紅白メダカがやって来ました。新しく増えた仲間とその経緯―やはりメダカ好きは日頃から公言しておくものだ。

メダカたちとの会話を楽しんでいる里山です。

紅白メダカが里山家の一員として加わりました。以前、コスモを譲渡したメダカ愛好家の方から譲って頂いた子たちです。

エビの写真を見過ぎてゲンナリから一転、ガサガサを楽しんで来た里山です。 昼休みにササッと食事を済ませ、エビを捕まえに行...

紅白メダカのお値段は5~7匹のセットで数千円はします。結果的に交換トレードになったとは言え、元手のコスモは0円。しかもそれでさえ頂き物です。

メダカ好きはそのことを公言しておきましょう。何処でどんな出会いがあるかわかりませんからね!

紅白メダカとは

名の通り、白と紅の2色のメダカです。黒も混じり3色となる種もあるようで、ちょっとした錦鯉のようです。

更紗、丹頂などと紅白の中でも分類がありますが、里山が頂いたものは何かがわかりません。「紅白」としか聞いていないので。

自分で作製可能?

紅白の大元は楊貴妃×透明鱗のようです。生まれた子の中から美しい色合いのものを選び、更に交配。その子どもをまた交配……としていく様子。

ただ、そうそう自分好みの色が出るわけではありませんし、一般家庭では飼育場所も限られてきます。買った方が早いです。

中には模様の固定率が上がるよう、尽力されているブリーダーさんもいます。細かい管理が苦手な方や飼育場所が確保出来ない場合、購入が最善と思います。

錦鯉のようなメダカ

錦鯉のような模様を持つメダカだなんて、素敵過ぎます。

これもメダカの魅力ですね!「飼育・繁殖が簡単」「特別な設備投資は要らない」「色のバリエーションが豊富」だなんて、まさに庶民の味方です。

普通型体型のメダカ

紅白には「普通種体型」と「ヒカリ体型」とがあります。

里山の頂戴したメダカたちは、普通体型のものばかりです。ヒカリ体型が好きになれない里山にとって、普通種体型ばかりは本当に嬉しい!

未だ卵を産む時期なので、採卵するかも知れません。

メダカ好きは公言しよう

今回頂戴したメダカたちは、結果として交換トレードとなりました。最初は交換ではなく、里山が「あげるだけ」だったのですが。

申し訳ないからと思ったのでしょうね、代わりの品をもらうこととなりました。

黒ラメ

今回は紅白を貰いましたが、トレード候補は全部で5種ほどありました。

見せてもらったリストに「黒ラメ」と表記されたものがあり、もしかして「幹之か?」と思ったのですが頂戴しませんでした。

紅白で良かったのか、価値的なものに関してはわかりません。

損得よりも好みですね。今回に関しては、この子たちで良かったと思います。白がはっきりとしておらず、銀×赤のような色合い。里山は「ウル〇ラマンみたいだ」と思いました。

大切に育てていきたいと思います。