メダカの魅力は何だろう?5つ考えてみたけど説明がイマイチ

メダカ大好き里山です。

職場で針子を頂き、ものの数日でメダカ道に踏み込んだ私。時に「こいつ、ヤバイ奴ちゃう?」と思われながらも、メダカにどっぷりはまっております。

――では、一体メダカの魅力とは何なのか?

私が思うメダカの魅力をあげてみました。

メダカの魅力・5つ

・手軽に飼うことが出来る

・簡単に増やせる

・種類が豊富

・夢がある

・泳ぐ姿に癒される

個別に詳しく見ていきます。

手軽に飼うことが出来る

プラケース1つで飼育可能。ぶくぶくも要らないし、ソイルも特別必要ありません。水質の悪化や酸素不足、急な水温変化に気をつけてあげるだけ。

飼育に専門的な知識や技術介入は要らず、低コストで手軽に飼育を開始出来ます。

簡単に増やせる

きちんとエサを与え、日光のあたる場所にケースを置いておけば、春~夏にかけて勝手に産卵し始めます。条件さえ整えば毎日産卵します。秋になり日が短くなり始めれば産卵は止まるので、心配しなくても大丈夫。

卵は放っておいても孵ります。ただし、低温過ぎると成長しません。高温は胚の卵割に異常が出る恐れ。

親(大きい個体)と別々で管理するのが無難。受精卵は摘める硬さで、移し替えは簡単です。

種類が豊富

体色も然ることながら、体型にも特徴がある種が存在します。飼育方法も若干変わってくるので、飼ってて飽きません。

珍しいメダカほど管理に知識と技術を要するので、ステップアップ要素としても面白いです。

夢がある

メダカの体色はメンデルの法則に従います。

メダカ大好き里山です。 突然ですが問題です。 黒メダカ(BBRR)と緋メダカ(bbRR)に子ども(F1)が生まれ...

法則を利用し、自分だけのオリジナルカラーメダカを誕生させることも可能。これも飼育や繁殖が容易なメダカならでは。

ビジネスチャンスとして一攫千金を狙うも良し。趣味でこっそり楽しむも良し。

泳ぐ姿に癒される

心の栄養素。ささくれ立った心が癒されること間違い無し!

メダカの魅力にハマる

自分でも驚くくらい、メダカにハマりました。詳細はプロフィールに書いた通りです。

はじめまして!メダカ大好き、里山目高です。この度は私の運営するブログ「メダカと農場とおっさん」への来訪、誠に有り難うございま...

最初は「自分だけの色を作る!」と燃えていましたが、今はそういった熱はありません。地味にメダカが好き、というか、メダカという生物そのものが好きになりました。

どれくらい好きかと言えば、有給取ってメダカ講座に出るくらい好きです。定価1万円のメダカ本買っちゃうくらい好きです。

メダカ大好き里山です。 2月4日(土)、5日(日)と東山動植物園で開かれていた「大人のための動物講座~メダカ~」に参加...

可愛いです。

興味の矛先

幹之が欲しくてたまらなかった飼育当初。それが今では「メダカは黒が一番かっこいい。」と、珍しいメダカにはあまり興味を示さなくなりました。

ブリーダーの方のブログを拝見していると、「おー、綺麗な色!」と思ったりはするんですが、買おうという気にはなりません。(魔王は欲しいかも……。)

最近メダカ関連で買った物と言えば、リシアと田砂くらいでしょうか。

珍しいメダカを買って(飼って)楽しむのではなく、メダカがいる風景を作って楽しむ方向へと切り替わっています。頭の中は次に立ち上げる水槽のレイアウトや、移動させるメダカをどうするか、共存出来る植物はあるかなどで一杯になっています。

時間の経過とともにメダカの楽しみ方が変わりました。

おわりに

手軽に飼えるというのは、メダカ飼育の最大の魅力と思っています。飼育が難しい生物には、なかなか手が出ませんから。

江戸時代の人たちも、その手軽さと愛らしさとでメダカを愛でていたのかな?と勝手に想像しつつ、〆とさせて頂きます。