毛細管現象とサイフォンの原理と台風―メダカを救うのは1枚の布?屋外水槽には付けておくと良いよ!

台風の後始末にバタバタしていた里山です。

里山の住む地域では、先日の台風の影響はそれ程無く。ですが、屋外水槽は吹き込む雨のせいで水位が増し、もう少しで満杯という所まで来ていました。

軒下に置いてあっても油断出来ないものですね。生体の流出は無く、ほっとしています。

屋外に水槽を置くつもりなら、水槽に布(ろ過フィルターの綿などでもOK)を付けておくことをオススメします。

その1枚の布がメダカたちの流出を防いでくれるからです。

勝手に流れて行く水

説明をする前に、先ずは画像から。

適当な容器を用意します。中に入っているのはただの水道水です。

ここにスポンジを付けます。

浸かった部分から水が吸い上げられて行きます。どんどんと染みて行き、スポンジの浸水部が水面より下がった所で……

中身が外に流れ出しました。

毛細管現象とサイフォンの原理、2つの現象によるものです。

毛細管現象とは

液体に細い管を入れると、管内の液体が管外より高く(低く)なります。この現象を毛細管現象(毛管現象)と言います。

液体の表面張力、管の直径、液体の粘度などが関係し、このような現象を引き起こします。

布が水を吸い上げる?

布は細かな繊維を寄り合わせて作られます。つまり、隙間(管)が一杯あるのです。

物質には濡れ易いものと、そうでないものとがあります。濡れ易い性質のもの程、顕著な毛細管現象が見られます。

サイフォンの原理とは

隙間の無い管を利用し、液体をある地点から目的地まで、途中出発地点より高い地点を通って導くメカニズムのことです。

身近な物ですと、灯油のポンプがありますね。

シュコシュコっと何度か空気を抜き、管の中を灯油で満たしてやると、後は勝手に灯油が流れ出て行きます。

出口を上に向けても、管に空気が入り込まなければ流れ続けます。

これは水が高い所から低い所へと流れる性質を利用したものです。

布がメダカを救う

毛細管現象もサイフォンの原理も、詳しいことは省略します。ここでは……

・布(繊維、管)は水を吸い上げる

・水は高い所から低い所へ流れる

この2つを知っていればOKです。

この仕組みを利用し、水槽内の生体を守ります。

水位が上がると

水槽内の水位が上がり、水槽壁に付けた布が水の表面に触れると、毛細管現象が起きて水が吸い上げられます。

そしてサイフォンの原理で、水が布(管)を伝い水槽外へと流れ出します。

ティッシュで復習

触れているティッシュが水を吸い上げています。これが毛細管現象です。

やがてティッシュ全体が濡れた状態に。この状態は、灯油のポンプをシュコシュコして管内の空気が抜けたのと同じ状態ですね。

次第に水が外(水位より低い所)に流れ始めます。

おわりに

生体の流出は絶対に避けたい事故です。屋外水槽設置の際は、雨水に気をつけましょう。

屋外水槽を考えるなら、1枚布を付けておくと良いですよ。

開口部から水が流れ出すのではなく、布伝いに水が流れ出るので、生体が流出する心配がありません。

ただ、吸い上げの悪い繊維ですと、仕組みが上手く機能しません。

ろ過フィルター用の綿なら、繊維が細かく吸い上げも良いです。見た目が若干格好悪いですが、ぺろんと1枚付けておいてはどうでしょうか?