白幹之を育てる―青より白に目覚める?絹のような光沢ある白を、更に追求してみようと思った理由。

ミジンコボトル削減中の里山です。(管理が追い付きません……。)

GW期間を利用し、猫飯さんに遊びに行って来たのは過去記事の通り。メダカ掬い用のメダカも提供させて頂きました。

カエルに魅了された里山です。 5月6日(日)GW最終日!再び猫飯さんのお手伝いに行きました。 前...

店長さんがメダカを見てくれたのですが、その時に初めて知ったことが幾つか。

ひとつは里山宅の幹之の系統のことです。以前、白幹之のヒレ変化についての記事を書きました。これは、系統的なものではないかとのことでした。

ゆで卵が大好きな里山です。 同じ親(青幹之)から生まれた青幹之と白幹之。体色以外にも個体差と言うか、特徴が出て来ました...

同じ系統のメダカを見せてくれたのですが、確かによく似ていました。

里山宅の幹之は貰い物のため、何と何が混じっているか全くわかりません。もともと飼育していたおっさん、或いはそのおっさんがメダカを買った店が、何処から何を仕入れどう掛け合わせたかも知りません。

同じ幹之でも色々とあるのですね。

もうひとつは紅白透明鱗と思っていたメダカが、紅白ラメだったという話。こちらも初心者あるあるで、その特徴の違いをはっきりと認識していなかったようです。

まま、紅白の話はさておき、このことがきっかけで「白幹之を増やしたいな~」と思った里山は、成魚のいなくなった水槽を放置しているのです。

ミジンコに全てを委ね、手抜き飼育している里山です。 先日、メダカ掬いにメダカを提供したため、屋外水槽が3つばかり空にな...

それにしても幹之は奥が深いですね。

同じなのに違う

里山は自宅の幹之以外、あまりじっくりと観察したことがありませんでした。せいぜいホームセンターの(スーパーじゃない)スーパー光幹之くらいでしょうか。

品評会に行っても上から見る機会が多いので、細かな違いがよくわかりません。

猫飯さんに行ったところ、同じケースの中にそれぞれ別系統のメダカと里山のメダカを入れて、その違いを見せてくれました。

極系統の疑い?

ヒレの特徴や体色の現れ方から、里山宅の幹之には極系統がかかっているのではないかということでした。

同じ「幹之」という種でも、系統や血統により表現が微妙に異なるらしいのです。

↓青白の違いはありますが、全部「幹之」です。個々に特徴が違います。育成環境もありますが、元となった親の影響が強いようです。

ちなみに里山のメダカ(右下)以外、全て売り物です。口先までピカピカの上物でした。

↓里山持参の白のイケメン。こうして横見するとヒレの特徴がわかり易いですね。体外光がイマイチなのは否めませんが、良いメダカです。

確かに里山の幹之と極系統のメダカは似ていました。一緒に入っていた幹之たちとは、色の表現やヒレの感じが違うのです。

面白いなと思いました。

白は人気

里山宅から持参したメダカの内、白幹之たちはあっと言う間に売れてしまいました。

メダカ掬いのメダカたちは個別に買うことも可能だったのですが、早い段階でやって来たお客さんが大半を買って行ったのです。どうやら白いメダカが欲しかったようです。

白というものに拘って育ててみるのも楽しそうだなと思った瞬間です。

白でも白メダカのような白もあれば、幹之たちのように光沢のある白もあります。里山は幹之の絹のような光沢が好きですし、太陽光のあたり方で黄金に見える感じも気に入っています。

せっかく良い素材が手元にあるのですから、白幹之の飼育に力を入れてみようと思いました。

親選びは慎重に

綺麗なメダカを飼育しようと思ったら、先ず親選びが重要になって来ます。どれだけ飼育環境が整っていても、元となる血統が良く無いと美しいメダカに育つ確率が低くなってしまうからです。

色や模様をより綺麗に仕上げたい、固定率を上げたいのなら先ず親です。

親メダカがわからない

里山宅の白チビたちは、どの親同士のペアで生まれたのかわからない子たちばかりです。これはもうどうも出来ないので、このまま飼育をします。

育てたところで、次世代の親となるメダカの選別です。

本当に良いメダカを追求している方は、1対1のペアで産卵をさせている様子。

里山の場合、販売目的ではないのでそこまでの追求はしませんが、出来るだけ白の映える個体を残して行く予定です。

おわりに

去年の夏はひたすら青幹之ばかり育てていました。というのも、元々の親が青なので青の子が沢山生まれたからです。

青の見え方にも個性があり、面白く感じていました。

今年は白×白のペアが組めたので、白が追求し易い環境が出来ています。当初の予定では削減方向でしたが、一転。白の美しいメダカを育ててみたいと思います。

そのためにも早く水槽を片付けなければ……!!