どうして卵を産まないの?繁殖期に入ったのに、メダカたちが卵を産んでくれない理由を考える。

ミジンコ帝国の参謀から一転、覇者を目指し始めた里山です。

星河が卵を産んでくれません。ここのところ寒い日が続いているので、その影響もあるでしょうが、とにかく産みません。新居に移ったグループ、残ったグループ、共にです。

周囲のメダカたちが次々に抱卵をしているのに、これはオカシイ……。

「何だろう?」と考えて、思い浮かんだのが季節感の狂いしかありませんでした。が、それもあやふやです。謎です。

さておき、今回は繁殖期になってもメダカが卵を産んでくれない場合、何が考えられるかをまとめてみました。あくまで里山の経験からの「まとめ」ですけどね。

メダカの繁殖条件

メダカの繁殖条件を知ると、自ずと繁殖しない時の理由がわかってきます。繁殖の条件としては……

・オスとメスがいること

・成熟した個体であること

・オスとメスの体格差があり過ぎないこと

・日照時間が13時間以上あること

・十分な栄養が与えられていること

・水温が15℃~28℃あること

「光」「栄養」「水温」の3つが揃わないとメダカは繁殖行動を行わないので、これは重要と言うより最低限満たしていなければいけない条件です。

飼育歴を重ねて行くにつれ、体格に関することや、雌雄でペアが組めているかの方が重要なのではと思うようになりました。

オスとメスがいる

メダカは単為生殖を行わないので、必ず相手が必要になります。ペアの確認をしましょう。

雌雄の見分け方は幾つかありますが、一番わかり易いのがヒレの形状の違いだと思います。メダカのオスの背ビレには、メスにはない切れ込みが入っています。

また、交尾の際にメスを抱き寄せ易いように臀ヒレが大きくなっています。

最低限の条件を満たしているのに抱卵してくれない時は、一度雌雄を確認してみて下さい。

成熟した個体

幼魚同士では繁殖行動は行われません。

メダカの成長は早いもので、孵化後2~3ヶ月も経てば成魚になります。販売されているものに関しては、ほとんどが成魚でしょう。

繁殖のための掛け合わせには、必ず成魚を使用します。

晩夏に生まれたメダカの場合、春先になっても成熟が不十分なことがあります。小さい内に秋冬を挟んだことで、成長が一時的に止まってしまったためです。

春から夏にかけて再び成長を始めますから、しばらくは経過を観察します。

体格差があると上手くいかない

メダカのオスはメスに寄り添い、ヒレでその体を抱き交尾をします。その行動が阻害されるような場合、繁殖が上手く行きません。

オスメスの体格差が有り過ぎる、メスの腹が大き過ぎるなどした場合です。

ダルマメダカのような特殊体型のメダカの繁殖が難しいことからもわかります。体格差はあまりない方が良いです。

無精卵しか生まれていない時にも、注意した方が良い部分です。(対格差により、オスが精子を上手くかけれていない可能性があります。)

日照時間

メダカの繁殖は光依存です。日陰に水槽を置いていませんか?

エサは十分か

繁殖行動にはエネルギーを伴いますし、卵を産めるだけの栄養も必要になって来ます。エサを十分に与えていますか?

水温は適温か

暑過ぎても寒過ぎても抱卵しません。水温は適切でしょうか?

条件を満たしていても

里山宅の星河のように、「光」「栄養」「水温」の最低限の条件を満たしていて、体格差の著しくない(一度は繁殖行動を行った)雌雄を泳がせていても抱卵が見られない場合。これは特殊ケースと思います。

経過観察しながら、飼育方法の見直しやエサ変えをしてみたいと思います。

他、何かメダカのストレスになっていることは無いか、環境も見直してみます。

おわりに

探したら、もっと沢山の卵を産まない理由があるかも知れません。病気があるとか、環境ホルモンの影響だとかです。

ただ、多くの場合は上記の何れかに該当していると思います。

それにしても星河、なぜ卵を産まなくなった?

コメント

  1. あお より:

    いつも楽しく読ませていただいております。
    環境ホルモン、影響でオスがその生殖機能を失われメスのようになる。といわれる物騒な物質と記憶しております。当時は騒ぎになりましたが、報道されなくなって久しいです。無事に産み始めると良いですね。

    • Medaka.Satoyama より:

      あおさんへ

      コメント有り難うございます。

      何だかんだ言っても、未だ4月ですからね。本番はGW頃と思っていますから、のんびり待ちます。
      メダカたちも、もしかしたらせっつかれてストレスを感じているかも知れないですし。

      里山