懐かない紅白メダカでも可愛いさ!仲良くなるために紅白メダカについて学んでみた。

紅白メダカに懐かれない里山です。

移動させて間もないからか、紅白メダカたちが姿を見せてくれません。エサの時以外は水草の下でじ~っとしています。

幹之をもらった時もそんな感じで、しばらく懐いてくれなかったので、気長に根気良くお付き合いしていきたいと思います。

さて、その紅白ですが、改めて見てみました。

紅白の「白」が微妙

頂戴しておいてアレなんですが、紅白メダカの白部分がイマイチな気がします。

里山は紅白を間近で見るのも飼育するのも初めて。ですから標準がわかりません。webで写真を何点か見たのですが、もう少し白がはっきりした感じに見えます。我が家の紅白たちは、白というより薄紫のようなグレーのような、はっきりしない色です。

透明鱗が関係する

紅白メダカを作るには、楊貴妃と透明鱗をかける必要があります。

透明鱗は遺伝し易く、遺伝すると所々色が飛んだように見える楊貴妃が生まれます。更にそれを掛け合わせ、ブチを入れ……云々とすると紅白になるそうです。(1から作り出す場合、採卵数もかなり多く、何世代も跨ぐので大変です。)

この時にかけた透明鱗の関係で、白はスキっとした白ではなくなるようです。う~ん、そもそも透明鱗とは何ぞや?

透明鱗と光の反射

メダカの鱗は皮膚の一部であり、層を形成しています。ヒトでいう表皮と真皮です。

鱗には色素胞があり、体色の変化はここで起きます。また鱗の裏側には虹色素細胞層があり、光を反射します。

この虹色素細胞層がある鱗が、一般的な鱗です。

透明鱗には虹色素細胞層が無く、光が反射されることがありません。そのため、体表が透き通ったように見えます。

紅白メダカの白部分が白くない理由がコレです。

ハッキリした紅白もいる

昨今では愛好家の皆さんの努力により、非透明鱗の紅白も作出されています。

品種改良とは1世代で成されるものではなく、世代を跨いだある程度の固定化が重要です。新種を作り上げるまでには、相応の手間と時間がかかっていることでしょう。

愛好家の情熱は凄いですね。

次世代を考える

紅白たちは移動の時に既に胞卵していました。引越しを終えた今も、新居で毎日のように産んでいます。

この卵をどうするかが、実に悩ましい……。

卵の様子、孵化した状態、チビたちの色の出現率など、観察したいことは沢山あるんです。が、飼育場所がもうありません。

コスモを1ケースに削減したものの、幹之は未だに5ケースも並んでいます。この状況で紅白の孵化は難しい。

7月中には決めないと、あっと言う間に8月が過ぎ、夏が終わります。

刻限が近いなぁ~。