ミジンコの繁殖と水温の関係―夏から秋への移行時期に手を抜くと、すぐに全滅の憂き目を見ますよ。

ミジンコの踊る姿が大好きな里山です。

生物には繁殖に適した温度があります。そこを外すと繁殖行動を行いません。

例えばメダカですが、真冬の寒い時期に好んで交尾をしているでしょうか?ヒトだってそうです。暖も取らず、ガタガタと震えながらエッチをしますか?

しませんよね?

ミジンコも同じです。繁殖に適さない温度では増えていきません。子孫を増やす前に寿命が尽き、死んでいくのがオチです。

最近の水温、気にしていますか?

室内と屋外の気温差

9月も後半に差し掛かり、肌寒さが増して来ましたね。クーラーの使用頻度が減って、電気代も安くなって来た頃ではないでしょうか?(笑)

こういった温度差を感じる季節の変わり目は、飼育下の生物にとっても要注意な時期でもあります。

ミジンコも驚く

朝の出来事です。

メダカのご飯に室内で繁殖させていたミジンコを用意しました。室内のボトルの数本を網で濾し、ミジンコだけを残します。

残したミジンコを、屋外のメダカ水槽へ投入。

――え?何かおかしくない?

すぐに異変に気付きました。水槽内に入れたミジンコが全然動かないのです。

以前は水槽に投入した後、すぐに散っていました。元気に広い水槽を泳ぎ回り、メダカから逃げ回っていたのです。

が、秋になってからというもの、動かずに沈んで行くものがほとんどで。

何かが引っ掛かります。

部屋の中と外

何だかすごく気になったので、水温を調べてみました。

すると……

↑室内の水温。水棲生物にとって、生き易い温度ではないでしょうか。ヒトも過ごし易い温度ですよね。

↑ベランダに出た途端ギュギュンと下がり、水に浸すと……

↑最終的に18℃まで低下しました。

室内の水温は25℃。対して屋外の水温はと言えば18℃。

その差、実に7℃です!!

「こんだけ温度差あったら、そら驚いて動けなくなるわ。」

納得の瞬間でした。真冬の風呂場の脱衣所みたいなものですね。温度差が大き過ぎて、ミジンコも驚いたのでしょう。

メダカ大好き里山です。 メダカや金魚を初めて飼う人がやってしまいがちな失敗の1つに、「水合わせをせずに、生体を水槽に入...

繁殖力も落ちる

ベランダで飼育していたミジンコが増えなくなっていました。

気温の低下と連動しているのは気付いていましたが、今回の件で「水温は非常に大切なモノだ」と改めて知ることに。

メダカが好き過ぎて、どうにかなってしまいそうな里山です。 プレゼント用の幹之を選び終えました。極普通の幹之です。サイズ...

色々な理由で突如全滅するミジンコですが、水温の変化でも容易く全滅します。

水温とミジンコと繁殖

ミジンコにも繁殖に適した温度があります。繁殖不可な温度帯で飼育していると、寿命が短い彼らは次世代を残す前に死ぬこととなります。

容易く全滅してしまうでしょう。

水温チェックは大切

目に見えないけれど大切なモノを、ヒトの目にも見え易いようにしてくれた物、それが水温計(温度計)です。

ミジンコの繁殖力が落ちて来たという実感があるのなら、一度水温を計ってみましょう。温度は目に見えないモノですが、温度計を使って視覚的に見ることが出来ます。

おわりに

夏の間は爆発的に増殖していたミジンコも、だんだんと増える勢いが無くなっていく時期です。

休眠卵では無く、今までと同じようなサイクルで越冬させるには、本格的な冬に入る前にヒーターの準備が必要でしょう。

ふっとした拍子に全滅しますから、水温の管理にはお気をつけ下さい。