謎メダカの魅力が輝きだす?金剛メダカから生まれたチビたちの今現在を見てみよう。

鮭の炊き込みご飯を作った里山です。

金剛メダカから生まれたメダカたち。

首に出来たイボが気になっている里山です。 極ブラックの時にも似たような話題に触れたのですが、果たして親が〇〇メダカであ...

一部は既に繁殖能力を得る程になっていましたが、大半はまだまだ成長過程にありました。著しい成長差です。

何とかならんものかと少しエサの回数を増やし、内容も工夫してみたところ、ここに来てやっと大きくなって来ました。何とか9月中旬までには仕上がりそうです。

今日は金剛から生まれた謎メダカ(金剛もどき?)の話。

体色の変化

このメダカ、体色の変化が面白いです。

三色ラメの時もそうだったのですが、稚魚の頃ははっきりとした色がわまりません。卵の中に居る時は黒っぽいか、やや茶がかった感じにしか見えず、孵化してもそれは変わらず。

成長するにつれ、次第にその色が明らかになって行きます。

個性が出る種は楽しい!

最初に大きくなった5匹は、黒幹之のような黒個体が2匹と、紅白のような個体が1匹、白金剛と三色ラメの中間のような個体が1匹、頭が黄色っぽく体は青黒い個体が1匹という内訳でした。

同じ親から生まれているのに、親と似た個体は1匹しか出ず、他はそれまでに掛けたであろうメダカの特徴がチラホラ。

これが楽しい!

最近大きくなり始めた群でも体色の差は見られ、特徴は前述の個体たちと同じ。模様らしいものが何も無い白っぽい個体が1匹出たのですが、ハジキ組確定かな。

目の色を気にしてみる

メダカを観察していると、眼球部分にも色が薄っすらと乗っているのがわかります。(青幹之や白メダカはわかり易く、青いシャドーが入ったように見えます。)

金剛もどきたちを観察してみたところ、青、赤、金のような色の3色がありました。

似たような体色、柄をしていても、目の色が異なる個体がいます。目の色と体色がマッチしたメダカは、やはり格好良いです。

エサやりを見直す

同じように飼育していても成長の差は出て来ます。

差が出る理由は幾つかあるでしょうが、エサの量は大きな差を生むと思います。積極的にエサを食べに行く個体は大きくなるのが早いです。

大きくなれなかった個体群は、エサ取りに負けてしまったのかも知れません。

回数を増やす

やれる時はなるべくエサをやるようにしました。一度に沢山を与えても食べ切れず水が汚れるだけなので、少量を複数回です。

夏の間は他のメダカたちも3~4回はエサをやっているのですが、金剛もどきたちはそれ+αにしました。

エサの内容

人工餌、ミジンコ、乾燥アカムシのローテーションです。

乾燥アカムシはメーカーによる「味の差」が存在するのか、食べてくれるものとそうでないものとがあります。(※あくまで里山の飼ってるメダカたちの話です)

晩夏から秋にかけてもっと太らせたいので、メダカたちが好きなエサをあげたいかな。

ミジンコ好き

ダントツはミジンコです。食い付き方が違います。

三色ラメの稚魚ボウルに沢山ミジンコが湧いているので、それと他のエサとを交互に与えています。

でっかくなれー!!