今年も残すところ数日となりました。メダカ飼育の目標、達成出来ましたか?

特に書くことが思い浮かばなかった里山です。(←正直)

12月27日です。大晦日まであと4日となりました。

毎日ブログを更新し続けて1年が経とうとしています。1日お休み(積極的休日)を入れましたが、まぁ、よくそんなにメダカについて書くことが出来たなと。

それだけ発見や気付きが多かったということですね。

メダカ飼育に目標を立てて臨んだ人たち、今年の目標は達成出来そうですか?里山は一応の目標は達成出来たかなといったところです。

飼育についての振り返りなどなど、思いついたことを適当に書いていきます。

幹之の育成

――おっさんからもらったメダカを増やす

これが里山の今年一番と言っても良い目標でした。イレギュラーでやって来たヒレ長楊貴妃とコスモはさておき、青幹之です。

緋メダカ、白メダカと繁殖に成功。メダカ飼育の楽しさにはまった里山は、いわゆる改良メダカに手を伸ばしました。

偶然の出会い

緋メダカとの出会いも偶然でしたが、青幹之との出会いも偶然でした。全く面識の無いおっさんからメダカを譲ってもらったのです。

職場のおっさんの隣家のメダカ愛好家のおっさんです。

人って本当に何処で繋がるかわかんないね!

青幹之楽し過ぎた!

頂戴したのは5匹、頭までピカピカのカッコイイやつです。有り難いことに、この子たちが夏に沢山の卵を産んでくれました。

もう増やすのが楽しくて楽しくて。

何が楽しいって、その色の観察です。

幹之に限らずメダカは個々に特徴があるのですが、幹之は見てて全然飽きませんでした。いくらでも増やしたくなっちゃうんです。

さすがに飼い切れないのでセーブしましたが、最初5匹からスタートした青幹之が、今では100匹近くになりました。里子にも出しました。

とりあえず、夏の時点で里山の目標は達成されました。早かったなー。

2016年の8月に里山の所へやって来たおっさんのメダカは今も元気で、屋外水槽でのんびり隠居生活を送っています。

ミジンコ育成

こちらはメダカ飼育の過程で派生した目標です。生餌としてのミジンコが欲しく、生体、休眠卵と購入しました。

いろいろ失敗もあったけれど、結果としては大成功!目標達成です。

奇病になるくらい、繁殖にはまりました。(笑)

ミジンコボトル症候群とは ミジンコをペットボトルで増やすことに無償の喜びを覚えた者の奇異な行動を、総じてミジンコボトル症候...

まだまだ飼育技術が未熟で、不意に死なせてしまうこともありますが、春に孵化させたミジンコたちが世代交代を繰り返し、今現在もミジミジと泳いでいます。

ミジンコで繋がる

驚いたのはミジンコ関係の問い合わせを頂いたこと。何のご縁か、テレビの取材も受けました。

また試作で作ったミジンコの土から、無事にミジンコが孵化したという嬉しい報告も頂きました。

メダカ以上にいろいろあったかも知れないです。

エビ入手と飼育

――メダカ飼育者たるもの、ミナミヌマエビくらい飼育出来て当然だろう

そんな一方的な思い込み(笑)から、エビを購入。速攻で死なせました。

瞬殺な上、あまり良い死なせ方ではなかったので、エビからは遠ざかっていたのですが。これまた何のご縁か、職場の敷地内を走る用水路にエビが自生してました。

エビの写真を見過ぎてゲンナリから一転、ガサガサを楽しんで来た里山です。 昼休みにササッと食事を済ませ、エビを捕まえに行...

エビが落ちてたら、そりゃ拾うしかないw

拾って来たエビちゃんたちは購入したエビとは大違い!!「水合わせ?何ソレ、おいしいの?」的なくらいに丈夫で、水槽にぽいっと放り込んでも全然弱らず。知らない内に繁殖までして、数がかなり増えていました。

若干チート気味ですが、目標は達成!

温室育ちのエビは育て切る自信が無いけれど、屋外水槽で育てているエビなら大丈夫。今は屋外水槽に約30匹程が生息しています。

おわりに

・青幹之の繁殖、成功!目標達成しました。

・ミジンコの繁殖、成功!目標達成しました。

・エビの飼育、成功!目標達成しました。

来年の目標はまた今度書きます。チビ助とブルブルちゃんの繁殖は確定枠ですね~。