ミジンコの休眠卵はエダマメに似ています。ブドウのように粒が沢山ある場合は休眠卵ではありません。

室内水槽を片付け始めた里山です。

ミジンコ(ダフニア)が休眠卵を持ちました。

初めて見るそれは、タマ子の休眠卵とは違い黒色をしていました。体が大きいので卵鞘も大きいです。

休眠卵を持っていると背中が黒く見えるので、他の個体との区別も可能です。

今日はダフニアの休眠卵発見の話。

休眠卵が出来た

ミジンコは基本的には単為生殖で増えて行く生物です。メスがメスを産み、増えて行きます。しかし、外部の環境変化などによりオスが発生し、交尾をして休眠卵を産むこともあります。

休眠卵は乾燥状態などの悪環境下でも数ヶ月は生き延びる、まるで植物の種のような卵です。

生物との出会いが楽しくて嬉しくて、常に興奮気味の里山です。(病気かw) 今日は1日天気も良く、日中の気温も上がりました...

通常時にメスが体内に持っている卵とは、全く違う形をしています。

背中の黒いミジンコ

繁殖用に取り出した2匹が、やたら黒い背中をしていました。何だろう?と思い、じーっと観察していたところ、粒が2つ入ったエダマメの鞘のようなもの見えました。

――もしかして?!

黒い背中の正体が休眠卵だと気付いた瞬間です。

喜ばしいことかは謎

ミジンコが休眠卵を持ったということは、水質変化などの刺激があったということです。「今の内に種を残しとかないとヤバい!」と感じたということです。

休眠卵に気付いたのは今日のこと。それ以前は持っていませんでした。

ここ数日の内に何かしら「危ない」と感じる出来事があったのでしょうか。

ミジンコ飼育の怖いところは、突発的に全滅するところです。昨日まで元気で泳ぎ回っていたミジンコが、次の日には……ということがあるのです。

卵は発見したらストック必須ですね。

飼育容器の様子

休眠卵を持った個体は全部で4匹です。他は子ミジンコと通常の卵を孕んだ個体でした。

↓中央。縦に並んだ2匹の内、上は通常の卵を持ち、下は休眠卵を持っています。

↑休眠卵が背中に入っています。

↓通常の卵。ツブツブが一杯で色も違います。

同居しているケンミジンコに特に変化はみられません。水質は大丈夫と思うけど……。

休眠卵は黒いエダマメ状

ダフニアの休眠卵は黒く、形状は2粒入りのエダマメの鞘のようです。写真で背中側から見てみると、立体的でますますエダマメですね。

タマ子の休眠卵(白)しか見たことがなかったので、「本当に黒いんだ!」とちょっと感動しました。

おわりに

休眠卵を持った個体は、2匹はペットボトル、1匹はガラス瓶、残りはそのままと分けました。上手く卵が拾えたら良いなと思っています。

採取した卵は「みじんこの土」としてストックしておく予定です。