エロモナスなメダカ、持ち直す。要因は何?いや、飼育者にもわかりまへん

チョコレートが大好き、里山です。

『死期が近い』と予想していたエロモナスなメダカのモナ子。

カレー大好き里山です。 土日は雪が降り、月曜はぐっと冷え込んでと、メダカたちにとって厳しい寒さが続いています。朝方は水...

理由はさっぱりわかりませんが、翌日になったらピンピンしていました。

嬉しい反面、先日までの弱り具合は何だったのかと、頭の片隅がモヤモヤしました。単純に寒過ぎて活動が鈍っていただけなのか、はたまた一晩の内に何か劇的なことが起こったのか?

何がどうなったのかは謎なのですが、とにかく持ち直しました。

今は薬浴も止め、普通の水(※普段は汲み置きした水道水を使っています)に戻して経過を見ています。

メダカ、峠を越える?

メダカが弱っているという記事を書いた、すぐ翌日のことでした。力無く、プカ~っと浮かんでしまっていた姿は何処へやら?モナ子はヒレをヒラヒラさせて、容器内を泳いでいました。

「おおおっ!?」

昨日とは大違いの姿に、思わず声が出てしまいました。それぐらいに驚く出来事でした。手の施しようが無く、もう治らないだろうと完全に諦めていたのに……!

――東洋医学でいう陰陽転化がメダカにも起こるんだろうか?

等と思いつつ、モナ子をまじまじと見てしまいました。

陰陽転化とは

陰極まれば陽に転じ、陽極まれば陰に転ずるという変化です。

昼と夜の移り変わりが例としてわかり易いと思います。夜明けは薄暗いですが、日が昇る(陽の気が強くなる)につれ明るくなり、太陽が真上に来る正午には陽の気が一番強くなります。ですが、次第に日は傾き、陰である夜が訪れます。しかし夜もずっと続くわけではなく、深い夜闇を抜けた後に朝を迎えます。

モナ子の場合も、体内でどちらかの気が強まった後、それとは逆に転ずる何かが起きたのかも知れません。

メダカの病気を東洋医学的にみて、きちんとした証(あかし)を立てられたらのなら、治療の仕方がわかるかも……。実に興味深いテーマである。

薬浴を終えて、ただの水に戻す

病気のメダカに対する薬浴は、ずーっとし続けたりはしません。薬品の注意書きにある容量と日数を守り、浸かりっ放しにならないようにしています(たまに忘れることもありますが……)。

モナ子も薬浴を終え、今は普通の水で生活しています。

おわりに

この日、モナ子にエサをやりました。じっと見ていたら、水面近くにやって来て「ちょうだい」という様に口をパクパクしたからです。少量与えてみると、すぐに完食してしまいました。水底に沈んだエサを泳いで取りに行く程でした。

あまりやり過ぎても水が汚れてしまうし、消化管への負担もあるでしょうから、少量を数回にわけて与えました。全部食べてくれました(^^)

食べられるだけの力がある姿は、見ていてホッとします。快方に向かうと良いな。