泳げないメダカをどうするか?―答えはとても簡単でした。難しく考え過ぎていたことに気付いた瞬間。

挨拶の一文のネタにつまり出した里山です。(←コレのことね)

メチレンブルーでの薬浴を終えたメダカちゃんは、今だ以前のように泳げず。ふわ~ふわ~としている状態です。糞の色も良くありません。

弱々しくはありますが、一応は元気(?)です。

――このメダカを今後どうするのか?

ここ数日、ずっと考えていたのですが、今朝になって答えがストンと落ちて来ました。

戻らないモノ

病気が治ったら全部元通り、そんなことを考えていました。しかし、この前提が間違っていたんですね。

例え病が治っても、以前と同じに戻るとは限らないのです。

ヒトで言えば、大病や事故後の後遺症でしょうか。元通りの、生活に何の支障も無い身体に戻る人もいれば、そうではない人もいます。

受け入れられるか

人の場合、自身の症状を受け入れるというのは、かなりの葛藤を伴うものです。

メダカの場合はヒトのような自我は存在していないでしょうから、内面(精神的なもの)の葛藤は無いでしょう。ですが、以前のように動かない身体を、何処かで「おかしい」と感じているかも知れません。

周囲が一変する

動きの鈍ったメダカにとって、周囲の動くもの全てが「恐怖」だと思います。逃げられないのですから。

飼育下なので他の生物の犠牲になることが無いだけで、自然界だったらとっくに死んでいると思います。

以前の姿に拘るな

ここ数日の里山の悩みは、このメダカをどうするか?でした。

薬浴を終え、普通の飼育水での生活に戻しはしたものの、一向に泳げるようになりません。これでは仲間のことへ戻すことはおろか、広い場所に移すことも出来ません。

狭いカップの中でふわ~ふわ~と漂っている姿に、思わず「うーん……」とうなっていました。

コミュニケーション!

俊敏に動くことは出来くとも、メダカはきちんと里山に反応していました。

顔を近付ければ胸ビレをパタパタ。驚いて逃げるわけでもなく、怖がっているでもなく、とりあえず反応があります。

――メダカってヒトを判別出来るのかな?

そんなことを思いつつ、メダカをじーっと見ていた時、悩んでいたことへの答えがポンっと落ちて来たのです。

「ただ一緒に暮らせば良いのか。」

例えば、水槽へ戻さないといけないだとか、泳げないのは可哀想とか、難しくゴチャゴチャと里山が勝手に考え過ぎていたのです。

別に泳げなくなっても、メダカに変わりは無いのです。

100均の計量カップの中に漂うメダカは、今の自分の境遇を受け入れているようにも見えました。里山があれこれと一人上手をしていただけだったのです。

おわりに

泳げないならメダカなら、泳げないなりに、それなりの飼育をすれば良いだけなのです。どれだけ心配しようが気にかけようが、メダカは変化しないのですから。