メダカ水槽のスネールも活動を本格化。駆除失敗?こいつらのことは既に諦めています。

ミジンコのように漂うだけの人生を送る里山です。

メダカたちの活動と一緒に、例の奴らも活動を本格化し始めました。そう、スネールです。

里山宅のスネールはコザラガイ一種のみとなっています。そして、このコザラガイが実に厄介なのですよ。モノアライガイ等の撲滅に成功した里山が、唯一敗北を認めざる得ない存在です。

こいつらの姿を発見すると、本当にガッカリしちゃいます。

コザラガイの侵入経路

一番最初にわいたコザラガイと、二回目にわいたコザラガイでは侵入経路が異なっています。ですが、「外部からの侵入」という点では共通しています。

――どういうことか?

少し詳しく見て行きます。

マツモと共に

最初にその姿を確認したのは、近所のホームセンターで購入したマツモを浮かべた数日後でした。

メダカ大好き里山です。 とある日のこと。水面を奇妙な生物が泳いでいるのを発見。調べてみると「スネール」と言われる生き物...

メダカの飼育も水草を買うことも初めてに等しい状態でしたから、最初はそれが何か全くわかりませんでした。それどころか、「わー、メダカ以外の生物が増えた!」くらいに喜んでた気が……。

さておき、きっかけとなったのは「マツモの投入」です。つまり、外部からの侵入です。

エビと共に

今でこそ敗北を認めざる得ないコザラガイですが、最初の勝負では里山は完全勝利をしているのです。水槽リセット、水草処分という荒業で、全てのコザラガイを駆除しました。

それからしばらくは平穏な日々が続きました。

一変したのはエビちゃんを水槽に放ってからです。

エビの写真を見過ぎてゲンナリから一転、ガサガサを楽しんで来た里山です。 昼休みにササッと食事を済ませ、エビを捕まえに行...

どうやらエビちゃんと一緒に水槽内に侵入した模様。それに気付くのが一瞬遅く、水草を介して他の水槽まで飛び火しました。

ミドリムシ入り緑汁が大好きな里山です。 先日、スネールに関する記事をあげました。 その続きになり...

今現在、一部のベアタンクを除き、ほとんどの水槽にコザラガイがいる状態です。

コザラガイをどうするか

コザラガイの撲滅は、ぶっちゃけ簡単です。水槽内のメダカを移動させた後、中の水草や底土の一切合財捨て、水槽を消毒すればOKです。流木は煮沸消毒します。

かなり荒っぽいやり方で、上級アクアリストならやらないでしょう。(スネール以外にも色々と死ぬからね。)

そう、やる気になればコザラガイを撲滅出来るんですよ。ですが、やりません。水槽を壊して新たに立ち上げるのに、かなりの時間と気力を使うからです。

要は「面倒臭い」んです。(笑)

水草を洗おう

一度立ち上げた水槽を作り直すのは大変です。水草などの投入の際は重々スネールに注意して下さい。

つい先日里山はホテイアオイを購入しました。この時もしっかりと下準備をしました。具体的には……

・流水でよく洗いながらメンテ

・すぐに投入せず、数日はバケツなどに浮かべておく

上記の2つです。これらを済ませて、初めて投入です。

洗いながらメンテ

水草の汚れや古くなった葉などを落としながら、全体をまんべんなく洗い流します。この時にスネールに気づくことがあります。

↓水洗いする時の容器の色を明るめにしておくと、異物に気づき易いかも知れません。

数日間は放置

放っている間に隠れスネールが出て来る可能性があります。また、農薬が使用されていた場合は中和期間となります。

おわりに

どうもスネールは好きになれないですね。サザエやバイガイなどの巻貝を食べるのは大好きですが、メダカ水槽にわく黒い小粒たちにはウンザリです。

ミジンコ同様「小さな生物」に変わりないのですが、全く愛情がわかないのは容姿のせいでしょうか?

やっぱ見た目って重要ですね~。

コメント

  1. かもさん より:

    水草だけなら多少設備と手が掛かりますが良い手がありますよ。

    二酸化炭素で炭酸水を作ってそれにつけておくとスネール等死にますよ。

    窒息死させる感じですね。

    • Medaka.Satoyama より:

      かもさんへ

      アドバイス有り難うございます!
      前回のヒドラに引き続き、情報提供有り難うございます。

      成程、確かに酸素が吸えなくなれば、いかに奴らが丈夫でもオダブツですね。ちょっと試してみます。