三色ラメの新水槽、その後―卵生まれてました。抱卵した姿は見ていないので、誰の子かは知りませんがw

水饅頭の美味しい季節だなと思う里山です。

先日、メダカの卵の記事を書きました。

あまりの暑さに眠れない里山です。 今年孵化させたメダカは6種。当初の計画通りのものとそうでないものがいますが、内訳は青...

記事を書き終えた後、ふっと気になって三色ラメたちの水槽を覗きに行くことに。

予想通り、そこにはありました。三色たちの初卵が。

初めての卵

今現在いる三色ラメの親は猫飯さんで頂いたものです。

原因がよくわからないのですが、ぽつりぽつりと死に出し、親世代は1匹も残っていません。今いるのは全て里山宅で孵化した次世代のメダカたちになります。

毎日のメダ活に心潤う里山です。 遥々静岡県より引っ越して来た三色ラメたちの抱卵(産卵)を確認しました。 多分、猫...

青幹之に遅れはとったものの、無事に卵が確認出来ました。

小さい卵

初だからでしょうか?卵の径が小さい!

三色ラメ自体が全体的に小ぶりなので、自然と卵も小さくなってしまうのでしょうか。

こんな小さな卵ですが、メスは産むのに苦労しているかも知れません。ヒトの出産と似たようなモノかな?と、少し思ったのです。

よく聞きませんか?「二人目は楽」と。

メダカが産むのは胎児ではなく卵ですが、「産む」という行為は一緒。

メダカの卵は輸卵管を通って泌尿生殖口から出ます。初抱卵=輸卵管を初めて卵が通過する時です。卵の出方がスムーズではないかも知れません。

何度も生む内に輸卵管が広がり易くなり、卵が出易くなるようになるのでは?と思ったのです。

三色以外のメダカ

極ブラックと紅白を見て行きます。

紅白はナシ

紅白は産卵の気配はありません。去年生まれた親(体の大きな個体群)は毎日のように抱卵しているのを見かけますが、次世代は一度もお目にかかったことがありません。

それにしても赤の抜けた個体が目立ちますね。

極ブラックは産んでるかも

産卵床になりそうなものを入れていないのでわかりませんが、産んでいる可能性は紅白より高め。メスのお腹がぷりぷりしています。

抱卵している姿は見ていません。里山が知らない内に産んで、知らない内に何処かに落としていることでしょう。

光が伸び始める

背中に少しずつ光が伸び始めて来ました。体色が黒っぽいので光もわかり易いです。

この光、よく見ると青色と金のような色の2パターンがあります。

ミジンコとおたまに癒しを求める里山です。 極ブラックの水槽にイケメン青幹之を入れたのは昨日の記事の通り。 ...

伸び方はイマイチなので全身ピカピカ個体は出ないでしょうが、光の違いを観察する楽しみがありますね。

おわりに

メダカの成長は早いですね。その年に生まれた個体が産んだ卵を見ると、つくづくと実感します。

成長が早いので、新しい掛け合わせを試した結果がすぐにわかります。固定までには時間を要するでしょうが、それでも早いです。

早過ぎて毎年のように新メダカが生まれているように思います。里山にはソレが良いのか悪いのかわかりませんけど。