新しい水槽に底土を敷かなかった結果、こうなった!水が白濁り?目に見えて綺麗さが違う2つの水槽。

日に日に増えて行くタマ子を見てニヤついている里山です。(※病気)

今期から導入したプラ素材のたらい。大小合わせて2つを導入しましたが、今のところ順調と言えば順調です。

底土を敷いたか否かで大差が付きましたが。まぁ、生体的には特に問題ナシな感じです。

今回はどう差が付いたのか、見て行くことにします。

ベアタンクの水

最初に導入を決めた大たらいは、試験運用のためにベアタンクとしました。

初めてのプラ容器での運用だったことが理由です。容量が大きいので、何かトラブルで水槽をリセットせねばいけなくなった時、底材を廃棄するのが大変だろうと思ったのです。

日々メダ活に明け暮れる里山です。 病気に関する記事を作成する予定でしたが、水槽の移動を行ったのでその件について書くこと...

運用後、特にトラブルらしいトラブルは発生していません。気になっていた水温上昇も、心配する程ではありませんでした。

中に入っているのは

エビとメダカ以外に、ホテイアオイとアナカリスが入っています。

水が汚い

大容量のたらいですが、簡単に水が汚くなってしまいました。

入っている生体数や日頃のメンテ方法の関係もありますが、一番の原因は底土の有無ではないかと思います。

改善を試みるなら

まめに底に溜まった糞を吸い出してやれば、もう少し長持ちすることでしょう。何も敷いておらず、且つ、掃除もロクにせずでは水が汚れるは道理ですよね。

赤玉土を入れた器をひとつ沈めてやるだけでも、今よりは状態が良くなります。

未だ秋までは時間がありますから、水槽をきちんと作り直すか否か、少し検討します。

底石を敷いた容器

底石と植物を植えた鉢を投入した水槽。前述のたらいよりも容量が15リットル小さいのですが、水温上昇的にはこちらの水槽も問題はありません。

今日も早起き里山です。 先週から着手しているメダカの移動ですが、昨日今日とまた作業をしました。 ...

気になる水ですが、綺麗なままです。容器の色も相まってか、余計に綺麗に見えます。

中に入っているのは

メダカとエビ、バナナプラント、アナカリス、産卵床としてホテイアオイが1株。

底に敷いたのは小石で、中心には赤玉土(大)の入ったバナナプラントの鉢が置いてあります。

水の透明感が違う

たらい(大)と比較してみると、差がよくわかります。水が綺麗なのです。植物の育ち方も良い様に思います。

やはり底に何かを敷いていると違うなと実感しています。

極ちゃんに警戒されまくりの里山です。(涙) 台風が去ってから良い天気が続いています。今日も空は快晴、暖かな一日となりま...

ただ、底材を投入すると、メンテナンス時(特にリセット時)にはベアタンクの倍以上の手間がかかります。

自分の飼育スタイルや生体の状態に応じ、どうしていくかが大切なんじゃないかと思います。

おわりに

一度ベアタンクの楽さを知ってしまうと、どうも水槽をきちんと作り込む気が起きません。

作るのは簡単なのですが、その後作業が……。投入したレイアウト素材の廃棄他、本当に大変ですからね。

たらい(大)の水は、今現在やや白っぽく濁っています。緑化してくれれば良いのですが、このまま白濁りがきつくなるようでしたら、何処かできちんとしたメンテが必要になります。

とりあえずはこのまま。底に溜まった糞などをこまめに取ることにします。

おまけ

セミトラップ。……マジで止めて欲しい。

バナナの花が咲きました♪