メダカの稚魚が育つ水槽で、オオミジンコがばっさばさ泳いでいます。変な虫も発生してるよ!

お風呂が大好きな里山です。

白幹之の稚魚水槽は2つ。孵化時期が同じであるのに、成長の仕方に違いがあることは以前記事にしました。

おたまの変態に感動している里山です。 春に生まれた稚魚たちがどんどん大きくなっています。ただ、大きくなる速度がちょっと...

水槽を覗き見て、明らかに大きさが違うなと再度実感。

観察途中、ふっと水槽の隅に目が行きました。ばっさばっさと泳ぐミジンコの姿が見えたからです。一緒に泳がせてあったオオミジンコ(ダフニア・マグナ)です。

絶対に口に出来ない大きさのミジンコの周囲には、何故か稚魚が集まっていました。どうやら生まれたばかりの小さいミジンコを狙っている様子です。

広い環境に勝手に増えて行くエサ。そりゃ差が付きますね~。

隅に集まるミジンコ

別にマグナ様に限ったことではないのですが、ミジンコって水槽の隅によく集まっていますね。成魚のいる水槽では見られませんが、稚魚水槽ではよく見ます。

集まっているミジンコの周囲には、稚魚の姿がチラホラ。じっと見ていると、何かを捕まえている動作が確認出来ます。

お食事中なんですね。

ある時を境に減る

最初は順調に増えて行くミジンコですが、ある一定の時を経て減少傾向に移ります。

稚魚が成長し、口のサイズが大きくなる、食欲が増すことにより、増加より減少の速度が速くなるためと思われます。

選別漏れは別の水槽へ

ミジンコの減りを防ぐ意味でも、選別漏れした個体は他所の水槽に移ってもらっています。

全然極めていない極ブラックちゃんたちも、白っぽい個体の一部は移動してもらいました。

トマトを植え終えた里山です。 ここ数日の天気が良かったせいか、稚魚たちが一斉に大きくなりました。やはり光と温度は重要で...

稚魚が成長すると、本当にあっと言う間にミジンコがいなくなります。

マグナ様の場合は本体こそ難を逃れるでしょうが、子は食べられるため、数を増やすことが出来なくなります。

かなり大き目の容器で共存させない限り、何れミジンコは消えて行くでしょう。

ミジンコの傍らで

稚魚水槽で発生している生物がもうひとつ。

何かの幼虫です。多分ユスリカのような羽虫の系統と思いますが。

このウニョウニョちゃん。最初は気持ち悪くて捨てていたのですが、成魚の水槽には何故いないのかを考えた時にピンと来て、捕獲するようになりました。

エサになる生物

捕獲したウニョウニョちゃんたちは、ぽいっと成魚たちの水槽へ。そう、活餌です。

卵らしきものはどの水槽にも付着しているので、「成魚の水槽にいない=食べられている証拠」と思いました。

実際に与えてみたところ、ウニョウニョちゃんたちは成魚に大好評です。ミジンコと同じくらいよく食べます。

パッと見た感じ汚い稚魚水槽ですが、メダカたちには別の世界が見ているのかも。

おわりに

後日、同じ水槽内で子エビを発見しました。エビちゃんの卵が孵化していたのです。

稚魚と一緒なら食べられることも無く。ある程度大きくなれば、成魚にも狙われません。共に大きくなって行って欲しいものです。

ともあれ、メダカ以外にも水槽の中には「面白い」が一杯。ついつい見続けてしまいます。