メダカの卵を採取したら、全て割れてしまいました。……え?何で?

卵ハンター里山です。

4月5日に採取した卵ですが、中にチビの原型が見え始めました。気温が不安定で水温13~18℃を行ったり来たりで、たまに保温対策もしましたが胚の成長が見れて嬉しいです。

誕生させるまでにまだまだ一苦労あるのですが、それでも嬉しいことに変わりありません。

調子に乗った里山は、やらないと言っていたのに強引にメスから卵を採取。そこで全ての卵が割れるという不思議な体験をしました。

受精卵は硬い!

メダカの卵は多精拒否です。未受精卵には卵門という精子の入る穴が開いているのですが、受精と共に穴は閉じます。他の精子の侵入を拒むためです。

次第に卵膜は硬くなり、指で軽く摘んだくらいでは潰れない硬さとなります。

そう、硬くなるはずなのですが……。

採卵した卵の全てが割れた

本日、幹之とコスモのメス1匹ずつから卵を採取しました。自然に産み付けるのを待っていると、他者に捕食されてしまうからです。

抱卵していたメスを網ですくい採卵開始。すぐに卵は取れました。

付着糸を取って卵をバラそうとした矢先です。ぷちゅんという感覚とともに、卵が潰れてしまいました。未受精卵だったのかな?と、もうひとつ摘んでみましたが結果は同じ。

ぷちゅぷちゅと潰れ続け、最終的に1つも残りませんでした。

初めての経験に、一瞬何が起きたのかわかりませんでした。

受精卵は軽く指で摘んだくらいでは潰れません。ゴマや粟などの雑穀を摘んだような硬さがあります。全部が未受精卵だったのか、もしくは交尾したて?など、色々考えましたが結局わかりませんでした。

過抱卵になる原因は何か

困った時は専門書だろうと、以前購入した本をパラパラと捲ることに。すると、そこには「自然抱卵」なる文字が。

オスとの交尾で排出されなかった卵が、自然に排出されることがあるというのです。

しかし、自然抱卵された未受精卵は時間の経過と共に受精能力を失います。つまり産卵してすぐに精子をかけてもらわないと、受精出来なくなるのです。

成程。あれだけ腹のでかいメスなら、自然抱卵してもおかしくはないなと。未受精卵は柔らかくて潰れ易く、置いておいても孵化もしません。私が採卵したのは、自然抱卵の卵であったのでしょう。

ん?じゃあ、過抱卵は何で起きるんだ?!

パートナーとの相性が全てでは無い

過抱卵とは、体内に排出されなかった卵子が溜まる病気(?)です。メスはオスからの交尾刺激が無いと卵を産めないため、適度に交尾をしないとお腹に卵が溜まっていきます。

ネットで調べられる情報を見ると……

・オス不足

・オスとの相性が合わない

ということが原因として挙げられています。要は「オスの交尾刺激が得られず卵が埋めない」ということです。

ですが、自然抱卵が出来るのなら、そんなことにはなりませんよね。

「交尾の際、メスの産卵にはオスの刺激が要る」というのと、「メスが体外に卵を放出するには、絶対にオスからの刺激が要る」というのでは、意味合い的に大きく異なってきてしまいます。

過抱卵になってしまうメスは、パートナーを得られないという原因の他に、体内に何か重大な疾患があるのかも知れません。

メダカ大好き里山です。 楊貴妃のメスが他界しました。原因ははっきりとしません。見た感じは過抱卵のようにも見えます。 ...

以前死なせてしまった楊貴妃が過抱卵であったのか、或いは重篤な内臓疾患があったのか?再び迷路にはまり込んでしまいました。

おわりに

受精卵の硬さと、今回潰れた卵の硬さは、明らかに異なりました。

――潰れてしまった卵は、一体何であったのか?

疑問は募るばかりです。