季節の変わり目はメダカも病気になり易いです。じっくりとメダカを観察する時間を作って早期発見!救えるメダカは救おう。

栗の渋皮煮を作りたいと思っている里山です。(秋は料理が楽しい時です。)

里山にとって秋冬は、けっこうメダカに神経を使う時期です。というか、そういう時期になってしまいました。きちんと理由はあります。

――秋冬に病気メダカが出易い。

これが理由。しかも死亡率が高め。「元気になったね!良かったね!」と気分良くメダカを送り出せた試しは極僅かです。

で、今朝も水槽メンテをしてて発見しちゃいましたよ。病気メダカを……。

メダカを近くで見る

今回メンテで行っていたのは、水草の処分です。

育ち過ぎで邪魔になっていたものを処分し、メダカの遊泳スペースを広げつつ、じっくり観察。水槽に顔を近付けてメダカを見ると、エサやりの視点からは見えない発見があるのです。

里山の家のメダカたちは、こちらに攻撃の意思(捕まえてやろうなど)が無い限り、怯えて逃げ回ったり、隠れたりすることはありません。これ幸いとマジマジとメダカを見ていました。

するといたのですよ、病気ちゃんとその予備軍が。

弱りメダカは病気予備軍

弱っているメダカは、もうそれだけで病気になり易い状態です。早めに隔離し、養生をさせます。

・他のメダカと比べ、痩せている

・フワフワと漂う感じで泳ぎに力が無い

・手で簡単に掬える(=逃げる力がない)

上記3点のような特徴のあるメダカは、間違いなく弱っています。

他の元気なメダカたちと同等の管理をしていても、状態は良くなって行きません。塩浴させながら体力を回復させる、ゆっくり出来る環境に移すなどして休ませます。

あまりにも弱っていると、環境を変えたことで病気を発症することもあります。

なるべく早くに異常に気付き、対処することが大切です。

異常のあったメダカ

今回発見した予備軍は2匹、水カビ病っぽい綿を付けていたものが1匹。そしてもう1匹、これは見た瞬間「ぎゃー」と思いました。

↓病気メダカを発見した時の写真です。どのメダカがおかしいか、わかりますか?

エサやりの視点では気付けませんでした。水槽の片隅に居座っていたホテイアオイを処分し、顔を近付けてじっくりとメダカを見た時、初めてその異常に気付きました。

エロモナスっぽい症状

今回もエロモナス(赤斑病の初期)かな~と疑っています。目の部分がもやっとなる感じが、過去に感染したメダカたちと同じです。

上の写真をよく見ると、右目は正常なのに対し、左目は粘膜の塊のようなもので覆われていることがわかります。

陽気にメダカと戯れる里山です。 小康状態だった病気メダカですが、どうやら完治したようです。 食欲...

未だ出血斑はなく、泳ぎにも力があります。塩浴+薬浴で様子を伺うことにしました。

見直すポイント

メダカが病気になると「水が汚いんだ!」と思ってしまいがちですが、それが正しい場合とそうでない場合があります。

エロモナスの場合は菌自体に強い病原性はありません。また常在菌として何処にでもいます。水質も大切ですが、魚自体にも何か問題がある可能性があります。

持って生まれた体質がある

先ず、メダカの体は全部が一様ではないこと。強い個体、そうでない個体とがいます。弱い個体は季節の変化などに上手く順応出来ず、体調を崩すこともあるでしょう。

エサの回数と成分

メダカも過食をすれば内臓が弱ります。脂肪分やデンプン質の取り過ぎは良くないのです。活性が下っている時はエサの回数を減らし、全体の量を抑える必要があります。

脂肪分の高い乾燥アカムシや、高栄養の繁殖用のエサばかり与えてると、内臓が弱ってしまうことも。

今回のケースは

エサのやり過ぎ(=内臓の疲労)じゃないかなと思っています。加えて泳ぐ場所も狭かったですから、運動も足りていなかったでしょう。

糞の状態が確認出来ていませんが、ブリっと太いのを出してくれれば行けそうな気がします。

おわりに

薬浴中の病気メダカは、今のところ元気です。同じ水槽で泳いでいたメダカたちに異常は見られず、いつも通りのんびりと泳いでいます。

エサやりの視点では、どうも腰が高くメダカをしっかりと見れません。朝や休日の時間を利用し、メダカたちを間近で見る時間をもっと増やそうと思います。