一週間経ちました。ワサビ水槽立ち上げ、その後

メダカ大好き里山です。

ワサビ水槽立ち上げが2月17日。それから1週間が経過しました。

水槽の水は一段と澄んで来て、見るのが楽しみなくらい。セリも茂ってきています。土と川砂に定植した株も元気です。

今回は経過報告です。

ここまで違う?同じ荒木田土入りなのに

ワサビ水槽には赤玉土、川砂、荒木田土と、3種の土が使われています。立ち上げ直後の様子は別記事に詳細を書きました。

メダカ大好き里山です。 先日、職場の方からワサビを頂きました。私が「湿地に生える植物が欲しい。」と言っていたのを覚えて...

それから1週間後がこちら。

水がキレイ!!本当にびっくりするくらい綺麗です。

藻も繁殖しないような綺麗過ぎる水は、決して魚にとって好ましいものではありませんので、その点は一先ず置いておきます。私が驚いているのは、同じ分量の荒木田土を使った2つの水槽が、ここまで違うのかということです。

写真を見比べてみると一目瞭然。レイアウト云々の前に水の透明度が違います。

水に何が影響しているのか

最初の試作水槽は荒木田土と赤玉土の2種。ワサビ水槽はそれに川砂を加えた3種です。

この2つの水槽は大きさが違います。ワサビ水槽の方が1.5倍程大きいため、入る水の量も多いです。ですが、それで濁りが薄まっているという感じではありません。

試作水槽は立ち上げ1週間経っても、今現在でも、水は白く濁って汚いまま。ドジョウ投入前からずっと変わりありません。ワサビ水槽は1日で濁りが消えました。

これが違いの理由かな?と思ったのが次の2点です。

土を捏ねて使った

試作水槽は袋から出した荒木田土をまま使いました。ワサビ水槽は一度捏ねて使用しました。

これは注水時に土が舞うのを軽減させる目的で行った処置です。

初めての時は乾燥した状態で使用しました。結果、多量の土が舞い、ひどく水が濁ってしまいました。最初から水を加えた泥状にしておけばこの状況は防げるだろうと、ワサビ水槽では捏ねてから使用しました。

荒木田土がむき出しではない

水槽の水は時間と共に蒸発するので、定期的に水を足す必要があります。

この時、水流に乗って土が舞うと厄介です。水草や流木の上に降り積もってしまいます。飼育している生物も迷惑がることでしょう。

ワサビ水槽は給水ポイントに石を設置。直接底土に水が当たらないようにしました。また、セリを定植した荒木田土にも赤玉土を被せ、他に土が流れていかないようにしてあります。

試作水槽の方も給水ポイントには流木があり、土が全体に広がっていかないような工夫はしてあります。が、土はむき出しです。赤玉土の上に荒木田土が被っています。

果たして、これが理由なのでしょうか?あと数回実験してみないと、はっきりはしませんね!

水温上昇による変化はあるのか

問題なのは夏です。水温の上昇により様々な生物が活性化します。藻の繁殖もその内のひとつで、寒い時期には見られない変化が出て来ると予想されます。

水が透明であっても、荒木田土を使用していることには変わりありません。アオコが発生した夏の田んぼのように、水面が緑に染まってしまわないか心配です。

メダカとワサビと夏

ワサビは半日陰を好む植物です。そのため、ワサビ水槽も半日陰のような場所に設置してあります。一緒に定植してあるセリも半日陰が好みなので、植物的に大きな問題はありません。

問題はメダカです。

メダカにはお日様の光が必要です。程好く日光浴させてあげないと成長しません。

様子を見てからですが、ゆくゆくはワサビ水槽にメダカを移したいと考えています。この時、ワサビとメダカは仲良くやっていけるのでしょうか。

買って来たセリは元気です

写真左、黄緑の色の子が七草粥の日に買って来たセリです。野生のものは紅葉気味で赤くなっているので、簡単に区別がつきます。

外に出してからも順調に成長しており、茎が一回り太くなりました。

カイワレ大根のような細さだった購入時、今では見違える程に立派になりました。嬉しい!

おわりに

今のところ水槽は順調と言えそうです。ワサビの葉も大きくなってきていて、毎日見るのが楽しみで仕方無い。

あまり水槽を作り込んでしまうと、後々の管理が大変です。わかっていても楽しいから作りたくなってしまいます。

今回のワサビ水槽を踏まえた上で、次回は田砂と小石を使って水槽を立ち上げたいと思っています。(すでに水槽用発泡スチロールと田砂は確保済。)