メダカはいつまで卵を産むのか―漂う秋の気配。気温が高くとも日照時間はどうですか?

真っ赤なタマ子に心ときめかす里山です。

先日読者さんから質問メールを頂戴しました。本人には既にメールにてお返事したのですが、メダカ初心者の参考になるかな?と、ブログの方でも回答させて頂きたいと思います。

かなり端折りますが、以下のことが今回の焦点です。

――春先に生まれたであろうメダカを購入したが、卵を産んでくれない。理由は何か?

里山なりに回答してみました。

卵を産まないのは何故?

メダカが卵を産まない理由は多々あると思うのですが、今回のケースでポイントかなと思ったのは……

・春先に生まれたメダカ

・9月という時期

・購入したて

この3点です。

春先に生まれたメダカ

「春先」というのは、購入時の大きさから推測されたようです。

しかし、ここはちょっと疑問。

何月という区切りがし難いですが、4月~5月生まれの個体であれば5ヶ月を経過した今、完全な成魚となっています。平均寿命1年と言われる魚ですから、5ヶ月も経てば立派な成魚です。体も随分と大きくなっており、産卵も可能です。

あともうひとつ、夏のメダカ屋さんは飛ぶようにメダカが売れます。次から次へと孵化・育成を行っても間に合わない場合もあります。

春先に生まれた個体は、既に出荷後と思います。

となると考えられるのは、7月~8月前半頃に孵化した個体の可能性です。

この頃に生まれた個体であれば、完全に成熟し切っていなくても不思議ではありません。成熟していなければ繁殖行動は取りません。

9月という時期

繁殖の最盛期と比べ、日照時間が随分短くなっています。日中暑く感ずる日があったとしても、気温が高いというだけのこと。確実に日照は変化しています。

ここ数日、ブログ放置でのんびりとしていた里山です。(積極的休暇!) お盆が終わってしまいましたね。 幾ら暑い夏と...

日照時間、つまり昼(明るい時間)と夜(暗い時間)のバランスは、メダカの体内におけるホルモン分泌を左右しています。

暗い時間が増えればメダカの体内では活動を抑える方にスイッチが切り替わります。

里山のメダカたちも未だ一部は卵を産んでいますが、極僅かです。最盛期の3分の1もありません。今月も下旬に差し掛かれば産まなくなることでしょう。

ちなみに、先日9月12日の日の出と日の入りは……

日の出 5:32:46  日の入 18:04:43

約1ヶ月前にあたる8月12日は……

日の出 5:09:38  日の入 18:45:17

メダカたちに限らず動植物たちは敏感に季節を感じ取っています。太陽と月の生み出すリズムは、彼らにとっての基軸です。

購入したて

移動直後で驚いている可能性もあります。しばらくは環境に慣れるまで様子見です。

以上、参考になれば幸いです。

プロの人に聞けば全然違った答えをくれるかも知れませんね。里山の持ってる知識ではここが限界です。

コメント

  1. somari より:

    里山様、はじめまして。
    いつもブログ拝読させていただき、楽しく勉強しています。ありがとうございます。
    私、めだかを飼い始めて1年半の初心者です。最初の子は、幹之3匹でした。可愛くて毎日眺めていました。卵を付けているのを発見したときは嬉しくて採卵の毎日。そのうち、手に余る程増えてくれて知り合いに貰っていただいたりして、今は、最初の子の玄孫まで飼っています(*^^*)
    飼育方法は、最初の親めだかだけ屋内で、子達は、屋外の黒発泡スチロール箱に赤玉土を敷き詰めています。
    居住地は、奈良県の北西地域です。
    この飼育方法で、今まで元気です。とても可愛いです~(´- `*)

    前置きが長くなりました。申し訳ありません。
    お聞きしたいことがあり、コメントさせていただきました。
    今夏、血迷ってヒレ長ブラックラメめだか(雌雄ペア)と琥珀めだか(雌雄ペア)を、ついつい連れ帰ってしまいました。
    めだかの販売店で購入しました。お店の方の奨めで、黒バケツで育てています。ベアタンクです。
    夏の間は元気で卵も産んでくれて喜んでいましたが、涼しくなってきて、越冬が心配になってきたのです。
    産まれたときからベアタンクのバケツ?(お店ではトロ箱?)で育っためだか達を、発泡スチロール箱に移しても大丈夫でしょうか?環境が変わって、越冬出来なかったら…とか、かといってバケツでは水温が下がりすぎるのでは…とか、悩んでいます。
    是非、御意見をお聞かせください。
    よろしくお願いいたします。

    • Medaka.Satoyama より:

      somariさんへ

      コメント有難うございます!

      メダカちゃんたちのお引っ越しですが、水質が大きく変わるようなことがなければ容器が変わっても大丈夫ですよ(^^)
      バケツの水ごと発泡スチロールに移してあげればOKです。
      バケツでも十分な深さがあれば問題ないのですが、飼育者さんが慣れている方法で越冬される方が安心かと思います。

      その昔、「奈良県の寒さはすごいんだ。家の中で茶が凍るんだぞ。」と奈良在住の方が言っていました。真偽はさておき、私の中では「奈良=寒い」というイメージがすっかり出来上がっています。あったかくして乗り切って下さいね!
      話は変わりますが、奈良県て素敵ですよね。三大弁天の1つ、天河神社に参拝に行ったことがあるのですが、道中百人一首に出て来る地名を見ては大興奮!(笑)山並みも綺麗で癒されました。次は白堤神社に行ってみたいです。

  2. somari より:

    こんにちは!
    お返事ありがとうございます。
    バケツでも大丈夫。のお言葉に安心しました。購入から約1ヶ月、底土もない(ベアタンク?)バケツで元気に泳いでいるので、このままが良いのかな?と思っています。けれど、奈良の冬は底冷えしますので、夜だけバケツごと玄関に入れようか、発泡スチロール箱に移そうか…今暫く考えてみます。

    奈良は、大変田舎ですけど、その昔、都があったので地名だけは有名どころが満載です(笑)
    是非、またおいでください(*^^*)

    • Medaka.Satoyama より:

      somariさんへ

      コメント有難うございます。

      バケツの水深が浅過ぎるとメダカごと水が凍る可能性があります。メダカたちは冬の寒さでも耐え忍んでくれますが、凍るとなると話は別。水位だけはしっかりと確保して下さい。
      心配でしたら、気温が低下する日や夜間などは玄関先に避難させてあげて下さいね。