メダカの稚魚の体色は、なぜ親メダカとは違うのか―稚魚の成長と色素胞。体色には血液やホルモンも関与する。

冬飼育開始で電気代が2倍になった里山です。(汗)

――親メダカは綺麗な赤や黄なのに、稚魚は何で茶色っぽいのか?

以前そんな質問を頂きました。その時は「細胞が未発達だからでは?」と、曖昧な答えを返してしまいました。きちんと調べたことがなかったのです。

先回ラメについて調べたのですが、ついでに稚魚の体色についても調べてみました。

色素胞と体色

メダカの体色は鱗の色素胞の分布と活動により決まります。

鱗の前方はメダカの真皮に深く刺さっており、その後方、表皮近くの部分に色素胞は分布しています。

色素胞の活動

体表近くにある色素胞は、細胞内で色素の合成と蓄積を行っています。また、色素の凝集と拡散によりメダカの体色を変化させています。

色素胞の中には色素顆粒という粒があるのですが、それが集まったり広がったりすることで、体色が濃くなったり薄くなったりするように見えます。

色素胞の色

メダカの場合、黒、黄、白、虹の4種です。

メダカ大好き里山です。 近所のホームセンターのメダカちゃんたちは、どこも似たような品揃えです。黒、緋、白、青、青ヒカリ...

この内、虹色素胞を除く3種は内部に球状色素顆粒を持っており、光に対する反応性があります。

メダカの水換えをした里山です。 水草メンテのついでに、チビ専用水槽の内1つを掃除しました。 準備していたプラケー...

鱗と色素胞

さて、今度は色素胞のある場所です。色素胞は鱗上にあります。これが今回のポイントで、成魚(親)と稚魚の体色の見え方に関係してきます。

親にはあって子には無いモノ

メダカの稚魚は卵の中にいる時(胚の状態)から孵化して暫くの間、鱗がありません。鱗の発生が確認出来るのは、体長がおよそ1~15mmになった頃です。

このため、稚魚の体の色素胞はブツブツと目立って見えます。

黒・青系統

黒色素胞の色が目に付き易く、稚魚は黒っぽく見えます。

色素顆粒の凝縮度合により、濃い黒だったり、ややグレーっぽく見えたりと変化をします。

白・黄系統

白色素胞は見えなくも無いですが、黄色素胞の色が目立って見えます。稚魚の色としては全体的にクリームっぽい色合いになります。(黄、茶、乳白色と感じ方は様々ですね。)

やはりこの色も色素顆粒の働きにより、濃く見えたり薄く見えたりと変化します。

成長するにつれて

生まれてすぐのメダカの稚魚は、成魚とは違った体型をしています。全体に丸っぽい鰭(膜鰭)がついており、成魚のようにはっきりとわかる形の鰭をしていません。

成長と共に骨格がしっかりとしてきて、鰭もきちんと〇〇鰭とわかる状態になって行きます。稚魚に腹鰭が確認出来るようになる頃、鱗も出来てきます。

この頃には黒、黄といった大まかな色彩ではなく、成魚に近い体色が現れ始めます。

成長の段階で違う色

今現在育成している星河で、成長が早い個体と遅い個体の体を比べてみました。(どちらも同じ頃に生まれた個体です。)

↓始まりはここから。鱗の無い、ちゅるんとしたチビ助でした。

↑成長が遅い個体。未だ全体的に黒っぽい感じで、ブツブツとした点が見えます。

↓成長が早い個体。ブツブツは一切無く、鱗が輝いて見えます。

成長が一目瞭然ですね。

色を左右するのは

体色は色素顆粒や血液により変化します。これらの変化は神経やホルモンの支配下にあり、様々な刺激により異なってきます。(鱗には神経組織が付着しています。)

色揚げのためにエサを工夫したり、環境を整えたりするのはこの為です。

おわりに

まとめながら「ほほう、成程」と思いました。今年の産卵期は、今まで以上にじっくりと稚魚の体を観察しようと思います。