初めてのメダカ飼育に挑戦!―メダカはヒーター無しでは飼えないの?読者さんの質問に答える。

ミジンコ繁殖に勤しむ里山です。

メダカシーズン到来!ですね。ここ最近、ブログ読者さんからの質問件数がぐっと増えていることからも、「メダカの季節が来たな~」と実感しています。

今回は読者さんからの質問に対しての回答記事となります。

既にメールで個別対応しているのですが、より多くのメダカ初心者の目に触れるよう記事にすることとしました。

ヒーターは必要か

――寒い時期のメダカ飼育にヒーターは必要か?

初めての飼育時に迷いがちなことですよね。寒い時は「メダカちゃん大丈夫かな?温めてあげないと……」と、ついつい親心が出てしまいます。

基本的には不要なのですが、ケースバイケースかな?とも思います。

基本的には要らない

メダカは熱帯魚ではありません。今でこそ数が激減してしまいましたが、昔はそこらの小川にもいた魚です。日本の四季に適応している魚です。

薄氷が張るような真冬の屋外水槽でも冬越し可能です。室内なら尚更です。

メダカ大好き里山です。 夜明けが早くなって来ましたが、朝の冷え込みはまだまだ堪えますね!屋外水槽のメダカたちは、隠れて...

改良メダカも元を辿れば普通のメダカ。

そんなに心配しなくても、ヒーター無しで冬を越すことは出来ます。

冬に買って来たメダカには必要?

冬にメダカを購入した場合は、ヒーターがあった方が良いかも知れません。

自宅の無加温水槽と販売店の飼育環境とで、大きく水温が異なっていることが予想されるからです。

やっぱり猫飯さんは良いメダカ屋だと思った里山です。 昨日の続きです。今朝、新しい子たちが里山宅へとやって来ました。購入...

どうでしょう?冬の室内の無加温水槽の温度は、5℃~7℃くらいでしょうか。暖房が付いている部屋ならもう少し高いでしょうが。

対して販売業者の飼育環境では、水温が25℃前後に保たれているのではないでしょうか。

短期間で20℃近い水温差は、メダカにとって非常に負担になります。徐々に適応はしてくれるでしょうが、あまり良い飼育環境とは言えないですよね。

こういった場合はヒーターの設置を考える、もしくはメダカの購入時期をずらす配慮が必要です。

ミジンコの加温は?

ミジンコは寿命の短い生物です。その短い寿命の中で次世代を生むことが出来なかった場合、個体数はどんどんと減って行きます。

メダカのように冬はじっと耐え、春に繁殖ということは出来ません。

繁殖出来る水温を保ってあげた方が安心ですね。

ヒーターの使用

メダカ飼育では必須ではないため、使い方を知らない可能性のあるアイテム。それが魚用のヒーターです。

――加温をしたいけど、ヒーターをどうすれば良いんだろう?

基本的には水に浸けておくだけなのですが、色々と注意事項があります。

準備するもの

ヒーターを使用する場合、絶対必要な物が3つあります。

・ガラス水槽

・エアレーション

・水温計

この3つです。この3点はヒーターとセットで考えて下さい。

ガラス水槽

ヒーターは熱源です。プラケースや発泡スチロールなど、溶ける素材の水槽では使用してはいけません。ヒーター取り付け時はガラス水槽を用意します。

「ヒーターカバーがあるからプラケでも大丈夫」という意見をたまに見ますが、取り説で禁止している事項は原則としてやらないこと。他人に勧めてもいけません。

エアレーション

水を循環させるのに使います。ブクブクで水を循環させないと水槽全体が温まりません。

水温計

投げ込み式、サーモスタット付、どちらのヒーター使用時にも水温計は必要です。

たまに機械が壊れていることもありますから、都度水温計で飼育水の温度をチェックしておくことが大切です。

ヒーター使用時は先ず取り説をきちんと読んで下さい。(→参考サイトへ)

メダカ飼育の流れ

質問者さんのメダカちゃんをモデルに、これからの流れをざっと見て行きましょう。

飼育環境

・メダカ5匹

・飼育容器は5Lのプラケースを使用し室内飼育

・底土に硬質赤玉土を敷いている

・ホテイアオイが1つ浮かべてある

観察を楽しむ

先ずはメダカちゃんとの触れ合いから。(笑)

エサやりなどをしながらメダカたちとコミュニケーションを取ります。この段階で、このまま飼育が続けられそうか否かが何となくわかって来るかと思います。

「メダカ無理!」と感じたのなら、抱卵しても放置。「メダカ可愛い~!もっと増やしたい」と思ったら、採卵の準備をします。

採卵する

室内環境とメダカの成長度合いによりますが、時期的に抱卵が始まる頃です。

メダカは自身の卵や稚魚を食べてしまうことがありますから、繁殖をさせるのなら卵を隔離しましょう。

浮かべてあるホテイアオイに卵を産み付けますから、十分卵が産み付けられた段階でホテイアオイごと別容器に移せばOKです。

卵の処理

自然な状態で孵化させたい、なるべく手間を省きたいのなら、卵はホテイアオイに付けたまま放置します。水もメダカの飼育水を使います。(里山的にはこれが一番簡単でオススメかな。)

1個1個管理を徹底したいのなら、付着糸を取って水道水で管理します。

コスモメダカの孵化が順調で、ニッコリ笑顔の里山です。 前回記事の続きを書いていきたいと思います。 ...

その後のことは……?

細かいことはさておき、4月から5月にかけて生まれた個体であれば、その年の内に成魚になります。(メダカは十分な栄養と光、温度があれば約2ヶ月で成魚になります。)

メダカにミジンコを与える瞬間がタマラナイ!里山です。 未だ7月にもなっていませんが、里山宅の今季の産卵シーズンは終了し...

晩夏に生まれた子は十分に育つことなく、幼魚の状態で冬を迎えることになるでしょう。

当然、幼魚は体が弱いので冬の間に死んでしまう可能性が高くなります。「加温しなくて大丈夫かな?」と心配になり、また振り出しに戻ることに……。

採卵するなら5月までにしておいた方が良いかも知れないですね。

おわりに

メダカ飼育の仕方は人それぞれ。どんな経験をして来たかによって導き出す答えが違うからです。

なので、これが最適解かはわかりません。

メダカブログを書いている人は他にもいますし、webで探せば様々な情報に触れることが出来るでしょう。

是非いろいろ見て来て下さいね。

コメント

  1. より:

    メダカ歴1ヵ月の初心者 武です。
    ご教授願いたいのは、ヒーター使用時の水替えについてです。
    12匹の内半数が白点病にかかってしまい現在塩浴治療中です。
    今後の白点病対策としてヒーターの導入を検討しています。
    その際に懸念があるのが水替えです。
    暖かい水槽に汲み置きの水では水温がかなり違うと予想されます。
    どのような方法が適しているのかご教授いただければと思います。
    因みに、水槽は40cm約23L。濾過方式は水作ボトムフィルターにエイトコアを接続し麦飯石砂利で底面濾過です。

    • Medaka.Satoyama より:

      武さんへ

      コメント有難うございます。
      せっかくの質問なのですが、里山はヒーター使用の室内飼育を1回しかしたことがなく、正解がわかりません。ゴメンネ!

      私が水槽の水換えをした時は、発泡スチロールに水槽の水の一部とメダカを非難させていました。その間に急いで水槽を掃除し、湯煎して温めた汲み置き水を綺麗になった水槽へ入れていました。発泡スチロールを使用したのは、水の温度を下がり難くするためです。

      私の飼育スタイルは屋外放置なので、室内メインでやってる人のブログを参考にすると良いかも。メダカじゃなく金魚や熱帯魚で検索するとヒットし易いんじゃないかな。