メダカを初めて買う人に伝えたい。「まずは〇〇をよく見てね!」

初めてのメダカ購入。せっかく買うのだから、元気な子が欲しいですよね!

ネット販売で買うのか、店頭で買うのか?購入先が違えば注意するポイントも違います。一体どこに注意すればいいのでしょうか?

ネット販売なら販売者ブログをよく見てね!

昨今は生体をオンラインショッピングで買うことも珍しくなくなりましたね。メダカをネット販売している業者やブリーダーもけっこうな数がいます。どこで買うのか迷ってしまいますよね。

まず購入者の目が行くのは、品種と価格でしょうか?どんなメダカをいくらぐらいで売っているのかは、生体を購入する上でとても大切なことです。何より、メダカを初めて購入する側からしたら相場もわからないのですから、おおよその値段を知っておきたいところ。

ですが、調べていると、同じ品種であっても安価で提供している店もあれば、「これ、ちょっと高くない?」と思うような値段で提供している店もあります。何がどう違うのかわかりませんよね。

そういった場合、販売者のホームページやブログによく目を通してみてください。特にブログは必読です。読んでいる内に販売者が「どんな気持ちでメダカを売っているのか」「日頃どのようにメダカと接しているのか」「どんな性格なのか」「商売に対する姿勢」が、じわじわと伝わって来ます。

ネット販売では実際にモノを見る機会がない為、販売者が信用に足るかどうかが大きなポイントです。

販売する側も、ネット上でのコミュニケーション手段はブログ(ホームページ)を使って伝えることだけです。「うちの商品はココが違うよ!」とプレゼンしている場がブログなんですね。高いなら高いなりの、安いなら安いなりの理由がブログ内に散らばっているはずです。ブログがある場合は絶対に見ておきましょう。

また購入者レビューがあるようでしたら、そちらにも目を通しておいた方がいいですね。中にはサクラがいるかも知れませんが、購入者の意見は大変参考になります。

オークションで落札を考えている場合、騙されても文句を言わない覚悟がいるかと思います。冒険ですね~。

店で買うなら展示水槽をよく見てね!

店で買う場合はネット販売と違い実際にメダカを見ることが出来ます。焦らずじっくりと生体、生体の飼育されている環境を観察します。

その時に注意して見て欲しいのが……

・水槽内に弱ってるメダカがいないか

・死んだメダカが放置されていないか

上記の2つです。

水槽内に弱ってるメダカがいないか

当たり前ですが、元気で健康に問題の無い個体が欲しいですよね。

数匹のみが元気そうに泳いでいて、他は水の中を力なく漂っているだけ、なんていう水槽であったら購入はしない方がいいです。

動きだけではなく容姿も大切ですよ。元気なメダカはお腹がぽこっと出て、若干太ったように見えます。水槽内のメダカが痩せ気味であったり、鱗が剥がれ落ち、ヒレがボロボロになっているメダカが多数いるようであれば、やはり購入は止めましょう。

また、体に白いもこもこした綿のようなものをつけている個体や、白い斑点が出ている個体がいれば、絶対に購入してはいけません。水槽内に病気が蔓延している可能性があります。

もし糞をしている個体がいれば、糞を観察します。太くて立派な糞なら良いのですが、白い糸状の糞をしている場合はお腹の調子が悪いか、どこか体調不良の個体です。

それなりの経験があれば弱った個体を元気にする術もあるのでしょうが、初心者の場合は状態の良いものを選ぶのに越したことはありません。

写真は元気がないメダカの例。お腹がぺちゃんこで、胸ビレの動きもほとんどなく、水槽の上の方を漂っています。

死んだメダカが放置されていないか

「水槽内に死んだ生体が放置されている=管理が行き届いてない」とも取れます。何より、その個体の死因が病気であった場合、周囲のメダカも感染しているリスクが高いです。

購入する側としても、あまり見たくないものを見るのですから、購買意欲が削がれてしまいますよね。

まとめ

・ネットで買うなら信用できる販売者から購入する。ブログやレビューなど、販売者の情報が得られるものがあるなら必ず見よう!

・店頭で買うなら水槽内をじっくり観察する。状態が悪ければパスしよう!

ホームセンターのペットコーナーで緋メダカちゃんを観察することから始めてもいいと思います。意外と「買わなくてもいいかな」ってなるかも知れないよ。買ったら最後まで面倒を見なければいけないことを忘れないで下さい。