一番遅くに孵化させたメダカが、一番早くに卵を産みました。飼育環境の差?それとも個体差?

あまりの暑さに眠れない里山です。

今年孵化させたメダカは6種。当初の計画通りのものとそうでないものがいますが、内訳は青幹之、極ブラック、紅白ラメ、白幹之、三色ラメ、金剛となります。

三色ラメと金剛は途中から家に来た子たちなので、産卵・孵化は他4種の後です。ですから、ここは省略。

それ以外の4種ですが、一番孵化が遅かったのが青幹之でした。諸事情により、採卵を一番最後に回したためです。

なんですが、その青幹之が一番最初に抱卵(産卵)をしました。

個体差によるものか、或いは飼育環境の差か?

やっと産卵出来そうな体型になって来た三色ラメを見つつ、不思議に思いました。

一番乗りのメダカ

青幹之の卵に気付いたのは、メダカを引っ越しさせた時でした。

随分と大きくなって来たので、孵化用に買って来た100均ボウルから、やや大きな場所へ移すことにしたのです。

自称おたま愛好家、里山です。 星河は相変わらず卵を産まず。今季は諦めて、大人しく青幹之の採卵を行うことにしました。 ...

際立って大きいのが青×青から生まれた白いメス。水草に付いた卵をそのままボウルに移しただけなので、卵の数は把握していません。

今回生まれた白個体はこの1匹だけですが、でかくなるのが早かったです。

――体も大きいしお腹も大きいから、そろそろ卵産みそうだな

そう思っていたら、既に産んでいました。

小さな卵から生まれたのは

移動の際、水草に付いていた卵は確保。

水が手放せない里山です。(あちゅい!) 青幹之の引越しを済ませて約一週間が経過しようとしています。 ...

この暑さのせいか、採卵して数日の内に孵化したのですが、正常な個体は1匹も生まれませんでした。

全てCの字に体が曲がった個体ばかりで、すぐに死んでしまいました。

産み始めの卵は、やはり状態が芳しくないなと思います。

メダカとの触れ合いを楽しむ里山です。 何時の間にか桜が満開を迎えていました。つい先日までは肌寒く、蕾が膨らんだかな?く...

回を重ねる毎に状態が良くなって行くので、今だったら良い状態で孵化するかも知れません。

環境による差はあるか

孵化・育成段階の飼育環境は、後々の成長に大きく響きます。

今年の孵化は「親メダカの飼育水+ミジンコ」で挑戦しました。わざわざ付着糸を取り、水道水で管理するような面倒臭いことは一切しなかったのです。

おたまの飼育水でタマ子を育てている里山です。(タマ繋がり) とても自覚があることなのですが、年々稚魚の管理がずさんにな...

スタートはどの卵たちもほぼ一緒。屋外なので外部的な要因もほぼ一緒。

成長には環境(容器の広さ、泳ぎ易さ)も影響しますが、一番は「個体差」じゃないかと感じています。

食事には個性が出る

大きくなりそうな素質という意味での差もありますが、里山が気になっているのは「個性」による差です。

夏の暑さに身も心もやられてしまいそうな里山です。(あっちいよ~……) 先日、掃除して綺麗にした水槽に紅白メダカを移動さ...

やはりガツガツと積極的にエサを獲りに行く個体は、大きくなり易い。大きくなれば更に幅を利かせられるので、輪をかけてでかくなるという。

卵を産んでいた白幹之は、かなりエサに積極的。(笑)

よく食べる、よく動くメダカが大きくなるんだろうなぁ~という感じです。

自然発生の白幹之は特例

5月上旬に生まれたにも関わらず、未だに小さい白幹之は環境の影響が非常に大きい「例外」です。

おたまの飼育水でタマ子を育てている里山です。(タマ繋がり) とても自覚があることなのですが、年々稚魚の管理がずさんにな...

泳ぐこともままならない「超」の付く過密状態で過ごしていました。

さすがに可哀想で水槽を2つにしたのですが、これを機に成長に差が出始めました。別水槽に移した少数が、みるみる内に大きくなり始めたのです。

おたまの変態に感動している里山です。 春に生まれた稚魚たちがどんどん大きくなっています。ただ、大きくなる速度がちょっと...

今は水槽を統合し、広い45ℓたらいで遊泳中。

日々メダ活に明け暮れる里山です。 病気に関する記事を作成する予定でしたが、水槽の移動を行ったのでその件について書くこと...

少しずつ大きくなっています。

おわりに

孵化させた順で行くのなら、そろそろ極ブラックや紅白の初抱卵が見られても良い頃です。ですが、その気配は今のところありません。

その後に生まれて来た三色ラメの方が早そうです。

同じように育てているんですけどね~。