「飼ってるメダカが消えちゃうんだよ」と言うオッサンの話

飲むヨーグルトは、絶対に砂糖無添加がウマイと思う里山です。

表題まま。とあるオッサン(仮にTさん)に自分がメダカ飼育をしていると話したところ、「メダカって知らない間に消えちゃうよね」と言われました。

飼育していたメダカが消える?

「自宅で立派な甕にメダカを入れて飼っているけど、知らない間に消えちゃうんだよ。アレ、共食いしてるんだよ。きっと」

――ん?大きくなったメダカ同士で共食い?

聞いて里山の頭に???が浮かびました。メダカ(成魚)同士で共食いするものだろうか、「消えた」と感ずる程、目に見えてメダカの数が減るものだろうかと思ったからです。

「Tさん、メダカにエサやったり、きちんと世話してます?」

「僕?僕はしてないよ。奥さんがやってるから僕はメダカに関わってないよ。たまに甕を覗くとさ、減っていなくなってるんだよ」

「……」

たまたまその場に居合わせた知人女性(仮にMさん。ご実家でメダカを飼っている)も疑問に感じた様で、里山と一緒に首を傾げました。

――日々のお世話をしている人がいるのに、共食いによる自然消滅が起こるのだろうか?

そもそもの情報量が少な過ぎるし、Tさんは自分で管理もしていないとのことで、何匹飼育されているのかも知らない様子。たまに覗くくらいでじっくり見てもいないとのこと。

何だろう、どこから突っ込んで良いのやら。

頑なに「共食い」と言い張るTさんに対し、Mさんと一緒に別路線でメダカが消える理由を探ってみました。

動物に襲われた

野鳥や野良猫がコッソリやって来て、庭のお魚さんを食べてしまうことがあります。襲っている姿や痕跡を見つけられ無いと、突然消えてしまったかの様に感じてしまいます。

深く潜っている、隠れている

甕の深さにもよりますが、内部の色が黒っぽいと、底に潜っているメダカの姿をはっきりと目視出来ません。また、ヒトの気配を感じ、動きを止め物陰に潜む場合もあります。パッと見ただけでは気付かないので、消えてしまった様に感じるかも知れません。

水面を覆う水草で酸欠死

メダカの隠れ家として、水面に浮かぶタイプの水草(ホテイアオイなど)を使用する場合があります。水草があまりにも増え過ぎ、水面一面を覆ってしまうと、適切なガス交換が行われず水中の酸素が欠乏することがあります。

当然、中の生き物も影響が出ます。知らない内にメダカが弱り死んで、底に沈んだ死骸が朽ちて消える……ということも無きにしもあらず。

記憶違い

たまにしか見ていないので、何か記憶違いをしているのかも知れません。

盗まれた

心無い第三者に悪戯されたり、盗まれる場合もあります。

全部否定された

上記の理由をあげましたが、「動物は来ていない」「水草などは奥さんがきちんと管理している」「沢山泳いでいた姿を見ているから記憶違いではない」と全部否定されました(笑)。

共食いで消えたの一点張りです。

「まぁ、本人がそういうならそうなんじゃないですか」ということで、その話は幕を閉じました。

おわりに

何かとTさんとは交流があるので、その内に自宅訪問してみようかと思います。メダカちゃんたち、どんな環境で飼育されとるんじゃろか。

本当に突然消えてしまうのなら、それはそれで興味深い。

コメント

  1. めだめだ より:

    いま投稿したの見ましたwこういうのはじめてですねじぶんは、夜更かししてます。里山さんの方は最近暖かいですか?僕は東北の方なんでさむいです。ホントに水温ヒーターないと稚魚詰みますね。(水温ヒータ有りで飼育しています)
    もご苦労様です。あと農場の方はうまくいってますか?疑問に思いました。