スネールとは何かを考える。水槽によっては有益なのでしょうが、その気持ち悪さに減点です。

8月15日が来る度、先の大戦が何であったのかを思う里山です。

さてさて、里山宅のホテイアオイ置き場(?)にあるものが湧きました。里山の大嫌いなモノです。

最初は見て見ぬ振りをしていたのですが、ついに我慢出来なくなってしまいました。

何が湧いていたのでしょう?

気付いたら大家族

里山はスネールが嫌いです。生き物として水槽に果たす役割云々の前に、見た目がダメダメです。

プラスして、その繁殖速度!!

今回湧いたコザラガイも増殖速度はなかなか、あっと言う間に広がってしまいました。

コザラガイって何?

コザラガイとは

・淡水産の巻貝

・比較的珍しい笠貝型で、主に河川や用水路などに生息している

・体長約3ミリメートル程度の小型の生物

・よく増えるアクアリウムの害貝

こんな感じの生物です。

スネールと纏められる貝は何種類かいます。

メダカ大好き里山です。 とある日のこと。水面を奇妙な生物が泳いでいるのを発見。調べてみると「スネール」と言われる生き物...

その中でも「一番厄介だ」と里山が感じているのが、このコザラガイなのです。

洗面器の中

エビちゃん入り水槽から取り出したホテイアオイ。そのホテイアオイからは……?

湧き過ぎやろ。

一度見たら最後と思え

よく見られるスネールに、サカマキガイがいます。用水路、ドブ川、ホームセンターの水草水槽など、至る所で目にします。

コイツの撲滅に里山は成功しています。

毎日がメダカ&ミジンコ生活な里山です。 水槽のコケに悩んでいたAさん。 ホームセンターで...

しかし、コザラガイだけはどうにも出来ず、結局は水槽をリセットしています。

リセットの理由

コザラガイは体調も小さく、流木や敷石の裏、水草など、あらゆる所に潜んでいます。完全な撲滅が困難であると判断しました。

その時は流木にビッシリと付いていました。

1つ1つ潰して行くよりも、水槽をリセットし、流木に熱湯をかけた方が早いと思いました。実際にリセットが一番確実、且つ早いです。

水質の変化で増減

スネールの類は水質がアルカリ性に傾くと増殖し、酸性に傾くと減少する傾向があります。

ですが、この情報を得たところで、初心者には対応が出来ないんですよね……。

下手に水質を変化させると、大切なメダカちゃんや水草まで失ってしまう結果に。第一、どうやれば水質を変化させられるのかの知識がありません。

飼育初心者であるのなら……

・目に見える個体の処分

・メダカを安全な場所へ移してからの水槽メンテ、もしくはリセット

上記2点が無難と思われます。下手に水質をいじるのは止めましょう。

コザラガイの侵入経路

エビちゃんの投入がコザラガイ繁殖の原因です。

もともとエビちゃんたちが住んでいた水路には、多くのスネールがいました。

エビの写真を見過ぎてゲンナリから一転、ガサガサを楽しんで来た里山です。 昼休みにササッと食事を済ませ、エビを捕まえに行...

コザラガイが発生している水槽は2つ、どちらもエビちゃんが投入されたものです。エビちゃんが来たのを境目にコザラガイが繁殖し始めたので、ほぼ断定して良いかと思います。

ガサガサ注意報

川や池で生物を採取するのは、本当に楽しいです。けれど、捕獲した生物を持ち帰る際は注意が必要です。

今回のように余計なモノまでお持ち帰りしてしまうパターンがあるからです。

大した内容ではありませんが、記事が長くなりそうなので、ここで一旦切ります。続きは明日。