メチレンブルーに染まるメダカの卵―やはり最初の1個は無精卵でした。星河の子作りは続く!

今日もメダカに首ったけ、里山です。

星河の産卵が続いています。先回は抱卵を確認出来たのは1匹のみでしたが、今回は3匹のメスが卵を抱えていました。小振りな体らしく2~3個程度です。

一番大きなメスは今回で2回目の抱卵になります。体が慣れてくるのでしょうか?今日は5個程の卵をつけていました。初めての1個と比べると、とても多くなった感じがしますね。

メダカ水槽の掃除をしていた里山です。 強烈寒波が来るなんて本当かな?と思ってしまうような、温かく天気の良い一日となりま...

今回は初採卵となった1個のその後を書いていきます。

卵の管理方法

メダカの卵管理の仕方は人それぞれです。

・付着糸を除き、1個ずつバラして水道水で管理

・産卵床(水草)ごと別の容器に移し替え、放置

・何もしないで自然に任せる

上記の3つが主だった方法では?と思います。

付着糸を除く方法

1個ずつ丁寧にバラし、水道水で管理する方法です。

コスモメダカの孵化が順調で、ニッコリ笑顔の里山です。 前回記事の続きを書いていきたいと思います。 ...

水道水を使用する理由は雑菌の繁殖を抑えるためです。メチレンブルーを溶かし、更に効果を高める場合もあります。

産卵床ごと移す方法

初心者でも簡単!特に何の管理も要りません。卵の産みつけられた産卵床(水草)を、別容器に隔離しておく方法です。

1つずつバラす手間をかけない分、無精卵にわいた水カビが隣の卵を侵す可能性があります。

何もしない

十分な広さのある水槽やビオトープなら、自然に世代交代してくれることでしょう。

小さな水槽の場合は不向きです。卵はもちろんのこと、産まれた稚魚もすぐに成魚たちのエサになります。

「特に何もしてないけど、何年もメダカ減ってないよ」という方がたまにいますが、稚魚が隠れられる場所と、逃げられるだけの広さがある器での飼育されてるのだと思います。

メチレンブルーに染まる

今回は採卵した卵が1個だけだったので、メチレンブルー溶液で管理することにしました。

初めて魚の薬を買った里山です。 様子見をしていた病気のメダカですが、塩浴では根本的な症状改善をことが出来ませんでした。...

ボトル裏の希釈濃度は単位が大き過ぎて、小さな容器(容量)に使用する場合は計量が難しいです。入れ過ぎないように、スポイトで少しずつ薬品を溶かしていきます。

色としては薄い水色です。

フォント色が見辛いですが、大凡の目安として……

■ 少し薄め

■ 程好い

■ 濃過ぎ

今回は若干薄めで調整しました。

2つの青

メダカの卵をメチレンブルーに浸けると、2つのパターンが見られます。

・表面だけが青く染まる

・中まで青く染まる

表面だけは有精卵

卵膜のみが青く染まるのは有精卵です。中の色は変化しません。

中まで染まったら無精卵

卵膜だけでなく中身まで青く染まってしまう卵は無精卵です。

無精卵の変化

星河初となる卵は無精卵でした。メチレンブルーに浸けておいたら、何時の間にか青い粒になっていました。

更に1日置いてみると……

水カビが発生しました。完全に死んでいますね。

多くの卵を管理する場合、疑わしき卵を発見したら即廃棄です。「もしかしたら孵化するんじゃ?」と甘い期待をせず、青く染まったものはすぐに処分しましょう。

おわりに

卵の管理にメチレンブルーを使用するか否かは飼育者の判断です。必須ではありません。

里山は基本的に放置主義ですが、今回は手元に薬があったので使用してみました。

無精卵と有精卵がイマイチ見分けられない、毎回卵をカビさせてしまうという人は、一度使用してみると良いかも知れませんね。