でっかいペットボトルでミジンコボトルデビューしたよ!結果は良好です。

ミジンコ熱が冷めない里山です。

毎日のようにミジンコを消費するので、ボトル増加&でかボトル追加しました。

フケと呼ばれる幼生から、ころっころに太ったミジンコになるのが楽しい!そのころっころが子どもを産んで、ボトル内で大繁殖するのが面白い!

増えたミジンコはメダカのお腹へGOするのですが、いや~……飼育楽しい。

でかボトルを作った

2ℓのペットボトルでミジンコボトルを作ってみました。最近チビたちの食べる量が増えつつあり、500mlのボトルだと忙しくなって来たからです。

容量が増えた分、ミジンコが充分に増えるまでの放置時間も長め。週1回、中身を網で濾し、メダカたちに与えています。

ミジンコの量的には、500mlを4本分くらい。ミジンコ捕獲時に4本濾すことを考えれば、1回ざばっとやるだけなので手間が省けます。

最初はミジンコのエサで立ち上げ

立ち上げ時は水にミジンコ用のエサを溶いて作製しました。

確かに増える速度は速いのですが、水が超くっさい!!ボトルの底に白い沈殿物が溜まり、ミジンコを取り出す際の邪魔に。

そう、500mlで開始した初期と同じです。

ミジンコを増やしつつある里山です。 今回はミジンコ初心者の私が、実際の飼育を通して学んだことをQ&A方式で記事にしてみ...

今は悪臭はしなくなりました。飼育水の生臭さはありますが、腐敗臭ではありません。理由は、ミジンコのエサを止めたからです。

グリーン化した水

1回目に中身を出した時、全てを出し切らず3分の2を残しました。水全部を出してしまうと、ボトルの底の汚物が出て来てしまいます。一度ミジンコが絡まってしまったら、汚物ごとミジンコを処分しなければならなくなります。

それは勿体無いなと、汚物が出て来ない範囲で水を流した結果です。

もちろんミジンコも残っています。これを種にし、足し水をして再び放置です。

エサの成分に植物性の何かが含まれているのでしょうね。数日で水の色が緑に変化して行きました。

こうなれば500mlのボトルと管理は一緒です。エサはイーストに切り替えました。

ミジンコを育てるためのエサを飼育(?)している里山です。 イースト菌の使用を止めると言ってから、まだ4日しか経っていな...

悪臭も無く、ミジンコは元気に育っています。

太ったミジンコ

ミジンコボトルを始めて1ヵ月半が経ちました。今では500mlのボトルが16本になりました!

増えるのが楽しくて、ペットボトルを見るとつい増やしてしまうんです。

ミジンコボトル症候群とは ミジンコをペットボトルで増やすことに無償の喜びを覚えた者の奇異な行動を、総じてミジンコボトル症候...

さておき、繁殖が上手く行っているボトルとそうでないボトル。泳いでいるミジンコを見続けていたら、増えない理由が何となくわかりました。

増加が芳しくないボトルのミジンコは、太っていないのです。

ころっころのタマ

里山宅のミジンコはタマミジンコです。名の通りタマのような姿になるミジンコです。

よく増えているボトルのミジンコは、「太り過ぎじゃない?」と思うくらいにころっころです。

この太っている(よく育っている)というのが1つのポイントらしく、種ミジンコに太ったミジンコを選ぶと増えるのが早いです。(統計は取ってないので、正確なことはわかりません。参考までに。)

メダカもミジンコも「太っている」とうことが、繁殖には重要なんですね。

おわりに

ミジンコ飯は我が家のメダカの大好物です。すぐに飛びついて来ます。

ミジンコウキクサとは大違いだ!買って良かったな、タマミジンコ。可愛いメダカたちのご飯作り、ミジンコ飼育に励みたいと思います。