ミジンコの気持ちになってミドリムシを食べよう!緑汁とお菓子を購入してみたよ。

ミドリムシ入り緑汁を飲んでみた里山です。

以前、ミジンコのエサについての記事をあげました。

ミジンコを極めたい里山です。 「高タンパクのミジンコを育てるために」と、飼育水に牛乳を入れる方法があるそうです。(職場...

この記事を書きながら、「ではミジンコの最適食は何だ?」という疑問を抱きました。

ミジンコのエサになるものは複数あるのですが、その中でも気になったのが「ミドリムシ」です。

このミドリムシ、健康食品としてヒト向けに売られています。実に興味深いですよね。

ということで、ミドリムシ製品(緑汁、きなこひねり)を買って、実際に飲み食いしてみました。美味しかったよ!

ユーグレナを知っているか?

ユーグレナとはミドリムシのことです。

ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 Euglena の総称がミドリムシです。ややこしいですね。(汗)

動物的性質を持つ植物

ミドリムシは小さな藻の一種です。葉緑体により光合成を行う植物でありながら、鞭毛運動を行うなどの動物的性質も持ち合わせています。

田んぼにいる生物

淡水では普通に見られる、とても身近な生物です。田んぼや浅い溜まり水にいます。理科の授業の教材となることも多いですね。

実は高栄養食品

ミドリムシは栄養価に優れることから、サプリメントや飲料にも利用されています。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、EPAなど59種類もの栄養素を持っており、パラミロンという特有の物質も含んでいます。

期待されるパラミロン

β‑1,3‑グルカンの高分子体である天然物質です。難消化性であり、消化吸収されずに排出されます。

他、パラミロンには様々な働きをする可能性が示唆されています。機能性食品としての今後が期待されています。

β‑1,3‑グルカンとは

グルコースがβ1-3型の結合で連なった多糖のことです。

一時有名になったアガリクスや霊芝にも含まれている物質で、強い免疫賦活作用、制癌作用を持つと言われています。

ミジンコのご飯

ミジンコは自分より小さい生物(菌やプランクトンなど)をエサとしています。ミドリムシもその1つであり、実際にミジンコを育てるエサとして販売もされています。

高級ミジンコになれるか?

健康食品として売られる程に栄養価の高いミドリムシ。そんなミドリムシを食べて育ったミジンコなら、メダカのエサとして一級品なのではないでしょうか?

少なくとも牛乳飼育より上だろうと里山は思ったよ。

実験してみよう

ヒト用に調整されたものなのでどうかとは思いましたが、ミジンコにミドリムシ入りの緑汁を与えてみました。(もちろん、自分でも実際に試飲。青汁よりも飲み易いです。)

①カルキ抜きした水をペットボトルに入れ、ミジンコを数匹放つ

②水溶きした緑汁をスポイドで2滴ほど入れる

後はしばらくは経過観察です。

メダカのエサやりを終えて確認したところ、元気に泳ぎ回っていました。弱って死ぬような感じは無く、素早く動き回っています。(意外とミジンコは速い。)

順調に育つようなら、里山も緑汁で体内環境を整えつつ、ミジンコを育てつつ、そのミジンコで元気なメダカを育成と、一家揃ってのミドリムシ生活が始まることでしょう。

里山的にはメダカたちと一緒のご飯というのが嬉しいです。

おわりに

ミジンコのエサとして調べ始めたミドリムシですが、すごい生物ですね。

メダカ飼育を始めてから、本当にいろんな勉強をさせてもらっています。やはりメダカたちは偉大なる先生です!

メダカ大好き里山です。 我が家にメダカ大先生がやって来てからというもの、里山は本当に多くのことを勉強させて頂きました。...

余談

缶バッジプレゼントの当選者さんにも、ミドリムシ入りのお菓子(きなこひねり)を贈らせて頂きました。

3万PVを記念して? 遊びに行った先で缶バッジを作って来ました。 里山の手描きによる、素朴な缶バッジです。何かブログ...

里山の作った缶バッジだけでは、チョット物足りない感じでしたので。

是非、ミジンコになったつもりでミドリムシを召し上がって下さい!(※口に合わなかったらゴメンね。)