ミジンコが大変ですよ!?NHKのディレクターさんが家に来てくれました。

ミジンコの世界に引き込まれている里山です。

本日、NHKのディレクターさんが里山宅へと来てくれました。

「所さん!大変ですよ」という毎週木曜午後8時15分開始の番組で、ミジンコをテーマにした放送回を予定しているそうです。(放送日未定)

ミジンコの件で話を伺いたいとのことで、9月後半あたりからメールのやり取りを開始。今日の運びとなりました。

まさかまさかの来客です。メダカ飼育を始めてから、いろいろと世界が変わりつつあるような。

さてさて、表題の「ミジンコが大変ですよ!」ですが、何がどう大変なのでしょうか?

大変なことになってるミジンコ

Daphnia pulex 画像はウィキペディアより

一口にミジンコと言っても様々な種類がいます。番組の主軸になるミジンコは「ダフニア・ピュレックス」です。

ダフニア・ピュレックスとは

ミジンコの正式な学名をダフニア・ピュレックス(Daphnia pulex)と言います。ミジンコ科ミジンコ属(Daphnia)のミジンコ種の名前です。

ややこしいのですが、「ミジンコ」というのはダフニア・ピュレックスの和名なのです。

ミジンコ属に属するものを総称しダフニアと呼んでいますが、種(属から更に細分化されたもの)ごとに異なる名称が付きます。(ダフニア・××と、それぞれに名が有る)

生物には階級がある

生物の分類には階級が用いられます。界、目、網、科、属などがそれにあたります。

「ミジンコ」という呼び名で一括りにされている生物は、実は同じグループにはいません。大きな括りでは一緒であっても、階級が小さくなるにつれ分かれていくのです。

タマミジンコやケンミジンコなどは「ミジンコ」の名称で呼ばれても、それぞれに属しているグループが異なります。

参考ページへはコチラから→

メスのみで卵を残す種

ミジンコは通常では単為生殖を行います。メスがメスを産み、増えていきます。

しかし気温の低下や水質悪化などの危機的な状況に陥ると、オスが現れ、交尾により耐久卵(休眠卵)を残します。

が、しかし!ダフニア・ピュレックスに関しては違うのです!!

クローンの連鎖

オスが生まれるには生まれるのですが、交尾をしても耐久卵を作りません。

卵はメスが単体で作ります。

生殖により遺伝子が交わることがありませんから、引き継がれるのは母体となったメスの遺伝子のみ。遺伝子の多様化はありません。

つまり、何処まで行ってもメスのクローンが増え続けるだけなのです。

クローンとは、一種の劣化コピーのようなものです。それでも最初は上手くコピー出来るのですが、次第に何処かでエラーが発生するようになります。

長く続けば続く程、そのリスクは高まります。

ダフニア・ピュレックスは外来種

日本に生息するダフニア・ピュレックスは、実はアメリカ大陸から渡って来た外来種です。

彼女らは数千年前に日本へとやって来ました。となると、かなり長い期間を有性生殖を行わず、クローンによる増殖のみで生き抜いていたことになりますよね?

長い期間有性生殖を行わないと、その種は滅んでしまうそうです。

このままの状態が続けば、何れ彼女たちは日本から姿を消してしまうことでしょう。ダフニア・ピュレックスを取り巻く生態系のことも懸念されます。

まさに「今、ミジンコが大変!」なのです。

尚、アメリカ大陸に住むダフニア・ピュレックスは有性生殖を行うそうです。

日本にやって来た彼女たちは、何故メスだけで増え続けることになったのでしょうか?実に不思議ですよね。

占部教授の研究結果

ダフニア・ピュレックスに関しては、東北大学の占部教授が専門的に研究されています。(wikiのミジンコのページにも記載があります。)

・日本に生息しているダフニア・ピュレックスは外来種である

・雌雄による有性生殖を行わない

・4タイプの遺伝子型しか持っていない

これらのことを明らかにしたのが占部教授です。

ざっくりと書きましたが、以上はNHKのディレクターさんから聞いたお話にwebからの情報をプラスしてまとめたものです。

不思議なミジンコワールドに引き込まれそうですよね!

占部教授の研究結果はwebで閲覧可能です。興味がある方は是非どうぞ。

→ 東北大学大学院生命科学研究科のPDFを見に行く

→ CNETJapanさんの特集記事で振り返る

テレビ放送前に予習をしておくと、番組を見た時の学びが深くなると思います。

初!ミジンコ体験

せっかくディレクターさんに来て頂いたので、実際に里山がやっているミジンコ作業を体験して頂きました。

メダカのエサやり

ボトル内のミジンコを網で濾し、別の容器に移したものをメダカに与えて貰いました。

いつもは網で濾したものを直接入れているのですが、今日はスポイトで与える方式に。昔里山がやっていた方法です。ミジンコだけではなく、メダカとも触れ合って貰いました。

ボトル作り

エサ用にボトルを空けた分、新しいボトルを作り足さねばなりません。この作業も体験して貰いました。

やることは非常に簡単。洗ったボトルに汲み置いた水を入れ、エサとなるイーストを入れ、種ミジンコを移すだけです。

この時、ちょっとだけ難しいのがエサの加減です。多過ぎると増殖率が悪い上に、水質の悪化も早まります。

アクエ〇アスよりも薄い色をイメージしてイースト入り飼育水を作り、種ミジンコを入れて貰いました。

2時間程会話をして

最初は「きちんとお話出来るかな?」と心配だったのですが、気付いたら2時間近くが過ぎていました。

今まで知らなかったミジンコ情報も得られ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

Nディレクター、忙しい中わざわざ東京からお越し頂き、本当に有り難うございました!

おわりに

罹っといて良かったね、ミジンコボトル症候群。(笑)

ミジンコボトル症候群とは ミジンコをペットボトルで増やすことに無償の喜びを覚えた者の奇異な行動を、総じてミジンコボトル症候...

メダカとの出会いが無ければミジンコと出会うことも無かったし、当然ブログも書いていないので、今回の出来事も発生しなかったわけです。

何がどこでどう繋がるかわからないものですね。

「所さん!大変ですよ」の撮影が無事終わり、放映日が確定しましたら、ブログにて通知したいと思います。

コメント

  1. ジークフリート より:

    おめでとう!

    何事も能動的な行動で新たな展開が開けますよね!

    放送が今から楽しみです!

    • Medaka.Satoyama より:

      ジークさんへ
      コメント有り難うございます!

      自分のメダカやミジンコに対する思いを語っただけで、コレと言って何もしてないのですが、不思議な展開に。(汗)

      それにしても生物の世界って楽しいです!今回もこの件があったからこそ、ミジンコに対して深く学べました。
      常々私はメダカを「自然科学の大先生」と思っていますが、本当に先生の授業は最高ですね。楽しく無理なく学べるように、ちゃんとカリキュラムが組まれているのです。ミジンコの件に関しても、今の私だから対応出来ることなのであって、一昔前の私ならサッパリですからね。

      放送確定したら日時をお知らせしますね。

      また遊びに来て下さい!

  2. hidewon より:

    最近ここで勉強してミジンコ育ててます。
    いまのところうまくいかないですがいろいろ
    試してみてます。餓死が一番怖いと言われて
    餌やりをしてるんですが、なんか最初の餌やり
    でミスってる気も。テレビ日にちわかったら
    教えてください。楽しみにしてます。

    • Medaka.Satoyama より:

      hidewonさんへ

      コメント有り難うございます!

      ミジンコ飼育に関しては、他ブロガーさんのブログはもちろん、専門で取り扱っている業者さんのHPも参考にして下さいね。ここにある記事は私が実際やってみたことの記録であって、「正解」ではありませんから。参考になるといいな~と思って書いてはいますが。

      >餓死が一番怖い
      飼育当初いろいろ調べて、私も「え?ミジンコって餓死するの?!」とエサやりにオロオロしていました。そして、「餓死の恐れ」からエサをやり過ぎていました。結果、水質悪化を招くことに。

      水質悪化からの全滅の方が怖いということを学習した今は、様子を見ながら少量ずつ与えていく方法を取っています。

      >テレビの日にち
      放送予定日は一応聞いていますが、少し先です。また日が近くなったらお知らせします。

      どうぞミジンコ生活を楽しんで下さい!