ひとつ水槽の増えたベランダの風景。最近の生物たちの様子と、メダカ野菜の味報告。

足場の狭いベランダで、常に落下の危険と隣り合わせの里山です。

無理矢理水槽を増設したせいで、ベランダの足場がさらに狭くなりました。仕方無いので菜園用の土を一袋おっさんに献上し、若干のスペースを確保しました。

土を出すためにジャガイモを早期に収穫したのですが……。

今日はベランダで生きる動植物の近況報告です。

幹之メダカ

里山宅の飼育数最多メダカとなりました。水槽は大きめの発泡容器×2、中×1、小×1の合計4つです。

現在もチビたちが次々と孵化している最中です。

ここまで増やすつもりは無かったのですが、親もチビも「超」がつく程愛らしく、どんどんと増えて行ってます。

親メダカは中水槽

大きくなったチビと小水槽で同居していたのですが、今後の飼育計画に沿って中型水槽に引越しました。

食いしん坊のメスが相変わらず卵を食べてます。

卵を食われた里山です。 我が家の幹之は全部で5匹。内3匹がメスなのですが、どうも1匹食いしん坊さんがいます。今朝も口の...

この子たちが泳ぐ水はすぐにグリーン化します。この件に関しては、何れ別記事に起こすこととします。

ともあれ、元気です。

カメラの前をゆっくり泳いで、綺麗な写真を撮らせてくれるのはこの子たちだけ。メダカにも性格の違いってあるんだなぁと、つくづく思います。

大きいチビは小水槽

早くに生まれ、体格のガッシリして来たチビたちは、もともと親メダカたちが泳いでいた水槽で生活しています。

親(=天敵)がいなくなったため、チビ以外にも孵化した針子たちの姿が見られるように。底に沈んだ卵、水草に産みつけられた卵の両方から、どんどん孵化しています。

せっかく泳ぐスペースを確保したのに、数日で過密っぽくなってしまいました。

この水槽の子たちは人工餌は好まず、与えてもほぼ食べません。ミジンコにも限度があるので、そろそろ普通のエサも慣れて欲しいかな。

大水槽には針子ちゃん

片方は死の水槽のようになって来ましたが、2つとも針子専用(?)です。

幹之の生死を見つめる里山です。 稚魚の大量孵化に伴い、水槽を1つ増設しました。かなりの急ごしらえです。 きちんと...

水の出来ていない水槽は、やはりダメですね。今朝も数匹が落ちていました。

幹之のチビ自体が死に易いと感じていたのですが、水の質で死に方に随分差が出ました。

幹之のチビたちの死に、どうも納得出来ない里山です。 コスモやブチ子のチビたちが元気に育っていく中、幹之のチビだけがぽこ...

親メダカが作ったグリーンウォーターによる飼育と、ただカルキを抜いただけの飼育水では「天と地程の開きがある」と思います。

見えないモノを見る力が大切ですね。

コスモメダカ

大水槽×2で飼育しています。

ひとつはセキショウと赤玉土で作った水槽で、親メダカと育ったチビが6匹混泳。もうひとつはチビたちオンリーの水槽です。

幹之と違い、コスモのチビたちはほとんど落ちていません。孵化した内、数匹が(早い段階で)落ちたのみ。ほとんどの子たちが生き残り、グングンと成長していってます。

親子水槽でもイジメは無く、エサも沢山食べます。人工餌、ミジンコ、どちらも選り好みせず食べてくれるので、飼育者としては有り難いですね。

白・緋メダカ

小水槽×1で白・緋が混泳しています。孵化したチビが仮飼育水層に泳いでいます。

生まれた子は白になりました。ブチ子の子じゃ無かった様子。残念!ですが、白の系統は残しておきたかったので、結果オーライです。

水槽の置き場に困っている里山です。 昨日のことです。白メダカとブチ子の共存している水槽の水草メンテを行ったところ、お宝...

野菜たち

スペース確保のためジャガイモは早々に収穫。悲しいかな、取れたのは3個のみ。ですが、廃棄寸前だったジャガイモが3倍に増えたことになるので、「良し」としました。

プチトマトも順調です。

この野菜たちはメダカ水槽の底土で栽培しました。

時折、液肥代わりにメダカの飼育水を与えていたのですが、味は上々!特にトマトは美味しくて、市販のものより美味しく感じました。

ただの赤玉土がメダカたちの排泄物で熟れて、野菜を収穫出来るまでになったのだから、すごいことです。

夏はトマトで終了ですが、土を休ませ、秋野菜に備えたいと思います。

夏のワサビは?

ワサビは大きくなったものと、そうでないものの差が著しいです。

この差は何かと言うと、「根の張り具合」です。上が貧弱で成長の乏しいものは、総じて根が張っていません。

根茎のみであっても即枯れるわけではないので、しばらくは生きています。この間に新しい根が出れば未だ期待出来ますが、そうでないのなら枯れます。

根茎が腐ったこともありました。その時、土から悪臭(ヘドロのような臭い)がしていたので、今は水換えの時に臭気がないかもチェックしています。

おわりに

メダカも植物もみんな元気です。

ベランダは里山にとって無くてはならない大切な癒し空間であり、自然を学ぶ学校でもあります。

これからもせっせとメダカたちと植物の世話をしたいと思います。