メダカの産卵はいつから始まるの?季節と年齢、2つの「いつから」について書いてみたよ。

次世代の卵にドキドキしている里山です。

今年孵化したチビたちが抱卵し始めました。今シーズン中に産むだろうとは予想していましたが、やはりそうなりました。

昨年もそうでした。

春に頂いた緋メダカの稚魚が、その年の夏にすぐ産卵を開始したのです。

――メダカの産卵は「いつから」始まるのか?

この「いつから」には二通りの意味があると思います。

1つは季節的なもの。もう1つは、メダカが生まれてどれくらいで産卵を開始するのかという、年齢的なものです。

今回はこの二点について書いていきます。

メダカの産卵はいつから始まる?

幹之たちの様子は随時ブログで追っていました。産卵に関することも複数記事にまとめてあります。

産卵が始まるのは一日の日照時間が13時間近くなり、気温(水温)が上がり出す頃です。産卵には「光」「温度」「栄養」の3つが必要不可欠です。

メダカ講座まとめ(4) メダカ大好き里山です。 元気なメダカはお腹がぷっくりとして体格が良いですよね。横...

地域によって異なりますが、里山の住む中部では4月あたりから産卵が始まりました。

メダカ大好き里山です! ついに!!我が家の幹之たちが産卵を開始しました。嬉しい~! 産卵に気づいたきっかけは、幹...

春から産卵が始まる

1つめの「いつから」の答えは春です。桜の開花が目安になるかも知れませんね。

春から産卵が始まり、夏にはピークを迎えます。

特に5月中旬~7月にかけては、本当によく産卵をします。朝水槽を覗いて見ると、必ずと言って良い程、抱卵したメダカが泳いでいます。

もうひとつの「いつから」

――メダカは生後何ヶ月くらいから産卵をするのか?

昨年の今頃、里山が抱いていた疑問です。

チビだチビだと思っていた緋メダカたちが卵を産んだのです。もらって来て約2ヶ月が経過した頃でした。

メダカをくれたパートさんは「早熟だね!」と言いました。旦那さんが長年飼育をされているそうですが、そんなに早く卵を産むとは知らなかったそうです。

調べてみたところ、メダカは生後2~3ヶ月で繁殖可能な状態になるとのことでした。

次世代の卵が産まれた!

そのことを証拠付けるかのように、今年4月に生まれたチビたちが抱卵しました。

《幹之》

写真中央、腹ビレ後ろに卵が確認出来ます。

ちなみに青×青から生まれた白幹之(?)です。面白い色をしていて、尾には体内光、背ビレあたりには青幹之色の光が伸び始めています。

体格こそ立派なものの、卵の数は少量。初産(?)なので少ないのだと思います。ホルモン分泌により、日に日に卵の数はまとまったものとなるでしょう。

・親の胞卵確認、採卵 4月5日

・誕生 4月21日(採卵から16日で孵化)

・孵化後、90日で胞卵(約3ヶ月)

《コスモ》

若干コスモは生まれたのが遅く、未だ身体も小さいのですが、お腹に卵を数粒抱えていました。ブドウの房のようにたわわに卵を抱える成魚と比べ、とても可愛らしい胞卵です。

・親の胞卵確認、採卵 4月10日

・誕生 4月28日(採卵から18日で孵化)

・孵化後、72日で胞卵(約2ヶ月半)

卵をどうするかは未定

採卵・孵化させるかは未だわかりません。幹之のF2は欲しい気もします。せっかくなら雌雄のペアをきちんと作って産ませたいです。

おわりに

・メダカの産卵は春から始まり、夏にピークを迎える

・生後2~3ヶ月で繁殖が可能になる

書きながら、黒×白の卵を入手しとけば良かったと思いました。

メダカ大好き里山です。 近所のホームセンターのメダカちゃんたちは、どこも似たような品揃えです。黒、緋、白、青、青ヒカリ...

来年はやってみようかな。