星河メダカの引越しの理由―どうして卵を産まないの?なかなか抱卵してくれない星河の事情。

ミジンコ帝国の影の策士、里山です。

星河が卵を産みません。厳密には産んでいるようなのですが、絶対数が少ないです。抱卵しているメスの姿も見えません。

産み付けられた卵を確認するも、数が少ない上に未受精。思うように採卵出来ず、さすがにちょっと心配です。

3月下旬は問題無いように思えたのですが……。

毎日がメダカ日和、里山です。 じじばば幹之と星河の抱卵を確認しました。めでたい! ブログ記事を遡ってみたところ、...

日中のベランダの様子を観察し、繁殖のために一部の星河を引越しさせました。

日向と日影

里山宅のベランダは日当たりが良い方です。建物の配置的に午前中は特に良く日が当たります。正午過ぎからは日影となりますが、暗さを感じない「明るい日影」です。

水温、日照、エサ。どれを取ってもメダカが抱卵しそうなのですが、ここ最近の星河は絶不調で、昨日3個ばかりの無精卵を発見しただけです。

周囲の水槽の様子

星河水槽の左隣は青幹之(青の濃い個体群)です。それから紅白、MIX、じじばばと続き極みブラック、青幹之×紅白、白幹之と続きます。

反対側は青幹之、コスモです。

この中で抱卵の状態が良く無いのが、星河から向こう側。

何かがあるのだろうと注意して見ていたところ、日当たりの状態が、よく卵を産んでいる群の水槽とは違いました。

明るい時間の持続

星河の水槽は日当たりは悪くない方です。藻の繁殖具合からも、光が当たっていることがわかります。(よく日光の当たる場所には藻が生え易いです。)

ですが、明るくなり始める時間帯と、明るさの持続時間が違いました。

よく卵を産んでいる群の水槽は、朝日が程好く差し込み、午前中いっぱい日の光が良く当たっています。建物の配置的に午後からは陰るのですが、それでも明るい日影です。

星河から向こうの水槽群には、先ず朝日が当たりません。明るくなってくるのは、午前10時くらいからでしょうか。

光の当たり出す時間が遅い分、明るい時間がやや短かったのです。

↑10時頃の状態。向かって左の青幹之水槽は全体的に明るいのに、星河水槽は半分以上が影になっています。原因は手すりの配置のせいです。

↑近くで写真を撮ってみると、その暗さがよくわかります。

↑11時くらいになると、隣と明るさが同じくらいになります。

しかしここまで明るい時間は継続せず、この先は「明るい日影」となり、マイルド(?)な明るさになります。

この差が大きいのでは?と思いました。卵を産まないわけではない(=繁殖条件は揃っている)けれど、最適な環境とは言えないようです。

コスモは意図的に配置されている

一番暗い場所にいるのがコスモです。繁殖予定がないので、わざと日影に水槽を置いてあります。

一日中暗いわけではありませんが、他と比べて暗い時間が長い場所です。意図的に繁殖条件を削って、卵を産ませないようにしているのです。

メダカ講座まとめ(1) メダカ大好き里山です。 メダカの繁殖には光が大きく関係しています。繁殖に必要とさ...

今のところ抱卵は確認していません。「効果アリ」のようです。

日の当たる場所へ

エサは十分与えていますし、気温(水温)は産卵に問題無いくらいまで上がっています。

他との違いが「光」しか思い当たらなかったので、光のよく当たる場所へ引越しをすることにしました。

ベランダ一杯に水槽を展開しているので、簡単には移動出来ず。

MIXメダカ作出の目的でペアにしてあった青幹之×紅白たちをプラケースに移動し、一部の星河を移すことにしました。

日当たりが違う

転居先の水槽は光が燦燦と降り注ぐ場所です。元の星河水槽に光が当たり始める頃には、既に光に包まれたようになっています。

――これがどれくらい影響をするのか?

観察のし甲斐がありますね。卵をぽこぽこ産むようになるのか、或いは……?

室内から出した影響はあるのか?

光以外に少し気になったのが、季節感のズレです。

冬の寒い間に生まれ、そのまま季節感を誤魔化され抱卵までしていた星河。

メダカ水槽の掃除をしていた里山です。 強烈寒波が来るなんて本当かな?と思ってしまうような、温かく天気の良い一日となりま...

この影響も、もしかしたらあるのかも知れないなと思いました。

おわりに

メダカの繁殖に光は重要です。他にも色々とあるのですが、産卵が光に依存している以上、ここは絶対に外せません。

移動させた星河の様子は、定期的にブログ記事にしていこうと思います。

元の水槽でも抱卵が無いわけではありません。どちらの方が沢山卵を産むか、良い機会なので見比べてみます。