タマ子の白豆とダフニアさんの黒豆―いざという時の保険!休眠卵を採取しておこう。

病気メダカの回復を見守る里山です。

タマ子の休眠卵を入手しました。ダフニアと比べると簡単に手に入ること、手に入ること。1回でかなりの休眠卵を入手することが出来ました。

水質の悪化か何かのストレスか?ボトルのタマ子は定期的に休眠卵を産んでいる様子。ともあれ、保険の意味でも休眠卵の入手は有り難いことです。

今回は休眠卵入手のお話です。

タマ子の白豆

タマ子の休眠卵採取は非常に簡単です。ミジンコボトルの中身を容器に空け、落ちている卵をスポイドで吸い取るだけです。

↓容器底の白い粒が休眠卵です。沢山落ちています。

放置している間にも、卵持ちの個体がどんどん卵を放出します。

↓ピントが合っておらず見難いのですが、水面にもカプセルが浮き上がって来ています。

水底に落ちている分を吸い取ったら、水面に浮いた産み立て卵を回収。あとは例の如く乾燥殺菌した土にふりかけ、採卵は終了です。

2種類のタマ子

休眠卵を背負ったタマ子は、どちらかと言えば中くらいの大きさ。普通に子を産んでいる個体のまるまるとした体型とは、何処か異なった感があります。細部まできちんと比べたことはありませんが、パッと見た感じが少し違うのです。

ボトル内の世界は異なっている

光に透かすと背中の2つのカプセルがくっきりと見えるので、そこから休眠卵を持つ個体を判別することが出来ます。

カプセル持ちが沢山いるボトルもあれば、まるまるしたタマ子が一杯のボトルもあります。

同じように飼育水を作りエサを与えているのですが、ボトル内の環境はそれぞれのようです。

ダフニアさんの黒豆

対して、ダフニアの休眠卵採取はちょっと手間です。

先ず、タマ子のように休眠卵持ち個体が多くありません。注意深く見ているのですが、背中にエダマメを背負った個体がそうそう見つからないのです。

飼育水はタマ子と一緒なのに、不思議なものです。

隔離と採取

ダフニアの容器には底土が敷いてあります。そのままでは休眠卵を産み落とされても回収が出来ません。

里山は休眠卵持ちミジンコを発見したら、別容器に隔離しています。

しばらくミジンコを放置しておき、休眠卵を産み落としたら元の水槽(もしくは病気メダカの容器)へと戻します。

面倒ですが休眠卵を回収したいので、ちょこちょこやっています。

こつこつ集める

タマ子のように一度に大量入手は出来ませんので、1つ1つ確実に採卵をしています。プレゼントで出した初物後、5個くらい回収出来ました。

休眠卵は保険

ミジンコは何かの拍子に突然死んでしまうことがあります。場合によってはボトル内全滅を有り得ます。

複数容器で飼育するのも、休眠卵を確保しておくのも、いざという時のための備えですね。

おわりに

今年になって里山はタマ子を全滅させかけています。

ミジンコ帝国の更なる領土拡大を画策する里山です。 10匹以下まで減ってしまい、半ば諦めていたタマミジンコが復活しました...

同じ結果を招く可能性はゼロではありませんから、早い段階で沢山の休眠卵が入手出来て良かったです。全てが孵化するわけではないので、入手出来た数も重要です。一度に沢山取れて良かったです。

当分はこつこつと卵集めを継続することとします。

オカメの卵は?

今のところオカメの休眠卵は見ていません。カプセルを背負った個体は見当たらず、全て粒々の通常卵を背負っています。

何が違うのか謎。