緑色?幹之のチビたちの中に、1匹だけ不思議な色の子を見つけました。

毎日がメダカ日和の里山です。

青×青から出た白幹之を移した時に、偶然に紛れ込んだ1匹のチビがいます。他の白チビたちと違い、頭が黒いことで気がつきました。網で掬い分ける際、白と見間違えたようです。

青幹之のチビたちは成長するにつれ、腹に青い光沢が表れます。ですが、白の子たちは青くならず、白いまま。

「何で間違えたん?」と自分に突っ込みつつ、じっとチビを見ていてビックリ。

光の加減で白く見えていたのですね……。緑色が。

色が分かれた稚魚たち

親は雌雄どちらも青幹之ですが、生まれた子たちは何色かに分かれました。

幹之に魅せられた里山です。 大きくなった幹之のチビを親たちの水槽に移動させました。 親たちの水槽はグリーン化が顕...

卵の段階でも黒っぽく姿がはっきり見える子と、色が薄く目しか見えない子がいることは気づいていました。

いざ孵化してみると、黒、白、灰の3色に。厳密にはこの色では無いのでしょうが、ぱっと見た感じそう見えました。

この3色は成長とともに、更なる変化をして行きました。

黒から青へ

背筋が黒く見えた子たちは、青系統の色へと育ちました。濃いものと薄いものがいますが、青です。

黒 → 青、薄青

幹之のチビたちの腹はピカピカとしていて、綺麗な色をしています。青系統の子たちは腹が青く、これも青と青緑、水色と何種類かあるようです。

灰色は水色

灰色っぽく見えていた子たちは、ぱっと見ると白く見える外見に育ちました。よく見ると白ではなく紫がかったような色で、腹は水色をしています。

灰色 → 水色、白に近い青(加減で紫に見える)

白は白

白っぽい子たちは白のままです。背中に現れた光に青が混じっていますが、全体的な表現は白であり、腹も青は混じらず白です。

しかし、通常の白メダカとは異なります。

例えるなら木綿と絹でしょうか。豆腐じゃなく布地の方ですね。木綿はぺたっとした白ですが、絹(シルク)はツヤツヤで独特の光沢を持っています。白で生まれた幹之たちもそんな感じで、身体に独特の光沢を纏っています。

ただし、これはあくまでベースの色です。フルボディ幹之のような美しい光沢が出るかどうかというのは、また別の話です。

白 → 白(後に現れる光が、白と青の2通りある様子)

何処にも属さない「緑」

緑の幹之は青×青から稀に生まれるそうです。色素胞の分布の加減でしょうか?

里山宅で生まれた子は、はっきりとした緑ではありませんが、明らかに他の幹之たちとは違う色をしています。

きちんと採卵(飼育)数を数えていないので、正確な誕生割合はわかりません。約200程孵化して、1匹出たなという感じです。

色の変化と成長

緑色に見えているチビですが、このままの色で成長するとは限りません。日々観察を続けたいと思います。

もし緑のまま成長するようであれば、白と交配させてみようかと考えています。