ミジンコを追いかけ始めた病気メダカの姿に、生物としての力強さを感じました。

ミジンコの観察が好きな里山です。

ロングフィンならぬロングフン(糞)をしている病気メダカに変化が現れ始めました。食欲が出て来たらしく、ミジンコを追い掛けるようになったのです。

病み上がりのメダカに、ミジンコはさぞかし消化に悪かろうと思いつつも、捕食者として獲物を追う姿に感動しました。

このまま一気に回復してくれると良いのですが。

放たれたミジンコ

病気メダカのカップには少量のミジンコが放ってありました。

食欲があるのかどうかもわからない状況です。ミジンコだったら欲しくなったタイミングで食べられますし、水を汚す心配も無かったので入れておいたのです。

当初、カップの中をミジミジと動く物体に、弱ったメダカは見向きもしませんでした。

特に何もしませんでしたが、徐々にミジンコの数は増えていきました。寒さの関係で大増殖はしませんでしたが、日に日に増えていく個体は視覚ではっきりと捉えられる程に。

それが今日、突然消えてしまったのです。

死骸が見当たらない

ミジンコは小さな生物ですが、死骸の確認は可能です。飼育容器の底に白くなって溜まっているのがミジンコの死骸です。複眼が黒い点になって見えます。

生きているミジンコは半透明なので、違いは一目瞭然です。

――その死骸すら見当たらない

「もしかして、食べた?」

確認のため、再びミジンコを投入してみることとしました。

潜って追う

病気メダカの周囲にはミジンコ容器が沢山ならんでいます。エサには困りません。置いてあったスポイトで何匹かを吸い上げ、メダカのカップに移してみました。

すると……

底に沈んだミジンコを追いかけ、パクッ!

見事捕食成功です。写真でメダカが口に咥えている小さな物体(黄色っぽい粒)がミジンコです。複眼の位置からして、お尻から捕らえた様子。

↑拡大してみると、しっかりとミジンコを咥えているのがわかりますね!

嬉しくなって10匹程追加しましたが、途中で食べるのを止めてしまいました。お腹が一杯か、動き疲れたかしたのでしょう。

活餌は消化に悪そうだと思いつつ、エサに反応してくれたことが嬉しかったです。

残ったミジンコはそのまま放置です。

食べる選択権はメダカにある上、沢山あげても水が汚れない。ミジンコって素晴らしいと思います。(※後に様子を見に行ったところ、ミジンコを追い掛けるメダカの姿が確認出来ました。完食です!)

固形のエサは食べなかった

ミジンコがいけるなら人工餌でもOKか?と、通常の粒子状エサを与えてみました。ですが、こちらには何の反応も示さず。

水が汚れるといけないので、沈んだエサはすぐに回収しました。

お腹が空いていても何でも食べるわけでは無いのですね。ミジンコを追うより、目の前に浮かんだエサを食べる方が楽そうに感じますが、その部分は判断基準ではないようです。

ヒレが開きだす

薬浴中は閉じていた尾ビレも、ゆっくりと開いて来ているのがわかります。

↑薬浴中。尾ビレだけでなく、背、尻ビレも閉じています。見るからに元気ナシ。

↓今日撮影したもの。ヒレが開きかけています。白く見えるのは病気ではなく光沢です。

メダカとは言語を通じた会話は出来ません。じっくり観察し、気付いてあげることが大切ですね。

おわりに

糞の状態はまだまだ良くないのですが、「もうダメかも知れない」という状況から、少しずつ回復しているのがわかります。

ミジンコを追うメダカの姿の力強さに感動しました。

弱ったメダカの看病もなかなか奥が深いです。