ペットロスにならないのは変ですか?大切にしていた青幹之が逝った日、私は一粒の涙も流さなかった。

メダカ百華vol.4を注文してしまった里山です。(楽しみ♪)

先日記事にした青幹之ですが、本日その亡骸を確認しました。

若干お疲れ気味の里山です。 昨日、じーじとばーばになった幹之たちの記事をあげたのですが……。それがフラグになってしまっ...

遺体の状態からして、昨日の夕方くらいに息を引き取ったのではないかと推測します。その日は若干遅く帰宅をしたので、ベランダの様子を見に行ってませんでした。

大切にしていた大好きな幹之ですが、「淋しい」という気持ちはあるものの、ペットロスのような症状はありません。

冷たいでしょうか?

ペットロスとは何か

ペットロスとは、ペットとの死別によって生じる心理的な打撃のことです。飼い主が受けるストレスは様々で、身体的な症状の原因となることもあります。

以下、ペットロスの伴い易い症状の一部を上げておきます。

・食欲不振

・不眠

・うつ

・自殺願望

などなど。

人によっては理由のわからない焦燥感や肉体の痛み、不安感などが現れるかも知れませんね。大切なモノを失い、心のバランスが崩れてしまっているのです。

メダカ大好きですが

里山がどれだけ自宅のメダカを愛でているかは、ブログを書いている時点で察することが出来るかと。

メダカを「うちの子たち」と呼び、食事も自分より先に与え、日々の観察は欠かさず、水槽の掃除もし、かなり長い時間を一緒に過ごして来ました。

ですが、里山はペットロスにはなりませんでした。

メダカ(魚類)と犬猫(哺乳類)は違うと言う以前に、死生観(死に関する捉え方)が違うのだと思います。

生物は「死ぬ」

生と死は表裏一体です。生きているから「死ぬ」ということがわかるし、死ぬから「生きている」ことが尊く(貴重である、価値がある)と思えます。

昨今は「死」というものをやたらタブー視する傾向があるように感じますが、生きてるから死ねるし、何れ死ぬから「よりよく生きたい」と思うんだよ?

メダカが逝ってしまうのを「☆になりました」と気遣って言う人が多い中、こんだけ「死んだ」とストレートに表現する飼育者も珍しい……。

さておき、大事にしているメダカたちとも、やがて死別する日は来ます。余程の事件が無い限り、飼育者は常にメダカを見送る立場です。

大切な存在が死んでしまえば、やはり悲しいです。

里山も「悲しい」「淋しい」といった負の感情は抱きます。ですが、それ以上に「いろいろ勉強させてくれて有り難うね。一緒に過ごせて良かったよ。」という気持ちの方が強いです。

死を特別視しない

繰り返しになりますが、生と死はワンセットです。生きているから死ねるのです。

それなのに「死」だけを特別扱いし遠くへ追いやってしまうと、いざその時が来た時に、事実を受け止められなくなってしまうと思うのです。

現実の世界

青幹之の亡骸を発見した時、里山が行ったことは……

・速やかに亡骸を水槽から出した

・病死かどうか、目視出来る範囲で確認した

上記2点です。

水質の悪化を防ぐ、病気が蔓延するのを防ぐという意味で、上記2つは非常に大切なことです。本当にメダカが大事だからこそ、迅速に動きました。

放って置いても利は無い

死んだ個体を水槽内に何時までも放置しておくと、水質の悪化を助長し、時には病気を蔓延させることとなります。

何時までも放置せず、早い段階で掬い出します。余計な犠牲を出してはなりません。

死んでいく恐怖

里山は「メダカが死んでも平気」と言っているわけではありません。

最初に飼育した緋メダカたちは、一晩の内に次々と死んでいきました。眠って起きたらまた死んでいるのでは?と、しばらくは怖くて眠れませんでした。

――恐怖、悲しみ、喪失感

複数の負の感情が入り混じり、精神的な負担が非常に大きかったです。だからこそ、メダカたちのことを学びました。

悲しんでいても、やらなければいけないことはやるのです。

おわりに

自分が大切にしている生物が死んだら、誰だって悲しいに決まってます。だからこそ、一緒に過ごして来た時間が輝いて見えます。

思い出は、自分を苦しめるためにあるのではないと思うのです。

ヒトの一生からしたら、たったの1年半。だけどメダカにとっては一生涯。長い間一緒にいてくれて、本当に有り難うとうね。