〇〇なメダカは体が弱いゾ!病気になったメダカを見て気付いた、ある1つのこと。

今日も楽しくメダカウォッチング、里山です。

ロングフンメダカ、元気になりました。エサもよく食べますし、よく動きます。

――それなのに、何かが変だ

何時までも尻下がりが治らないので、じーっくり見ていた時のこと。ふっとした拍子に、あることに気付きました。

「背骨、曲がってる……。」

品種と奇形

背中がこんもりと盛り上がって見えているのは、弱って尻が下がっているため。そう「思い込んで」いました。

干し柿が好きな里山です。 アオウキクサを間引こうと、水槽に顔を近付けた時のことです。奇妙な泳ぎ方のメダカを1匹見つけま...

この「思い込み」のせいで発見が遅れました。病気メダカは僅かながら、背骨に奇形があったのです。

極ブラックと比較してみましょう。(※信頼出来るブリーダーが選別した個体のため)

普通種体型の正常な個体は尾から頭まで、すっと一直線の美しい背骨をしています。矢印で示した部分にも変な盛り上がりはありません。

↓背中が山形に盛り上がっている病気メダカ。

尻下がりに見えるのも、背骨が緩い「へ」の字になっているからです。

入れている器の形状で歪んで見えているわけではなく、背骨が曲がっているのです。

奇形が出難い種

奇形では無いと思い込んだ理由の1つに、病気メダカが普通種体型であったことがあります。普通種体型のメダカはヒカリメダカなどと違い、背骨の奇形が出難いです。

メダカ大好き里山です。 野生メダカと違い、観賞用に開発されたカラーメダカたちは色だけでなく体型も様々です。メダカビギナ...

「出難い」と「絶対に出ない」では、意味が全然違いますよね。

変な知識があったせいで、その点が隠れてしまい「普通種だから背骨の変形ではない」と思い込むことになってしまったのです。

微弱な曲がり

今夏生まれのコスモ(ヒカリ体型)には、かなりの背曲がりが見られました。はっきりとわかる程の曲がりです。

旅先のメダカに「ブブ漬けでもどうどすか?」と勧められた里山です。 フラフラと力無く漂うコスモメダカを発見しました。残酷...

ですが、今回の病気メダカの背曲がりは程度としては小さめ。日頃メダカを横から観察する機会が少ない里山は、ぽろっと見逃してしまったのです。

「思い込み + 経験不足 =見逃し」

上記の図式になってしまいました。

背骨の奇形があると

背骨は骨格を支える屋台骨であり、そこから連なる肋骨は内臓を保護しています。

また、中には脊髄(中枢神経)が入っています。それらは枝分かれし(末梢神経)、各内臓器官や運動器に繋がります。

造血とも関係の深い場所でもあります。

そこが変形してしまうのですから、個体に何かしらの異常を来たす可能性は大いにあります。

病気と背骨の関係

背骨の曲がりがある個体は、やはり弱り易いです。

今年1月に死んだ緋メダカも、酷く背骨の曲がった個体でした。尤も、このメダカの場合は近親交配の成れの果てであり、他の遺伝的疾患もありそうな個体でしたが……。

メダカ大好き里山です。 「あれ?何だかおかしいな。」 そうメダカの異変に気づいても、メダカ初心者はオロオロするだ...

今回の病気メダカに関しても、同じ水槽のメダカたちがピンピンとして元気一杯なのに、何故病気になってしまったのかが不思議でした。

しかし、背曲がりに気付いたことで納得がいきました。

それが原因とは言い切りませんが、一因ではあるだろうと思えるからです。

遺伝をさせない

背骨が曲がる原因はいくつかあるでしょうが、遺伝的なものが原因であった場合、その子孫に影響が出ることが懸念されます。

より良い個体を残していきたいのなら、奇形の個体は間引き、繁殖をさせないようにする必要があります。

元気になったので元の水槽に戻そうと思っていましたが、ちょっと難しいですね……。

おわりに

まだまだ観察眼が足りませんね!

所謂プロ(達人)の方々は、選別眼厳しく、良質の個体しか飼育&繁殖していません。

里山は稚魚の間引きをしていません。よって今回のようなメダカも、水槽の中で普通に暮らしています。

稚魚の選別くらい出来なくては、「達人を目指している」とは言えませんよね。

来季は里山も選別眼を養い、良い個体のみを残していきます。脱・初心者!