謎のメダカ、卵を産む―採卵は正解?それとも不正解?秋に近づいた8月中旬の採卵・孵化は、どのような結末を迎えるのか。

風呂から上がって即汗まみれ、酸っぱいニオイの気になる里山です。

夏の水槽は色々元気ですね。メダカも大きくなりましたが、水草もわっさわさになりました。

3株だけ購入したホテイアオイから、一体どれだけの子株が回収出来たんだろう?本当によく増えてくれます。

メダカより早く起き、メダカより早く寝ている里山です。 昨日の記事で少しだけホテイアオイに関して触れました。 ...

さて、増える、育つが良いことばかりとは限らず。

伸び伸びになった根のせいで、メダカたちの遊泳スペースが狭められています。一度ホテイアオイのメンテナンスをすることに。

――おお、そうだ!ついでに卵を回収しよう。

メンテついでにメダカの卵の回収を思い立ち、早速器を準備。卵を回収するターゲットは最初から決まっていました。というか、そのメダカの卵以外興味ナシ。

さてさて……。

金剛から出た何か

里山がターゲットに決めたのは、金剛メダカの卵から孵化した謎メダカです。

金剛の産んだ卵から生まれたメダカなのですが、固定率の問題を踏まえ金剛メダカとは呼ばずに「謎メダカ」と呼ばせてもらっているのです。

首に出来たイボが気になっている里山です。 極ブラックの時にも似たような話題に触れたのですが、果たして親が〇〇メダカであ...

血筋だけ見れば金剛なのですが、見た目が金剛と言えるのか判断出来ませんからね。

大小の謎メダカ

メダカあるあるですが、育ち方に差が出ました。

大きくなった群は既に繁殖能力を有し、卵を産んでいます。未だ小さい群の個体は体長が1センチ程度で、ヒレや鱗も発展途上の様子。日に日に大きくなっているのですが、先に大きくなった群と兄弟とは思えない差がついています。

メダカの成長と日照

日除け代わりに浮かべてあったホテイアオイの根には、しっかりと卵が付いていました。

雌雄の確認をしていないので、どの個体が産んだ卵かはわかっていません。小粒の卵なのですが、早くも目の入っているものも見られました。

無事に生まれて来るでしょうか?

生育への不安

既に8月も上旬が終わろうとしています。連日の暑さでずっと夏が続くような錯覚に陥りますが、秋への変化は確実に起きています。

一番の変化は日照時間の変化です。

わかり易い変化であると同時に、メダカ飼育に大きく影響する変化です。試しに里山が住む地域の日の出と日の入りを見てみましょう。比較するのは1ヶ月前の今日、7月9日です。(→参考:日の出と日の入りの時間

8月9日 日の出 5:07:20  日の入 18:48:31

7月9日 日の出 4:45:29  日の入 19:09:40

どうですか?数字にして見るとわかり易いですよね。確実に日が短くなって来ています。

メダカの産卵や成長には光が欠かせません。日が短くなって行く8月の孵化は要注意で、仕上げの状態が悪いと体が小さなままで冬を越すことになります。

ブログを書きながら寝てしまう日々を過ごしている里山です。 職場(農場)では、秋野菜のシーズンが到来!毎日大忙しです。葉...

大きい個体が丈夫とは限りませんが、小さい個体(若個体)が成魚より丈夫かと言ったら、決してそのようなことは無いのでは?と思います。

気になるメダカの卵だったので、つい採卵してしまいましたが……。

どうなるやら?

おわりに

連日の暑さに夏がずっと続くように思ってしまいがちなのですが、盆が過ぎる頃には秋の気配が強まり、やがて夏は終わるのです。

気温が高いからと言って、日照が長いままなのではありません。

それに今年の冬は、何やら怪しげな気配がしませんか?

暖冬なのか、或いは……?

宇宙と物理の話にはまり始めている里山です。 メダカは冬になるとじっとして動かなくなります。生命維持のために無駄なエネル...

今夏の暑さにラニーニャは関係していないようですが、秋にエルニーニョが発生する確率は50%程なのだとか。(→参考:気象庁・エルニーニョ監視速報

今からメダカの孵化・育成をするのなら、気象変化の先読みが必要かも知れません。

今年は台風もおかしな方向からやって来ています。今頃になって採卵して良かったんかなぁ~。