星河メダカの成長記録―孵化から1ヵ月半経ちました。イメージ的には小学生、元気一杯遊ぶ星河の若魚たち。

頭の中はミジンコパラダイス、里山です。

星河が随分と大きくなってきたので記念撮影をしました。

今回撮影に協力してくれたのは、孵化した個体の中でも成長が早く大きい個体と、たまたま一緒に掬い上げた個体です。

では、早速見て行きましょう。

星河は何メダカ?

星河は青ラメ幹之メダカになります。

名前のままですね。青幹之にラメが入ったタイプのメダカで、背中がキラキラ煌いて見えるのが特徴です。2012年にブリーダーにより作出されました。

同じ青幹之系統には、似たような名前で特徴が異なる天河、流星がいます。(星河とは作出者も異なります)

星河

普通種体型でヒレも普通。青幹之にラメ遺伝子が入ったもの。

天河

青幹之メダカにラメと背ビレ無しの遺伝子が入ったもの。

普通種体型の青ラメ幹之だが、星河とは違い背ビレが無いのが特徴。

流星

青幹之メダカに背ビレ無しの遺伝子が入ったもの。ラメはありません。

気になるお値段は?

ブリーダーの飼育状態で価格が左右されるので、具体的な値段は「?」です。ラメや体色の仕上がりが良いもの程高額です。

量販店の価格帯では3種ともそう大差は無いようです。体色が青ではなく黒であったり、体内光など別の特徴が合わさって来ると、その分料金が高くなります。

余程の上物を狙わない限り、雌雄ペアでもお小遣いで買える範囲です。緋メダカ(¥25)をベースで計算している人には、かなりの高額メダカですが……。

未成熟個体から幼魚へ

今回購入した星河には、本当に沢山のことを学ばさせて貰いました。

ついに冬季デビューを果たした里山です。 それはちょっとした心境の変化でした。里山は「買うことはない」と言っていたメダカ...

まあ、死ぬわ死ぬわで頭がおかしくなりそうだったヨ……。(もともとおかしいのは内緒)

メダカとミジンコに囲まれた生活をしている里山です。 昨晩元気だった稚魚が、朝になったら10匹程死んでいました。遺体の状...

メダカの孵化

メダカの稚魚の口の中には、特殊な酵素を出す腺があります。その酵素で卵膜を溶かし、外へと出て来るのです。

最初は硬かった卵膜が、孵化間近になると破れ易くなるのはこの為です。

出方にも順があって、先ずは尾から出て来ます。しばらくして頭の卵膜を脱ぎ去り、あのツンツン泳ぐ半透明なチビが生まれます。

卵膜が脱げないまま

頭の卵膜が脱げず、そのまま死んでいく稚魚も存在します。今回の星河はそのパターンがけっこう多かったです。

――未成熟で孵化して死ぬか

――卵膜が取れず、そのまま死ぬか

この2パターン。

下手に手を出すと殺してしまう

卵膜が脱げない場合、とりあえずは放置です。時間経過で自然と脱げる場合があるからです。

針の先などの細い物を使い、卵膜を取り除いてやることも出来なくはありません。ただ、下手に稚魚に触ったり、針で頭を突いてしまった場合、稚魚は間違いなく死にます。

未成熟個体の場合も、静かな場所で養生させれば助かることがあります。焦らないで対応することが不可欠です。

成長した個体

1ヵ月半が経ち、かなり大きくなりました。今は第1若魚期と言われる状態だと思われます。

第1若魚期とは

第二次性徴が認められる前の個体を指します。

大きさとしては全長約24mm程、尾ビレの軟条(ヒレの骨のようなもの)の分岐も1分岐しかしておらず、ヒレ先が丸っぽく見えます。

メダカにも第二次性徴がある

先ず補足説明を。性徴と成長は同じ「せいちょう」ですが、意味が全然違います。成長は大きくなっていく、増えていくこと。性徴は性的な特徴を示すもの、性差です。

混同すると「?」となるので注意して下さい。

第一次性徴

それぞれの生殖器官の有無。卵子を生産する器官を持つか、精子を生産する器官を持つかで雌雄が分かれます。

第二次性徴

ヒトでいう思春期です。各種ホルモンの働きにより性的に成熟し、生殖能力を有するようになります。

メダカの性的特徴

細かく見ると沢山の違いがありますが、キリがないので一部分だけ。

婚姻色

繁殖期のオスは自己主張をするかのように、尾フレや臀ビレの条、背腹の色が濃くなる。男性ホルモン(テストステロン)の働きによる。

体長

一般的にはメスの方が大きくなる。(※必ずそうなるとは限らない)

オスの鱗の隆起線数(木の年輪のような模様がある)はメスのそれより多く、個体差が著しい。

背ビレ

オスは縦に切れ込みが入る。また軟条がメスよりも長いため、ヒレが大きい。

臀ヒレ

オスの臀ヒレの表面には小突起があり、ザラザラとしている。

泌尿生殖隆起

エストロゲン(女性ホルモン)とアンドロゲン(男性ホルモン)の働きにより発達する。(エストロゲンに対する反応の方が強い)

腹ビレと臀ビレの中間部に見える隆起で、メスの方が大きくなる。

メダカ講座まとめ(3) メダカ大好き里山です。 どこまで行ってもオスはオス。メダカのオスもやはりスケベだ...

性的な特徴は未だ

個体をじっくりと観察してみましたが、「〇〇だろう」という予測は出来るものの、はっきりとわかるような性的特徴はありませんでした。

成長が早い個体でしたら、既に卵を産んでいてもおかしくはありません。

里山飼育の子たちはまだまだ小振り。ブリーダーにより差が出る部分だろうなと思います。上手な人なら、もっと大きくなってる頃でしょうね。

おわりに

成長記録と題打った割に、記録になっていないような……。

体の大きさや体色以外の部分で、里山はずっと彼らの出す糞を観察しています。ヒトもメダカも腸内環境が大切ですからね。

その内、糞と食べ物についてもまとめたいと思います。