幹之の旅立ちと、残った稚魚たち。例の卵はブチメダカの卵で確定らしい。

無事幹之を嫁に出せた里山です。

生まれた時から発泡スチロールに入れられていたチビたち。初めてのプラケース(=周囲が見渡せる透明容器)に驚いてはいたものの、パートさん宅に無事に旅立って行きました。

「メダカちゃん可愛い!」と、他のパートさんたちにもモテモテでした。来週また別のパートさん宅にお届け予定です。
今回は巣立って行った幹之、残った幹之、ブチ子の卵の話。

立派に育った幹之

別枠で育てていた幹之は約1ヶ月で随分大きくなりました。

明日、幹之のチビ7匹を送り出す里山です。 生後4週間、見た目にも大きくなって来た幹之チビを嫁に出します。 ...

発泡スチロールでの飼育だと、横からの姿を見る機会がありません。輸送用のプラケースに移動させたついでに、何枚か写真撮影を行いました。

上から見た時に、胴が太く良い体型だなと思っていましたが、横から見た姿も立派です。

細い線のような体型から、4週間で随分とメダカらしい体型に変わりました。雌雄の確認まではしませんでしたが、そろそろ性別がわかり始めると思います。

水槽の広さと体長

水槽の大きさ、個体の密度(飼育数)によっても成長具合は変わるようです。が、飼育歴が浅く、はっきりとした結果が出せるのは未だ先です。

嫁に行った幹之たちは、最初から別枠で飼育されていました。日の当たる場所に置かれた12ℓの容器を7匹だけで使用していたので、かなり快適に泳げたのではないでしょうか。

初めて孵化させた緋メダカたちの時と違って、早い時期から良い体格に育ちました。

残った子たちはベランダでのんびり生活。

「メダカ欲しいです。」と言う方があったので、この中から体格の良いものを数匹プレゼントする予定です。来週には巣立って行きます。

ブチ子の子ども

ホテイアオイ最強説の誕生、そして採卵された卵。(笑)

水槽の置き場に困っている里山です。 昨日のことです。白メダカとブチ子の共存している水槽の水草メンテを行ったところ、お宝...

今のところ合計で3匹の孵化が確認出来ています。

この3匹ですが、よ~く見ると単色ではなく「混じり」があります。虎毛っぽいというか、模様があるというか。

昨年、白も緋も稚魚の姿は見ています。

――白メダカにも緋メダカにも存在しない黒色の柄

ブチ子の子どもたちで確定と思われます。もう少し大きくなって来たら、はっきりとわかることでしょう。

さっさと屋外へ移動

今回孵化した稚魚たちは、さっさと屋外に出しました。

部屋で管理しているのは、採って来た卵のみです。

理由は複数ありますが、一番は「お日様の光に当てたいから」でしょうか。室内とベランダは光の量が全然違います。

おわりに

引き続き、チビたちの育成に励みます。