ミナミヌマエビを買う―買うくらいなら、時間をかけて採取した方が得だ!と思った瞬間。

エビ活にも余念が無い里山です。

捕まえて来たエビの内、1匹が死んでいました。

死因は水槽から飛び出たことによる乾燥(?)です。水槽側でエビの干物になっていました。

それ以外のエビちゃんたちはすこぶる元気で、毎日のように苔をツマツマとし、メダカの群れの中をさわ~っと泳ぎ回っています。

この光景が信じられないのが、エビちゃんを捕まえて来た里山自身です。

今回は買ったエビちゃんと、捕まえて来たエビちゃんの比較の話。8月に入り夏も終盤、ガサガサに行くか否かはアナタ次第です!

死なないエビ

職場(農場)で捕まえて来たエビちゃんたちは本当に丈夫です!

エビの写真を見過ぎてゲンナリから一転、ガサガサを楽しんで来た里山です。 昼休みにササッと食事を済ませ、エビを捕まえに行...

実はこのエビちゃんたち、職場を出る前に里山に井戸水で洗われているのです。

彼らの住む用水路の水は若干の異臭がし、周囲にはスネールがわらわら。変な病原菌を自宅に持ち込みたくなかった里山は、捕まえたエビちゃんたちを洗いました。

洗うと言っても、容器内の水を数回入れ換える程度です。会社の水は井戸水なので、何も気にせずザブサブとやりました。

「こんなことしたら、エビが弱って帰る頃には死んでいるかも……。」

ふっと思いましたが、「その時はその時」と割り切って帰宅をしました。

元気なエビちゃん

帰宅後もエビちゃんは変わらず元気。弱っている気配もありません。容器の水を今一度入れ換え、入念なザリガニチェックを行った後に水槽に移しました。

ぶっちゃけてしまいますが、「水合わせナシ」でそのまま放り込みました。

何処かで購入したエビちゃんであれば、こんなことはしません。持って数日で死ぬのが目に見えてわかるからです。

何故、この時「水合わせ」を省いたかは、小さい頃の体験からです。

川遊びで水合わせをしたことがあるか?

里山は水辺の生物が好きでした。小さい頃は近所の川でフナやドジョウを捕まえて遊んでいました。

たまに捕まえた魚たちを持ち帰り、水槽に放すこともありました。

当時は「水合わせ」などという知識は無く、水道水にカルキが入っていることなんて全然意識していません。川で捕まえて来た魚たちは、強制的に水槽にドボンです。

不思議なことに、野生魚たちは死なないし弱らないのです。(※もちろんケースバイケースです。あくまで今回の里山の場合は……という視点をお忘れなく!)

屋内と屋外

屋内の一定に管理された環境下で育った個体と、そうではない個体は丈夫さが違います。

捕獲したエビちゃんを水槽に放してから数日、死んだエビは干しエビになった彼だけでした。1番ビックリしたことかも知れません。

買って来たエビは全滅した

去年の今頃、里山は近所のホームセンターでミナミヌマエビを購入しました。

ネットから拾って来た情報の通り、水合わせは慎重に行いました。にも関わらず、エビたちは数日で全滅、1週間持ちませんでした。

これを2回、経験しました。

温度差で死なせたことも

冬になり、衝動的にエビを買ってしまったのですが、今度は水合わせ途中に仮死状態にさせてしまう結果に。

ホームセンターの水槽の温度が、里山宅の水槽温度と違い過ぎたのです。

寒風でキンキンに冷えた水面に浮かぶ袋の中、エビたちは次々とひっくり返り痙攣を始めました。あまりの寒さに仮死状態に陥ったのです。

元気になる → 仮死 → 元気と繰り返す個体もいましたが、ほぼ全てが仮死状態から全滅。

「エビなんて二度と買うか!」と思わずにいられませんでした。

捕獲したエビたちの頑丈さが奇跡的にすら感じられます。

買うなら捕獲を選ぶ

すぐ死ぬエビと、そうでないエビ。飼育をするとしたらどっち?

里山なら、迷わず後者を選びます。ガサガサは楽しい上に、取れた獲物が丈夫だなんて最高じゃないですか!!

夏が終わる前に、もう一度野生のエビちゃんたちの捕獲&観察したいと考えています。