落ち葉を入れたメダカ水槽のその後。不完全な環境に落ち葉を入れるのは、やはり考えものですね。

朝からメダ活に忙しかった里山です。

メダカ水槽に入れていた落ち葉を撤去しました。水が白く濁り始めていたからです。

ミジンコの冬支度に頭を悩ませている里山です。 過密気味だった青幹之の水槽をどうにか出来ないかな?と、新しく水槽を作りま...

現状では、特にコレといってメダカに影響はありませんでした。

ですが、若干気になる部分を発見し、「やはり不完全な環境に落ち葉は要らないな」と思いました。

水槽の中は不完全

飼育水層の中は大概が不完全な世界です。

飼育したい生物を中心に、必要であろう生物を寄せ集めた世界――それが飼育水槽の正体です。

生物の数が圧倒的に少ない

里山が新しく立ち上げた水槽を例に見ていきますと、生物は……

・メダカ

・ミナミヌマエビ

・アナカリス

・セキショウ

・アオウキクサ

・バクテリア(居るであろうという予測)

この6点しか存在していません。

野生のメダカが住んでいそうな用水路はどうでしょうか?多分、最低でも上記にあげた数十倍(数百倍?)の生物が存在していることでしょう。

多くの生物が一所に存在し、互いにバランスを取り合っているのです。

多くの生物が住む場所では

枯れ草や落ち葉が水に沈もうが、生物の死骸が水底に横たわっていようが、自然の環境の中であれば関係ありません。

数多く存在している生物の中に、動植物の残骸を処理するエキスパートがおり、やがて土に還ってしまうからです。

もちろん、その過程で出る様々な物質も、生物たちの手により処理されます。

一所に集まった多種多様な生物により、生命の循環が自然に、安全に行われているのです。

対して、人工的に作られた飼育水槽内部には、循環の仕組みが出来上がっていません。だから、ちょっとしたことで水が汚れたり、生物がすぐに死んでしまうのです。

腐りかけた落ち葉

飼育水に浸かっていた落ち葉ですが、約1週間経った今日、全て撤去しました。

理由は、水が白っぽく濁り始めていたことと、予想した以上に葉の傷みが早かったからです。

ゴワゴワがフニャフニャに

使用していたのはビワの葉なのですが、水に浸す前はかなりゴワゴワとしていました。繊維がしっかりしており、とても硬かったのです。

水槽に1週間浸かっていたものはどうかと言うと、ゴワゴワ感は薄れ、触り心地がとても柔らかくなっていました。

土に還るためには

落ち葉を取り出し、細かく見ていた時のことです。部分的に葉の一部にヌルっとしたような、やや粘性のあるものが付着していることに気付きました。

――ああ、腐り始めてるのか。

そう思いました。

腐るのが普通

落ち葉が何時までも腐らず、残っている方がおかしいのです。

動植物の死骸が土に還るためには、微生物の力などを借り、その身を完全に分解する必要があります。

幹之たちとの触れ合いに癒される里山です。 先日の記事でアナカリスを取り上げました。 今回もアナカ...

本来なら、それは正常な流れなので放って置いても良いのです。なぜ落ち葉を撤去したかというと、飼育水槽の中が「不完全な世界」だったからです。

落ち葉を分解するには、バクテリアを初め様々な生物の協力が必要になります。

メダカとエビしかいない水槽では完全に分解するまでには至らず、徒に水質を悪化させてしまうだけであろうと判断しました。

スネールがいたら

もしこの状況にスネールがいたら、様子は違っていたかも知れません。

メダカ大好き里山です。 本日、愛知県名古屋市にある東山動植物園の「世界のメダカ館」に行って来ました。今回はメダカ館のリ...

ヒトが行う「メダカ観賞」という行為からは不要な彼らですが、自然という視点に立てば、彼らの存在は必要不可欠です。スネールたちがゴミに群がるバクテリアなど(デタトリス)を捕食してくれることにより、元の物体が自然に還り易い状態へと変化していくからです。

朝の冷え込みに驚いた里山です。 10月に入り、朝の冷え込みが一段と増して来ましたね。メダカの行動を見ていても水温の低さ...

おわりに

今回使用した葉は煮てあるものなので、余計に腐り易かったかも知れないですね。何もしていない状態のものであれば、もっと分解し難く、傷みの進行もゆっくりだったかと。

どちらにしろ、里山宅の水槽には落ち葉はやっぱり要らないかなぁ。