メダカのエサやりはどうなるの?夏から秋、秋から冬へ。今までと一緒では水が汚れますよ。

無事、幹之を送り出した里山です。

ひょんな出来事からメダカを飼うことになったおっさんがいます。そのおっさんに尋ねられました。

「メダカたちはこれからも今までと変わらずエサを食べるの?」

ちょうど使用していたエサが無くなったとのことで、次のエサ購入の参考にしようと考えたのだと思います。

夏のメダカと秋のメダカは活発さが違います。当然、食べるエサの量も変化します。

ブログで何度か似たような記事を書かせてもらっていますが、今一度、おっさんと一緒に復習をしていこうと思います。

メダカの活動ピーク

メダカは日長動物です。

メダカ大好き里山です。 繁殖条件に関しては何度か記事にしてきました。外部講習に出たものも含めると3記事程でしょうか。 ...

光の周期で季節を感じ取り、日が長くなると活発に活動し、日が短くなると次第に活動が弱まります。冬は広義の意味での冬眠に入り、ほとんど動かなくなります。

メダカ大好き里山です。 初冬のある日、職場のおっさんと「メダカって冬眠するのかな?」なんてことを話していました。冬眠す...

活動が鈍っていく秋

昨日の記事で7月と9月の日照と気温に触れましたが、夏を過ぎれば日は短くなっていく一方です。

メダカが好き過ぎて、どうにかなってしまいそうな里山です。 プレゼント用の幹之を選び終えました。極普通の幹之です。サイズ...

9月は未だ暑さが残っている時期なので、メダカの活動は大きくは鈍りません。ですが、夏のような活発さは失せ、エサも少量で満足する日が出て来ます。

夏と同じではダメ

夏のメダカはとにかくエサをよく食べます。繁殖のために大量のエネルギーを必要としているからです。

やってもやっても食べまくります。気持ち良いくらいにエサが無くなります。

しかし、秋になっても夏と同じだけエサをやり続けていると、水質の悪化が速くなります。日に日に食べる量が減っていくからです。

変化に気付け

メダカたちの僅かな変化に気付けるかがポイントです。あくまで里山宅のメダカたちの行動ですが、参考までに。

僅かなことで驚くようになる

朝晩の冷え込みが強く、肌寒さを感じるような日には気付き易いですね。

夏の暑い日には大して驚かなかったようなことでも、驚いて逃げます。エサをやろうと水槽に手を翳しただけで、ビックリして散ってしまうこともあります。

水温の低下で臆病になっているのだと推測します。

メダカ大好き里山です。 あと数日で春分の日を迎えますね。昼の時間が長くなり、気候も温暖なものに変化していきます。 ...

真冬の必死で逃げるような動きではなく、「あー、ビックリした!」と軽く驚いた程度の反応なのですが、夏とは違います。

少量のエサで満足する

空腹にならないわけではないので、「エサちょうだい!」と催促はして来ます。ただ、食べる量が若干少なくなっており、おかわりの要求が減ってきます。

満足した子たちはのんびりとしていることが主で、エサを撒いても近寄って来ません。

底の方でじっとしている

水面近くに上がってこず、水底をじっとしていることが増えて来ます。

年寄りは食べない

2年目を終えようとしている里山宅の長老、青幹之(親)たちはエサをほとんど食べなくなりました。夏の間もチビたちより少食だったのですが、秋になって顕著に食べる量が減りました。

去年の夏とは大違いです。

エサやりの加減はメダカとの対話

エサの分量に関しては「〇〇分で食べ切る程度」等諸説ありますが、あくまで参考です。メダカの状態を見て、やり方や与えるエサを変えていけるのがベストと思います。

暑さに負けることなく、ご飯は一杯食べる里山です。 日没が随分と早くなりましたね。「何となく」ではなく、体感出来るレベル...

初心者は基本から

飼育が初めての人に「メダカの様子を見ながら」と言っても、全くわかりません。初めてってそういうことです。

市販のメダカエサの注意書きをよく見ると、「〇〇分で食べ切る程度の量を与えて下さい」と書かれています。

この注意書きを守り、メダカたちが食べきれる量を与えていきます。

やり過ぎないように少量ずつ与えて、先ずはエサやりに慣れましょう。何回かやれば分量がわかって来ます。

四季で違う

食べる量は春夏秋冬で違います。

冬(活動レベル☆)

冬はほぼ食べません。メダカたちも水底でじっとしており、姿を見る機会も少ないかと思います。そっとしておきましょう。

春(活動レベル☆☆~☆☆☆☆)

冬から春への移行時期と、春から夏への移行時期でメダカの活性度が違います。

前者の頃はまだまだ寒いので、メダカはあまりエサを食べません。後者の頃は逆にエサを欲しがります。

来るべき産卵に備えるため、栄養を欲しているのです。

この頃になると寒さで一旦成長を止めていたチビたちも、身体が大きく成長し始めます。

夏(活動レベル☆☆☆☆☆)

とにかく食べます。エンゲル係数(家計の消費支出に占める飲食費の割合)が上がります、はい。

秋(活動レベル☆☆~☆☆☆)

夏から秋への移行時期は、暑さも残っていること、日照もそこそこあることから、比較的エサをよく食べます。

それも徐々に変化を見せ、秋から冬への移行時期には、ほとんど食べなくなります。

秋冬でも天気が良いと?

寒い時期でも天候が良く、日中の気温(水温)が上がるような時はエサを食べます。水面近くに上がって来て「エサちょうだい!」と口をパクパクさせます。

可愛い姿についエサを沢山あげたくなるのですが、ここはグッと我慢です。少量を与えるのみに留めます。

やり過ぎると消化不良を起こし(充分な消化が出来ないままに水温が低下することがある)、体長を崩してしまうことがあるからです。

結論

夏から冬へと向かう9月頃に、7月と同じようなエサやりは基本的にはしません。

メダカたちも夏ほどエサを食べなくなっているはずです。水質の悪化に繋がりますから、エサやりはメダカの様子を見ながら、少量ずつを与えるようにしましょう。