冬のミジンコ事情―底土のあるなし他、いろいろと試してます。クロレラは屋外に放り出された模様。

習い事を始めた里山です。(バタバタです)

ヒレナガニアンたちは相変わらず、卵を産んでは産卵床以外のところにポロリしたり、自分たちで食べたりしています。そういった事柄も含め、大変可愛らしいので、しばらくそのまま置いておくことにしました。

中に入れてあるペットボトル内では、ダフニアさんがじわじわ繁殖中です。

室内水槽はそんな感じで動きが無く。視点を切り替え、タマ子たちの管理容器へ。

随分と気温が低下し、室内も同様に冷え冷えです。この寒い中、じわじわと増えているタマ子たち。勢いは無く、増えていかないままに終わる場合もあります。(寒さというより、水質による問題かな?)

今日は最近のミジンコ事情です。

紅白のタマ子

ミジンコは環境条件によって赤くなることがあります。中でヘモグロビンが出来るためです。

お正月も通常営業、里山です。 読者さんから頂戴したコメントの中に、「HbA1c」という単語を発見しました。久々過ぎて忘...

ここ最近、繁殖率が安定しているのは赤くなったタマ子。白っぽいタマ子が入った容器と比べて、僅かに良い感じがします。(爆発的に増えたりはしません。)

赤い個体群は、選んで増やしたわけではなく、飼育段階で勝手に分かれていきました。面白いな~って思います。

与えているエサ

エサは生クロレラをメダカの飼育水で溶かしたもの、または室内水槽の飼育水を使用しています。底土入り容器は基本エサ無しです。

クロレラ使用の場合、綺麗に緑色にならず底に沈殿してしまったものはダメなので、都度様子を見て水換えをしています。

余談ですが、寒くなったことを良いことにクロレラを屋外へ出しました。冷蔵庫の中がくっさくて、耐えれなかったんです……。外に出せてスッキリしました。

外部から水を持ち込まない理由

ミジンコ飼育に使う水は、室内水槽の水が主です。屋外水槽からは水を持ち込みません。理由は「虫が湧くから」です。

パッと見て綺麗に見える水の中にも、羽虫の幼虫であったり卵があるようで、室内に持ち込み2~3日もすると水面に虫が発生します。室温が低いのであちこちに広がる前に死んでしまうのですが……。

それと、屋外水槽でゴソゴソとするのが嫌なのも理由の1つです。

既にメダカたちは冬眠モードに入っています。近寄るのは必要最低限、基本は放置です。そっとしておきたいです。

水の中身は何?

容器内に以下のものを入れてみました。

小石

屋外の園芸土を篩にかけ、小石だけを取り出したもの。水の濁りは全く無く、綺麗。ミジンコの状態も落ち着いています。

体色の変化は無く、白いミジンコがじんわり増えています。

上記の小石を取り出した際に分かれたもの。ブロッコリーが植えられていた土で、改良材やピートモスなども入っています。

小石同様こちらも安定しており、ミジンコの色は白です。

乾燥した藻

屋外水槽を掃除した際、出て来たアオミドロです。乾燥してカラッカラになっていたものを細かく砕いて、水に入れてみました。

数日で白濁し、海草のような生臭いニオイが……。この水を希釈しタマ子を数匹入れてみましたが、最終的にケンミジンコ容器になってました。ケンちゃんを入れた覚えが無いのですが、どうやら藻に卵があった様子です。

メダカ水槽から取り出した小石

屋外水槽から小石を3つばかり取り出し、ハイドロカルチャーの玉土が入った瓶に投入。タマ子は消え、ケンミジンコが繁殖中。

おわりに

未だこれから寒くなると思われます。室温の低下に伴い、ミジンコたちも繁殖率が悪くなります。一冬越せるか、或いは全滅してしまうのか。

しばらく経過観察。

今年は屋外にもミジンコ容器を作りました。中身はダフニアさんです。今現在は姿を確認出来ています。来春まで耐えてくれるかな?