思い込みによる失敗―病気の東天紅メダカ、逝く。観察力を鍛えないとメダカ1匹救えないんだなと感じた瞬間。

今日もタマ子に夢中な里山です。

天ちゃんが逝きました。加温して2日目のことです。末期の状態は、見るも無残な姿でした。

初動の間違いから全てが悪い方に回り、そのまま進んで行ってしまったように思います。今回はこの件に関する反省会です。

初期観察からの思い込み

天ちゃんの死亡原因は、浮き袋の異常でした。最期の姿は無残なもので、浮き袋が内臓を押しやる程に膨らみ、腹の皮が半分裂けかかっていました。

↓背骨と内臓(白っぽく見える部分)の間に、透明な袋状のものが確認出来ます。正体は目一杯膨らんだ浮き袋です。

そんな姿になるもっと前から、兆候はあったはずです。問題は何でそのことに気付けなかったかという部分。

どうしてそうなってしまったのか、答えはコレです。

おはようからおやすみまで、メダカの生活をストーキングする里山です。 里山宅にやって来た高級メダカ東天紅半月の天ちゃん。...

背中の粘膜の塊や、内臓脂肪のことにばかり目を向けています。そして、このことに囚われ過ぎてしまったのです。

一方的な思い込みから、「しっかりと観察する」「見えないものを見る」という点を欠いていました。

観察とは

メダカ講座で教えてもらったことを、実践出来ていませんでした。

メダカ講座まとめ(4) メダカ大好き里山です。 元気なメダカはお腹がぷっくりとして体格が良いですよね。横...

観察とは、本質を探ることです。見えないものを見ることです。注意深く見ることです。背中のコブばかりに目を向けていたせいで、里山は見るべきものを見ていませんでした。

浮沈に異常があるなら、先ずは浮き袋のチェックをするべきだったのです。

見ていても「見えていない」

メダカの浮き袋は背骨と腸の間にあります。

幼魚の頃は観察がし易く、鱗がしっかりとして行くにつれ見え難くなりますが、見えなくはありません。横から光をあて透かして見るようにすると、透明な袋のようなものがあることがわかります。

あまりにも背中に囚われ過ぎていた里山は、何度も何度も天ちゃんを横から見ていたのに、「何も見ていない状態」でした。

失敗には法則がある

思い込みとは実に厄介なもので、失敗する最たる原因です。里山は過去にも「思い込み」で失敗しています。

今日も楽しくメダカウォッチング、里山です。 ロングフンメダカ、元気になりました。エサもよく食べますし、よく動きます。 ...

「××になっているから、これは△〇病だ!」と思い込んでしまうと、そうではないのにそうなってしまいます。一旦自分をニュートラルの状態にし、ありのままを観察することが大切と知りながら、全く出来ていませんでした。

知っているだけで、わかってはいないのでしょう。腑に落ちていない状態です。一番の反省点です。

浮き袋の病であったとして、何が出来たのか

――早期に浮き袋の異常に気付いていたらどうであったか?

考えてみましたが、結局は何も出来なかったんじゃないかなと思います。メダカについては、未だ未だわからないことが多いです。

おわりに

今回もメダカに色々と学ばせてもらいました。感謝!

天ちゃんがいなくなって、家の中が少し淋しくなりました。たかがメダカ、されどメダカ。やはり大事にしていた存在がいなくなると、心のどこかに空白が出来ますね……。

病気のメダカは突然にポッと目の前に現れます。

初動の対応に気を付けようと、改めて思いました。先ずはしっかりと観察!!です。先入観を捨てて、ありのままを見る。次回も同じ失敗をしないよう、気を引き締めたいと思います。