカ水槽に使用するためです。果たしてメダカとワサビは共存可能なのでしょうか。

ワサビはどんな植物か

お刺身や肉料理、蕎麦などを食べる時にお世話になるワサビですが、調べてみたらと意外と面白かったです。何でも、自家中毒で大きくなれないのだとか。

ワサビ(山葵):アブラナ科ワサビ属の植物

原産国:日本

セイヨウワサビ(ホースラディッシュ、ウマダイコン)とは違う、日本原産のワサビ。水ワサビと畑ワサビがある。どちらも同じ物であるが、育つ環境が異なる。

水ワサビは水流のある場所で栽培され、根茎(茎と根の中間にある、芋のような部分)を摩り下ろして食する。対して畑ワサビは土に植えられ、葉や茎を食べる。

ワサビの根からはアリルイソチオシアネートという成分が放出される。この物質は周囲の土壌を殺菌する効果があるので、根に菌を住まわす一般の植物は生えることが出来ない。だが、ワサビ自身もその影響を受け、大きく育つことが出来ない。(自家中毒

水ワサビの根茎が畑ワサビより大きく育つのは、水流でアリルイソチオシアネートが洗い流されるためである。

個人的に「アブラナ科」というのが一番ビックリしました。

アブラナ科の植物は、私たちの生活にとても馴染み深いです。菜の花を始め、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、カリフラワーなどは全てアブラナ科の野菜です。

広義ではワサビも仲間なんですね。信じられません。

実は清流以外でも栽培可能

自生のものは沢に多いそうですが、普通に畑(土)で育ちます

ワサビをくれた方も、「畑に植えても育つから大丈夫。うちでもやってみたけど2~3年持つよ。」と言っていました。

ワサビに清流のイメージがついて回るのは、水ワサビ(根茎を食べる)の印象が強いからでしょう。根茎を太らせるため、綺麗な水流が必要なんですね。

家庭菜園で水ワサビを育てる

可能なようです。

調べたところ腐葉土や粘土質の土を嫌うので、川砂を使用するとのこと。日当たりの悪い半日陰のような場所を好み、高温には弱いので、鉢を置く場所には注意が必要です。

水は(気温などで)傷まない内に取替え、常に綺麗にしておけば良いとのことでした。

ワサビと水中生物

ワサビの根からはアリルイソチオシアネートという殺菌成分が放出されています。そんな状況では、ワサビの近くにいる生物にも悪影響が?と、ふっと疑問に。

調べていたところ、あるワサビ農家さんのブログを見つけました。そこにはワサビ田で生きるドジョウを始め、水辺の生物たちの姿が。

――これも流水域だから成せることなのだろうか?

疑問が完全に解消されることはありませんでしたが、ワサビの根元で暮らしている奴がいるということはわかりました。しかも沢山いる様子。ちょっと安心です。

実際にメダカを放つかどうかは後で考えることにし、先に水槽を作ることにしました。

ワサビは花を咲かすのか

昨日の記事で下地をお見せした水槽の「その後」です。

メダカ大好き里山です。 レイアウト素材に使えるかな?と、会社の駐車場で朽ちた木の枝を拾って来ました。そのままでは汚いの...

一緒に植えられているのはセリ。定植後、水を注いだ時に泥が舞ったので水は非常に汚いです。これが一晩経つと……

底が見えるくらいには落ち着きました。

園芸土を初めて使う人は、この水を注いだ時の濁りが心配ですよね。硬質の赤玉土でも、水の注ぎ方次第で激しく濁りますから。

これは細かい土の粒子が舞うためです。

心配しなくても粒子は時間と共に沈殿するので、数日経てば綺麗になります。

今回は水面に浮いたゴミの処理と木の補正を兼ねて、水を半分以上捨抜きました。再び水を入れてみると……

どうですか?底もはっきり見えるようになりましたね!

当面はこのまま放置です。元来、セリもワサビも山に自生していますが、一所にいるのかを私は知りません。わからないのに一緒にしてしまいましたから、どうなるのか?

枯らしてしまわないよう、しばらく経過観察をします。

ちなみに土と川砂、2つの鉢にワサビを定植してみました。

これもどうなるか観察します。春に白い花が咲くそうですが、果たして成長してくれるんでしょうか?

水槽の底土に川砂を使いたい人の参考までに。赤玉土よりも底の表情に変化が出て、私は好きです。

屋外水槽とビオトープ

睡蓮鉢やトロ舟などに植物と生体を放り込んだだけのものは、決してビオトープとは言えません。何でもかんでも突っ込んだ水槽は、ただの水槽です。

なので今回私が作った水槽も、ただの「屋外水槽」でしかありません。

本当のビオトープを作ろうと思ったら、自然環境や動植物に対する知識が無ければ無理です。

自然界の生物たちはお互いがケンカしないよう、食べ物、住処、活動時間などを分け、それぞれ住み分けています。生態系の一部として、何かしらの役割を担っています。だからこそ、自然界は一定のバランスを保っていられます。

メダカビオトープを完成させようと思ったら、それ相応の勉強が必要です。

おわりに

ワサビを使った屋外水槽の経過は、随時アップしていきたいと思います。

もしワサビが枯れそうになってしまったら、その前に食べることにしています。その時はどう食べたか報告します。

メダカは流れの緩い小川や、水田近くの用水路で暮らす生物です。ワサビ田があるような清流や、山の湿地が生息域ではありません。一緒に暮らすとなれば、どちらかが相手に合わせることとなります。

導入予定は未定ですが、ワサビ水槽にメダカを泳がせれたら嬉しいな。