猫飯のメダカ展示会&プチフェスに参加して来ました。5月27日の猫フェスを振り返る。

酒豪で変態の里山です?(猫飯店長の目にはそう映るらしい)

5月27日(日)は猫飯さんのイベント日でした。今回もお手伝いをしに浜松へ行って来たので、その報告をしていきます。

アイキャッチ写真は里山作のブラックボードです。お絵描きが好きな里山らしく、猫やらミジンコやらを描いてみました。

では、行ってみよう!

猫飯メダカ展示会

猫飯店長の池谷さんはもちろん、メダカ愛好家たち選りすぐりの珍しいメダカがやって来るイベントです。展示だけでなく販売やオークションも行われる、メダカ好きには堪らない内容になっています。

猫飯ブログに書かれた一文「全国を探してもどこにもいない魚を見ることが出来るのが猫飯です。」まま、通常の展示会とは違い、一風変わったメダカを見る(買う)ことが出来ます。

売り出し前の極秘メダカもコッソリ陳列されていたりするので、新しいメダカとの出会いを求めている人にはピッタリです。

展示会

通常の営業の傍ら特別ブースを設置。愛好家たちが自慢のメダカを披露します。

ここでしか見られない希少種や、販売前の新品種との出会いも期待出来ます。通常の展示会とは異なる、猫飯ならではのイベントです。

↑台下に店長の息子さんが隠れてます。心霊写真じゃないよ!(笑)

販売

通常販売とは異なり、直接ブリーダー(出品者)からメダカを買うことが出来ます。

メダカ関連グッズなども出品している方がいるので、運が良ければ掘り出し物に出会うことが出来ます。

里山です。 本日5月27日(日)は猫飯展示会&プチフェスタの日でした。(→猫飯ブログへ) 例のごとく里山はお手伝...

昨日の記事で書きましたが、メダカ用の網は秀逸でした。

オークション

展示会に出品されている唯一無二の貴重なメダカをオークションで落札!

本当にメダカが好きで、深く追求して行く情熱がある人向けのイベントかな?

メダカ掬い《VS店長》

猫飯店長とメダカ掬いで対決?!掬ったメダカはもちろん持ち帰ることが出来ます。

昨日の最高は30何匹かだったと記憶しています。残念ながら店長は負けてしまいました。

本日の仕事

さて、例の如く里山はお手伝いとして参加して来たので、スタッフとしてやったことを書いていきます。

開店準備

看板や値札を描いたり、産卵床を作ったり。店長夫婦が生物の準備をメインで行うので、里山はそれ以外の簡単な雑務を担当。(ほとんど何もしとらんけどねw)

ギネス級?!驚愕の103個

離れた場所にある飼育場にメダカを取りに行った時のこと。奥さんと雑談をしていたら、ふいに店長に呼ばれました。

――すごい奴がいる!

そういって店長が示した先には、木苺のような卵をぶら下げたメスメダカの姿が。

捕獲し、卵の数を数えたところ、何と驚愕の103個!!

一度の抱卵で100超えとは、そら「スゴイ!」って声が出るわ。フェス前に大興奮。(→猫飯ブログで振り返る

開店から閉店まで

主にメダカ掬いに来たお客さんを里山が担当しました。他、購入メダカの袋詰めなど。

途中、店長の息子さんとデグーで遊びつつ休憩。。。

猫飯へ行こう!

里山が撮影した猫飯写真を載せておきます。展示会の様子は猫飯ブログにアップされると思いますので、そちらでお楽しみ下さい。

↓開店前のひと時。交尾しているメダカを発見しました。右がオスで、ヒレでしっかりとメスを抱き寄せています。

↑持ち帰るか最後まで迷っていたチビナマズ。めちゃ可愛い!!

立ち入り禁止区域

GWイベント時、猫飯のカメが盗難に遭いました。(→猫飯ブログ・該当記事へ)

猫飯はメダカに関してはキッチリだけど、他は難しい決まりのない店でした。ですが、盗難の一件以来、立ち入れない場所が出来てしまいました。

投資と本気度

ミジンコを買って行かれたお客さんが話していたことが心に残りました。

「ちまちま増やすより、ここに来れば(ミジンコが)買える。」

要は、「買えるものなら買えば良い」ということです。メダカのための投資を惜しまないよってことです。それだけメダカが大切なんですね。

――果たして、カメを盗んだ人は本当にカメが好きだったのか?

投資するべきものも投資せず、奪う形で手に入れたモノです。多分、カメのことなんてこれっぽっちも好きじゃないと思います。

カメを見て「可愛いね~」と話しているお客さんも複数いたのになぁ……。心無い人間のせいで、つまらないルールが出来たことが残念。

おわりに

バタバタしている間に、あっと言う間に閉店時間になりました。

メダカ掬いは大盛況、残ったのはポイの山。皆さん、有り難うございました!

今日もお土産をもらって里山は退散。今回はメダカ品種図鑑と、気になったメダカちゃんを少々頂きました。

持ち帰ったメダカに関しては、後日記事にしたいと思います。