自然治癒するか?メダカの回復具合を観察しつつ、塩抜きをしました。

今日もメダカ三昧、里山です。

15日に保護したメダカですが、塩浴の効果か、少し体力が回復して来たようです。泳ぎ方が変わり、平常に近い泳ぎ方をするようになりました。

干し柿が好きな里山です。 アオウキクサを間引こうと、水槽に顔を近付けた時のことです。奇妙な泳ぎ方のメダカを1匹見つけま...

こうなると狭い容器に入れておくことがストレスになるかな?と心配になります。塩抜きをしつつ、広いプラケースに移し換えることにしました。

胸ビレの動き

弱りきっていた時のメダカは、胸ビレを閉じた状態でした。「水をかく元気が無い」とでもいった感じです。水中をプカプカと漂うだけになり、うまくバランスが取れず回転してしまうことも。

この状態が保護して数時間で回復しました。室内で程好く上昇した水温と、塩浴による効果と思います。

共に暮らす仲間として、何が出来るかを真剣に考える里山です。 先日記事にしました体調不良の紅白メダカが、あの世へと旅立ち...

閉じていた胸ビレはぴこぴことよく動くようになり、メダカのバランスも安定。

頭を上にしてぷか~っと浮き上がる感ではなく、水平を保てるようになり、底まで潜ってじっとするなどの動きの改善も見られました。

今までに見た弱りのサイン

・胸ビレの動きが無くなる

・漂っているだけのような動き

・潜っても自然と浮いてきてしまう(逆に沈む場合もある)

・バランスが保てず回転してしまう

・糞の状態が細かったり白かったりと安定しない

胸ビレを閉じる

弱っている時以外でも寒い時にも見られます。活性が下がっているのだと思われます。

ただ漂っている

動く力が無いのでしょうか。弱ったメダカは泳ぐことをせず、水中を漂うようになります。時折激しく動くこともありますが、すぐにフワフワと漂います。

潜れない(浮けない)

潜った状態を維持するにも、多くの体の機能を調整しなければなりません。上手く体を動かせないのかな?と思います。

逆に沈んだままになってしまう場合も、結局は同じことと思います。

糞の状態が悪い

ヒトの健康状態も糞尿に現れますが、メダカも一緒です。

うんこが好きかも知れない里山です。(変態ではない、うん。) 医療系の仕事をしていた時、排泄物の状態を尋ねるのは日常でし...

消化器系統(特に腸)に異常がある場合は栄養の吸収も排泄も困難になります。健康な状態を維持することは難しいでしょう。

メダカの内臓を診察することは出来ませんから、糞は貴重な情報源となります。

自然治癒を信じて

泳げるようになりましたが、病が完治したわけではありません。体力的に回復して来た程度であり、メダカの周囲にはもわもわが付いたままですし、白い変な糞もしています。

エサは与えず、回復のみに集中をさせます。

ただ、幾分か泳ぎ回るようになって来たので、今の容器の広さではストレスがかかるのでは?と思いました。

そこで、塩抜きをしつつ、広い場所に移し替えました。

狭い容器に入れる理由

広く深い容器に入れておくより、狭く浅い容器に入れておいた方が動きが制限されます。無駄に動いて体力を消費することが無かろうと思ったのです。(それが良いのか悪いのかはわかりませんが。)

今回移し変えたプラケースも、広さは確保しましたが水深は浅めにしてあります。

塩抜きはゆっくり

急に塩水から真水に移すのではなく、水合わせの要領で丁寧に塩抜きしました。

体力が回復すれば

生物には自然治癒能力が備わっています。自分で自分の体を治すことが出来るのです。

初日、あれだけ弱っていたメダカですが、徐々に回復しつつある姿を見て、薬浴は先送りすることにしました。

自分で治せるものなら、自分で治した方が良いのです。

過保護にしない

里山は病気治療に薬を使うことに消極的です。基本、個体の強さに任せています。どうしても薬が必要な場合を除き、あまり助けることをしません。

冬の加温もそうですが、過保護にし過ぎると生物本来の「強さ」が失われるように感じるからです。

追記:容態が変化した

このブログ記事を書いている途中に様子を見に行きましたが、また尻下がりの弱った姿に戻ってしまいました。塩浴の補助効果が相当に大きかったようですね。

だからと言って、ずっと塩浴させ続けるわけにも行きません。

自然回復は難しいかな。