道のり遠し!飼育の達人ではなく、まるで葬儀の達人ではないか。天に召されし生物への懺悔

メダカ大好き里山です。

前回記事「これはペットの紹介ではありません。偉大なる先生たちのご紹介です!」の続きです。

メダカをきっかけに我が家に来た生き物の紹介です。

水辺に生える植物たち

水草ではない、メダカたちと共存出来そうな植物を探した結果です。仕事柄か、もの凄く楽しんでやっています。

失敗だらけなんだけどね。

記事を書いていく内に気づいたんですが、「薬効がある」「食品として栄養価が高い」植物しか置いてませんでした。偶然ですが、結果としてそうなってました。

セリ

スーパーで買える野草です。実際、スーパーで購入して来ました。

メダカ大好き里山です。 1月7日は七草粥を食べる日でしたね。私も七草のセットを買いました。別にお粥を食べたかったわけで...

栽培途中に会社敷地内で自生するセリを発見、採取して定植に成功しています。

メダカ大好き里山です。 夏の本格シーズンに向け、新たな外用水槽を準備しています。とは言っても、この寒い中では出来ること...

元から日本に分布している植物ですから、冬の寒さも全然気にならず。休耕田に生える草なので、本当に丈夫です。

立派に葉を広げています。素敵。

ワサビ

抽水植物ということで、メダカと共存出来るのではないかと。職場のパートさんがくれたものを水槽に導入してみました。

ワサビの根から出る成分を心配しつつも定植。メダカもワサビも無事で、安心しました。

しかし、水槽の底土に荒木田土を使用したことからか、緑水化が顕著に。ワサビを枯らしたくなかったので、水槽からは引き上げました。今、新しく定植する場所を考えています。

別口で育てていたものは、水ワサビ、陸ワサビともに順調。

成長が遅いので大きくはなっていませんが、茂っていた葉は一度ピンチし食しました。

職場のおっさんがワサビに興味津々だったので、株分けしてプレゼント。ワサビ仲間となりました。

クレソン

メダカ用に利用出来るかも?と思っていた植物です。職場のパートさんから食用に頂きました。

メダカ大好き里山です。 職場の方からクレソンを頂きました。根っこ付きで大きさも良い物です。今が旬なので、何処からか採っ...

思いも寄らぬ来訪者です。ラッキー!早速、メダカ農園に栽培を委託(笑)しました。

常食したかったので水槽には定植せず、水耕栽培をすることに。夏の日除けにもなるかなと、吊った網に根をつけさせる作戦です。

使用しているのはプランターの底に敷く網と、農業用の針金。改良の余地は多々ありますが、とりあえずはこれで様子見。ちょうど良い隠れ場所になっているらしく、メダカたちがクレソンの近くによくいます。

根で遊ぶメダカたちの姿に、がっちりハートを鷲掴みされています。可愛過ぎる!!

茎だけにしても根が生える、丈夫な植物クレソン。本当に丈夫で、水に数日浸けておいただけで根がにょきにょき伸びています。白くて綺麗です!

職場のおっさんが欲しいと言ったので、数本プレゼント。おっさんとの交流は私の日常です。

セキショウ

購入の数日前に、とあるテーマパークに遊びに行きました。

園内には昔ながらの棚田が作ってあり、その脇には用水路が。

田んぼで水路と来れば、メダカですよね。ちょろちょろ流れる水路に目をやれば、果たして、そこにはメダカがいました。(撮影しなかったのが惜しまれる。)

その水路には緑色の頑丈そうな植物が。「あれは何だ?」と気になり、調べている内に辿り着いたのがセキショウでした。(園内の植物がそれであったかは謎です。)

薬草にもなるというので買うことを即決。予てからこっそり応援していた園芸店に注文をしました。

メダカ大好き里山です。 セキショウを購入しました。水辺などに生える常緑の植物です。メダカビオトープにも利用されています...

失敗したなと思ったところからの、一発逆転ホームラン(?)。

メダカ大好き里山です。 先日購入したセキショウ。その姿にがっかりし、ご意見メールをしたところ、代品が送られて来ました。...

初めて育てる植物です。どうやってお付き合いしていこうかな?と模索中。最初に手違いで送られて来た子も、根が生え始めれば立派に育つと思います。問題は、私にそれが出来るかってトコなんですよ。懐いてくれるかな?

メダカ以外の生き物たち

時に招かれざる客もいますが、生き物たちとの出会いは楽しいです。

スネール

我が家にやって来た、メダカ以外の生き物第一号です。発生当初は何か知らなくて、「何かいたー!すごい!!」と喜んでいた記憶が。

脅威の繁殖力で瞬く間に増加し、最終的には駆除対称に。

こいつのせいで私は巻貝が嫌いになりました。お掃除屋として名高いタニシすら、気持ち悪くて購入する気になりません。

「外来種」というものを意識するようになったきっかけでもあります。

ミナミヌマエビ

苔取りにいいかなと3匹購入しました。甲殻類の水合わせがどれだけシビアかも知らない内の購入で、3日程で全滅させてしまいました。

その後、寒くなってから再び少数を購入。キンキンに冷えた水で、水合わせ段階で仮死状態にしてしまいました。その反省から書いた記事がコレ。

メダカ大好き里山です。 メダカや金魚を初めて飼う人がやってしまいがちな失敗の1つに、「水合わせをせずに、生体を水槽に入...

その後、エビちゃんは暖かくなると起き上がる、寒くなるとひっくり返り痙攣するを繰り返し、緩やかに全滅。

それ以来、エビが欲しくなっても我慢しています。エビキラーですからね……。

ミジンコ

活餌として購入するも、その愛らしさに魅せられて飼育を決意。

……したはずだったんですが(汗)

ミジンコを水槽に入れてやるとメダカが喜ぶもので、ほとんどあげてしまいました。増やしてからあげれば何も問題無かったんですがね。

僅かに残ったミジンコを増やそうと頑張っています。自分で飼育のハードルを上げた感が半端無いです。

水辺の小さな生き物

ワサビに付着していたであろう、水生昆虫の幼生を発見しました。すぐに姿を隠してしまったので、写真を撮れなかったのですが。

川辺の石をひっくり返すといる、平たい虫に似てました。(カワムシ?)

おわりに

動植物合わせて、短期間でけっこうな数を触っていました。生き残ってるものもいますが、多くをダメにしています。

メダカ大好き里山です。 「メダカの子どもが沢山死んでたんですけど、原因は何ですか?」と職場の方に聞かれました。何でも、...

この記事でも書きましたが、初心者はゴチャゴチャやってはいけませんね。生体が死んでしまいます。反省!